マイケル・ジャクソンの肌が年々白くなっていった理由とは?

Brightstoriesでは、マイケル・ジャクソンの話題をたくさん取り上げてきました。例えば、マイケル・ジャクソンがいつも指先にテープを貼って白い靴下を履いていた理由や、マイケル・ジャクソンが有名な反重力リーンを成功させた方法などです。

キング・オブ・ポップは、長年にわたって多くのスキャンダルの中心となってきましたが、断然、最も物議を醸したのは、彼の肌の色の変化でした。

1990年代初頭、彼の外見の変化は明らかでした。かつて黒人の子供だったアーティストは、今では乳白色の肌を持つ男性になっていました。約10年前に始まった移行は完了したのである。では、今回のケースはどうだったのか?

世間の評判とは裏腹に、マイケル・ジャクソンは自分自身を白く漂白したわけではない。その変化は、白斑と呼ばれる症状の結果でした。白斑とは、250人に1人の割合で発生する、それほど珍しくない病気で、皮膚の一部が色素沈着を起こし、体に白い斑点ができます。この白い斑点は、肌の色が薄い人にはあまり目立たないかもしれませんが、ジャクソンさんのように肌の色が濃い人には非常に目立ちます。

議論が頂点に達したとき、ジャクソンは1993年にオプラのインタビューで自身の症状について率直に語りました。

自分ではどうしようもないことなんだ。自分ではどうしようもないことなんだ。みんなが、僕がありのままの自分でいたくないという話をでっちあげると、僕は傷つく。それは私にとって問題です。私にはどうすることもできません。でも、もっと黒くなりたい、今の自分とは違う自分になりたいと思って太陽の下に座っている何百万人もの人たちはどうなのでしょう。それについては誰も何も言わない。

彼の症状は、皮膚科医であるアーノルド・クライン博士も認めており、1984年に初めて診断されたと述べています。年が経ち、症状が悪化するにつれ、ジャクソンは元の肌の色に合わせて化粧をするようになりました。このことは、彼が汗をかいている写真を見れば特に明らかです。

化粧では隠しきれないほどのブツブツができてしまったジャクソンは、ベノキン・クリーム(ハイドロキノンのモノベンジルエーテル)を使い始めた。2009年に亡くなったジャクソン氏の自宅からは、この製品のチューブが発見されています。もちろん、後の段階では、茶色い皮膚を取り除いていただけです。デービッド・ソーサー博士は、「白斑の患者の中には、皮膚の多くが青白くなっているので、茶色い部分を除去する方が理にかなっている場合がある」と述べています。

彼が亡くなったとき、検死の結果、白斑が確認されました。

これでわかったでしょう?

しかし、”It don’t matter if you’re black or white “というセリフの共著者である彼が、白斑のために黒から白に変わってしまったというのは、何とも皮肉なことだと思わずにはいられません。

Reply