妻と3Pしたいのですが、どう伝えればいいでしょうか?

ヨーロッパ1のアポなし木曜日で、精神分析医と性科学者カトリーヌ-ブランは、彼が本当に彼女を動揺させずに彼女と3Pを試してみたいことを彼の妻に伝える方法を疑問に思うリスナー、Aurélienの質問に答えました。彼は、自分のセックスライフが「堂々巡り」になっているので、今が踏ん張り時だと感じているようです。 ヨーロッパ1の木曜日放送の「Without appointment」で、精神分析医で性科学者のCatherine Blancが、妻に動揺させることなく3Pを試してみたいと伝えるにはどうしたらいいかというリスナーのAurélienの疑問に答えました。 彼は、自分のセックスライフが「堂々巡り」なので、今が踏ん張り時だと感じているそうです。

ルイス・ミゲルの母親は生きている、アルゼンチンにいる、息子は面会している、メキシコのインターポールの元局長による。

ルイス・ミゲル、シリーズでは、マルセラ・バステリは死んでいることが暗示されている。フィクションの脚本によると、Luis Miguelの母親はマドリードで死んだはずで、夫のLuisito … ルイス・ミゲルの家族 ソル・デ・メヒコ」の兄弟、アレハンドロとセルヒオはどうなったのか? メキシコ ルイス・ミゲルの母親は生きていて、歌手に会っていただろうとメキシコのメディアは伝えている。 で ルイス・ミゲル・シリーズ では、次のように暗示されている。 Marcela Basteriは死んでいる。 フィクションの脚本によると、Luis Miguelの母親は はマドリッドで死んでいるはずである。 そして、その夫であるルイシト・レイが彼の失踪に関与しているはずだ。作家自身がこのシリーズを監修し、映像のエグゼクティブ・プロデューサーとなることを条件として、このシリーズが実行されたという事実がある。 この母親との出来事は、彼自身のものである。 しかし、ここ数日。 ミゲル・アルダナ(Miguel Aldana)の 証言 ミゲル・アルダナの証言は、この謎の失踪事件に関して語られ、書かれてきたことすべてに、再び革命をもたらしたのだ。 アルダナは 70年代にメキシコの国際刑事警察機構(ICPO)の長官を務めた人物である。 マルセラ・バステリは生きているだけでなく、もう二人の子供がいると断言している。 さらに二人の子供がいると断言している。 彼は、ルイス・ミゲルの母親はアルゼンチンに帰る決心をしたのだろう、と言っている。 アルゼンチンに戻って 新しい人生を歩むことを決意したことでしょう。 そのことが、彼女にとって一番良いことだと思ったのでしょう。 セルジオ、アレハンドロ、ルイス・ミゲル。 スペイン人のルイス・ガジェゴとの間にできた3人の子供たち。 この投稿はInstagramでご覧ください。 さらに、ミゲル・アルダナは次のように断言しています。 母親がどこにいるのか、どんな状況なのか、完璧に知っている また、ミゲル・アルダナ(Miguel Aldana)は、何度か面会に行き、2人の弟とも交流があることから、母親の居場所や状況を完璧に把握していると断言している。 インターポールの元局長は、次のように語っている。 過去にマルセラと話したことがある。 彼の話はメキシコの社会を動かしている。 そんな中、有名ミュージシャンの長女であるミシェル・サラスさん マドリードに滞在しています。 マドリッドに滞在しており、雑誌「Hola! のインタビューに答え、長年疎遠だった父と良好な関係を保っていること、父から受けた人生の大きな教訓は「仕事に全力を尽くすこと」であることを明らかにした。 という言葉を残しています。 トラスト・プロジェクトの基準では もっと知る 興味のあるリンクを見る 2021年ビジネスカレンダー ホーム THE WORLD TODAY デニス・シャポバロフ – … Read more

法隆寺の木造阿弥陀如来像など4件、国宝に指定へ

京都・宝筐院の木造阿弥陀如来像など、新たに4件の美術工芸品が国宝に指定されました。 法隆院の木造阿弥陀如来像など4体が国宝に指定 3月19日 18時55分 京都・宝筐院の木造阿弥陀如来像など、新たに4件の美術工芸品が国宝に指定された。 19日に開かれた文化庁で、文部科学大臣に報告されたもの。 京都市右京区にある法隆院の本尊・木造阿弥陀如来像は、平安時代に仏師が制作した重要な作品。 奈良県法隆寺の木造天蓋は、法隆寺金堂の天井から吊るされた装飾品で、飛鳥時代の代表的な作品である。 奈良県春日大社の “大太鼓 “は、鎌倉時代に作られた雅楽器である。 群馬県高崎市で発見された萬木観音山古墳の出土品は、日本最古の銅製水瓶など学術的価値が高いとされる。 また、1970年に大阪で開催された万国博覧会では、前衛芸術家・岡本太郎の「太陽の塔」が国の登録有形文化財に登録された。

自作フォント。SK、レニングラード地方の氷穴での女性死亡事件を刑事事件として開廷

調査委員会は、1月19日に氷穴で女性が死亡したことを受け、過失致死罪で刑事事件を開廷した。この悲劇はレニングラード地方で、故人の配偶者と子供たちの目の前で起こった。ガッチナ教区は、オレデジ川でのフォントは当局にも教会にも許可されていなかったと明記している。ボランティアの救助隊が現地で作業を続けているが、遺体はまだ見つかっていない。 レニングラード地方では、Anna Uskovaさんの死亡により、過失致死(ロシア連邦刑法第109条第1項)の事実で刑事裁判が開始された。 この女性は2022年1月19日、間に合わせのフォントに飛び込んだ後、跡形もなく姿を消して死亡しました。 “最初の捜査行動により、2022年1月19日、1981年生まれの女性が、レニングラード州ガチンスキー地区ヴィラ村のオレデジ川にある仮設の氷穴に独自に飛び込み、水中に潜ったと立証された “とRF ICの地域捜査委員会の公式声明は述べています。 この悲劇に巻き込まれた人物の特定はまだできていない。 “我々は、管理者の行動を評価するために完全かつ包括的な調査のためにケースを開いた:彼らはこの穴の存在を知っていたのだろうか?” – RTは、英国の地域部門のプレスサービスで語った。 氷の下に消える Anna Uskovaは、夫と子供達の前で溺死しました。 飛び込みの様子が撮影されました。女性が体を交差させて穴に真っ逆さまに飛び込んでいます。 その1秒後、近くに立っていた男性が叫ぶ。「行け、みんな! もっと早く来い!” 夫のウスコバは水に身を投じたが、女性はすでに流れに流されていた。 緊急事態省の救助隊が最初の数日間その場で活動したが、遺体は発見されなかった。 1月22日、ウスコヴァの親族は、2022年に最初の事故を起こしたダイビンググループ「ドブロトヴォレッツ」の救助隊に助けを求めた。 1月24日、モスクワとイワノボの救助ボランティアがすぐに現場に到着し、2日目も女性の遺体を見つけようとしている。 捜索チーム「ライザ・アラート」とダイビングサービス「VOSVOD」が加わった。 「捜索活動は今日も一日中続いています。 2台のRovBuilder ROVコンプレックスと赤外線照明付き水中カメラで活動しています。 遺体が見つからなければ、夕方にはモスクワとイワノボの専門家が帰宅する。私たちはボランティアであり、彼らには自分の仕事があるからだ。 近い将来、新しいグループを結成する予定です」とドブロトボレッツのプレスサービスはRTに語った。 捜索は本当に大変です。 川の流れは非常に速い。 流れに加え、ひっかけやゴミ捨て場があり、潜水作業を非常に複雑にしています。” russian.rt.comにも掲載 レニングラード地方の氷穴で女性が死亡した事件を受けて、この事件は始まった。 “民間主導” ガッチナ教区の代表、アレクサンドル・アソノフは、オレデジ川のフォントは教会で合意されたものではないと強調する。 「この石盤は自作で、参加した人たちの個人的な発案によるものです。 誰が何のためにやったのか、私は知らない」とアソノフはRTとの会話で指摘した。 彼によると、公認の書体は近くにあるロジデストヴェノ村の寺院にあったそうです。 「この礼拝堂は完全に準備され、設備も整っています。 準備中、フォントの深さ、氷の厚さ、床や手すりは、フォントに降りた人が病気になった場合、固定されたままであるように計算されます “と教区の代表は言った。 教区の担当者によると、聖霊降臨祭の入浴は、常に事前に政府機関と調整されているとのことです。 「1ヵ月半から2ヵ月かけて、非常事態省の担当者、警察、医師と協議します。 事故が起きれば、教区の代表者も政府機関の代表者も、全員が刑事責任を問われることを、全員がよく理解しています」とアソノフ氏は付け加えた。 安全要求事項の不履行 レニングラード地方ロシア連邦調査委員会のプレスサービスはRTに、同様の記事の下、1月24日にレニングラード地方での少年の死について事件が開かれたと報告しました-未成年者が氷を突き破って転落したのです。 ドブロツボレッツ救助隊は、冬になると、ボランティアが最もよく漁師と氷の中に落ちた子供を探す-どちらも安全規則を守らない-と強調した。 アンナ・ウスコヴァが水泳に真剣に取り組んでいたことが、先にメディアによって明らかにされた。 ウスコヴァが学んでいたと思われるオリンピック保護区SOSHR第3学校「ネフスカヤ」では、この悲劇についてコメントを拒否しています。 報道によると、この女性には10歳の息子と14歳の娘の2人の子供が残されている。 ウスコバさんは、サンクトペテルブルクの銀行で弁護士として働いていた。 “この事故は、もちろん、ひどい悲劇です。 故人のご家族とご友人に深い哀悼の意を表します」とアソンズのガッチナ教区の代表は結んだ。

グザヴィエ・ノヴェルとシルヴィア・カバロル。ポルノ作家とローマ法王が信徒にする司教の夜な夜な裏切られる結婚式

スリアの町の平和の正義の時間は、火曜日から金曜日までの午前10時から午後2時までです。先週の月曜日22 … プレミアム豚の精子に特化したセメンCardonaでSolsonaの司教の新しい仕事を変換した 論争ザビエルノベル:ソルソナの司教の個人的な、民族主義的なドリフト スリアの町の平和の司法の時間は、火曜日から金曜日の午前10時から午後2時までである。 出入り口のドアに貼られた看板にはそう書かれています。 11月22日(月)、司法本部は規定通り、一般公開されないままでした。午前中は月曜日であるため、午後はスペインのすべての司法機関で行われていることである。しかし、午後7時半頃、夜はすでに閉鎖されていた。 4人。 男性2名、女性2名 , が一台の質素な車から降りてきた。 地味な車 裁判所前に停車していた質素な車から降りた。 裁判所のドアベルを鳴らすと、裁判所書記官を通じて中に入るよう招かれた。そこには、ジャウメ・ブランシエラ・アルシナ判事が待っていた。 その4人とは、ソルソナの辞任した司教Xavier NovellとそのガールフレンドSilvia Caballol、その母親と母親のボーイフレンドである。 彼女の母親と母親の恋人 . 最初の二人は市民結婚をするつもりで、最後の二人は必要な証人である。法廷の中 めったにないスキャンダラスな結婚が公式に行われた。 司教とエロティック・サタニック小説の作家との結婚である。 この結婚式は、テレビ局のタブロイド番組で最近最も注目されている結婚式だった。 勅令が治安判事の掲示板に掲示されて以来、多くのカメラや特派員が、結婚式の日という貴重なニュースを求めてカタルーニャの町に送り込まれた。 しかし、11月22日(月)。 全国放送のチャンネルはありませんでした。 しかし、11月22日月曜日、夕方のスリアの町には、全国放送のチャンネルはありませんでした。 秘密の結婚式 全国ネットのチャンネルはなかったが、誰かがタレこみをしたTV3がそこにいた。そこで彼らは契約当事者の到着と出発を記録し、彼らは密閉された沈黙を保った司教と花嫁を尋ねたいと思ったが、彼らは何とかした。 平和の司祭にインタビューした。 新婚夫婦の心境を説明した。” 彼らは手をつないでいました。 「と、彼は言い続けました。” 私は彼らをとても普通に見た。 「彼は続けて、重要な人物を感じ、新しい夫婦の注意を喚起した。 この映像は、翌日、地方テレビ局で繰り返し放映された。 その映像は翌日、地方テレビ局の 番組 プランタ・バイシャ その映像は、翌日のテレビ番組「プランタ・バイシャ」で、大スクープを達成したことを誇示するように繰り返された。それは、スリア(人口5,948人)の町の誰も知らない秘密の結婚式で、裁判所の隣の教室で音楽を勉強している子供たちを、午後7時に授業が終わる両親が迎えに来るのを待つような勤務時間外に祝われたのである。 このことを知っていたのは、判事と秘書とTV3だけでした。 . このような控えめな結婚式には、華やかさはなく、必要最小限のドレスさえもない。 新郎はスーツにネクタイ、新婦はエレガントなドレス。 それどころか レインコートを着ていた。 その腹は、これから産まれる双子の妊娠を裏付けるものであった。 その双子のペアをこの世に生み出そうとしている。 ビオスカ村で確認の秘跡を受けた日(6月27日)、私はすでに妊娠していたことが明らかになったのである。 エミリア・ランダルーチェが正確に定義した「刑の執行確認」。 キヤノン法 それはソープオペラ「ノヴェル」の第十三章だった。疑われない辞任、道徳の問題では非常に正統派の司教が、愛のために聖職を去る。 エクソシストの講座に参加した悪魔小説の作者との恋、恋人の妊娠、恋の行方など。 恋人の妊娠、豚の人工授精を専門とするセメン・カルドナ社での雇用関係の始まり、シルヴィア・カバロルとの市民結婚を発表する勅令。ちなみに、この勅令は二度にわたって発表された。一度目は、ソルソナの司教館を未来の夫の住まいとしたが、セルソニア教区の担当者の論理的抗議により、彼の両親の住まいに修正されたからである。 今週月曜日から、Xavier … Read more

深いエルサの嵐が到来 3日間風雨の嵐に見舞われる

深く広い大西洋の暴風雨エルザは、西半島の半分でこの水曜日から感じられるでしょう、それは木曜日から金曜日の地中海地域で夜に影響を与えるでしょう 天候 天気予報を確認する スペイン。嵐のダニエルは強さを失うが、6 つのコミュニティの警戒を保持します。 深く広い大西洋の嵐のエルザは、西半島の半分にこの水曜日から感じられるでしょう 、木曜日の夜に金曜日に地中海地域に影響を与えると、それはスペインの広い地域で風、雨、海の天気の約72時間をもたらすように、土曜日を通して消えるためにバレアレス諸島に到着します。 その嵐は、スペインの大部分に、半島とバレアレス諸島に風を送る北大西洋からの湿潤で温和な空気の激しい流れが、その海洋のパスに沿って水分をロードされることになりますリードします。したがって、それは「多くの降水量」をもたらすだろう、州気象庁 (Aemet)、ルベンデルカンポの広報担当者の 1 つによると。その不利な時間は、木曜日と金曜日に長くなります。 南と西のコンポーネントの非常に強い突風が半島全体で期待されているので、風は非常に不利で広範な現象になります。それは突風が東半分と半島の中心部に100キロ/ hを超えることは非常に可能性がある、と120キロ/ hの山岳地帯のシステムで。 嵐は、西から東へ半島に沿って広範囲に渡って持続的かつ局所的に強い降雨と移動するいくつかの非常に活発な前線システムに関連付けられています。デルカンポは、ガリシア、中央システムの西半分、アンダルシア南部の地域で1平方メートルあたり100リットル以上蓄積されるので、雨は “大 “になると述べた。”水は歓迎されるだろう “という。 穏やかな風と西から到着する空気の塊の特性を考えると、雪のレベルは比較的高くなります 。唯一のいくつかの降雪は、約 1,200 メートル以上、半島の北の山々 で木曜日から期待されています。 また、沿岸海域では嵐の影響で、主にガリシア地方とカディス湾で波の高さが5メートルに達する可能性があります。 お知らせ 一方、水曜日の午後にエルザが到着したことにより、Aemetは、様々な有害現象により、北部15州に警告を発動することを余儀なくされた。 Aemetの予測によると、ア・コルーニャとオウレンセの海岸に風力8、波高4〜5メートルのオレンジ警報(重要危険、3段階評価で2番目)が発令されている。 70〜90km/hの突風による黄色警報(危険度、3段階評価で最低)は15県、特にア・コルーニャ、ルーゴ、オウレンセ、ポンテベドラ、アストリアス、カンタブリア、アビラ(システムセントラル)、サモラ(サナブリア)、ナバラ(南部を除く)、アラバ(NerviónとLlanada流域)、ギプスコアとビスカヤ(内陸)およびブルゴス、レオンとパレンシア(カンタブリア山)に影響します。 12時間以内に1平方メートルあたり40リットル以上の雨が降り続くとして黄色警報が出ているのは、ア・コルーニャ(内陸部、西、南西)、オウレンセ(ミーニョ、北西)、ポンテベドラ(県全体)である。 今週水曜日は、ガリシア西部、中央部、アンダルシアで雨が降り、ガリシアと半島北西部の高地では強風または非常に強い風が吹くでしょう。 気温は半島西半分、特にガリシアとカンタブリア地方で上昇する。最も気温が高いのは、ラス・パルマス・デ・グラン・カナリアとサンタ・クルス・デ・テネリフェ(22℃)、アリカンテ、ウエルバ、パルマ・デ・マヨルカ、タラゴナ、バレンシア(19)で、アビラ(8)、クエンカ、レオン、ソリア(9)はより低くなる見込みです。 トラスト・プロジェクト」の基準による