飛行機から落ちた14歳の密航者、キース・サプスフォード -Keith Sapsfordの悲劇的な物語

1970年2月22日、オーストラリアのティーンエイジャー、キース・サプスフォードは、シドニー空港の駐機場に忍び込み、東京行きの飛行機の中に身を隠しました。これが彼の最後の決断となった。

1970年、キース・サプスフォードという10代の密航者が、飛行機から転落死した。

多くの10代の若者は、カトリックの寄宿学校に送られることを嫌がるでしょう。14歳のキース・サプスフォードは、わずか2週間で逃げ出すしかなかった。シドニー空港の駐機場に忍び込み、飛行機の操縦席に乗り込んで日本へと旅立ったのです。

しかし、彼の必死の脱出計画は、知らず知らずのうちに自分の父親に影響を与えていた。その数カ月前、チャールズ・サプスフォードは冒険好きの息子に、飛行機の下部構造に隠れて死亡したスペイン人少年のことを警告していた。しかし、1970年2月、彼の息子は悲劇的に同じような運命を辿りました。

この少年は、飛行機のホイールウェルの中にいれば、高所恐怖症になることはないと確信していました。しかし彼は、飛行機の車輪が格納されると車輪室が再び開くことを知らなかったのです。離陸直後、彼は200フィートの高さから落下して死亡しました。

これは、10代の家出人から密航者になった彼の物語であり、彼の運命がどのようにして悪名高い写真に記録されたかについての物語である

キース・サプスフォード、10代の逃亡者

1956年生まれのキース・サプスフォードは、ニューサウスウェールズ州シドニー郊外のランドウィックで育った。父親のチャールズ・サプスフォードは、大学で機械工学と産業工学の講師をしていた。父はキースのことを、好奇心旺盛で “常に動いていたい “と思っている子供だったと語っている。

実は、その欲求を満たすために、10代の若者とその家族は海外旅行に出かけたばかりだった。しかし、ランドウィックに帰ってきてから、その冒険が終わったという事実を痛感した。つまり、彼はオーストラリアで落ち着かなかったのである。

少年の家族は途方に暮れていました。最終的には、何か規律や形式的な構造のようなものがあれば、ティーンエイジャーを鍛えることができると判断しました。幸いなことに、シドニー南部にあるローマ・カトリックの施設「ボーイズ・タウン」は、問題を抱えた子どもたちを専門に扱う施設でした。彼の両親は、それが「彼を正す」ための最良のチャンスだと考えた。

しかし、彼の強烈な放浪癖のおかげで、簡単に脱走してしまった。彼がシドニー空港に向かって走り出したのは、到着してからわずか2週間後のことだった。彼が日本行きの飛行機のホイールウェルに乗り込んだとき、その飛行機がどこに向かっているのか知っていたかどうかは定かではない。しかし、一つだけ確かなことは、それが彼の最後の決断だったということだ。

落ちた密航者

数日間の逃亡生活の末、キース・サプスフォードはシドニー空港に到着した。当時、旅行の拠点となる空港の規制は、今ほど厳しくなかった。そのため、キースは簡単に駐機場に忍び込むことができた。搭乗準備中のダグラスDC-8に気付き、Sapsfordはその隙を狙ったのです。

アマチュア写真家のジョン・ギルピンが、同じ時間に同じ場所にいたのは、まったくの偶然だった。彼は空港で、1枚でも2枚でも価値のある写真を撮ろうとしていた。その時はまだ知らなかったが、後に彼はサプスフォードの悲痛な転落事故をカメラに収めることになるのである。

サプスフォードがコンパートメントで待つ中、飛行機が出発するまでに数時間かかった。最終的に、飛行機は予定通りに離陸した。飛行機が車輪を格納するために車輪格納部を再び開いたとき、キース・サプスフォードの運命は決まった。キース・サプスフォードの運命は決まっていた。彼は200フィートの高さから落下し、地面に激突した。

“息子は世界を見ることだけを望んでいた」と父チャールズ・サプスフォードは後に語っている。”息子は世界を見たいと思っていた。世界の生活を見てみたいという彼の決意が、彼の命を奪ったのです」。

アマチュア写真家のジョン・ギルピンが、同じ時間に同じ場所にいたのは、まったくの偶然だった。彼は空港で、1枚でも2枚でも価値のある写真を撮ろうとしていた。その時はまだ知らなかったが、後に彼はサプスフォードの悲痛な転落事故をカメラに収めることになるのである。

サプスフォードがコンパートメントで待つ中、飛行機が出発するまでに数時間かかった。最終的に、飛行機は予定通りに離陸した。飛行機が車輪を格納するために車輪格納部を再び開いたとき、キース・サプスフォードの運命は決まった。キース・サプスフォードの運命は決まっていた。彼は200フィートの高さから落下し、地面に激突した。

“息子は世界を見ることだけを望んでいた」と父チャールズ・サプスフォードは後に語っている。”息子は世界を見たいと思っていた。世界の生活を見てみたいという彼の決意が、彼の命を奪ったのです」。

専門家が機体を点検したところ、コンパートメント内には手や足の跡、少年の服の糸などが見つかった。彼がどこで最期を迎えたかは明らかだった。

さらに悲劇的なことに、たとえ地上に落下しなかったとしても、サプスフォード君が生き延びることはできなかっただろう。凍てつくような寒さと酸素の欠乏で、体が限界を超えてしまったのだ。彼は、半袖のシャツと短パンしか着ていなかったのですから

そして1970年2月22日、14歳の若さでこの世を去ったのである。

余波

ギルピンが空港での撮影で自分の撮った写真の意味に気づいたのは、事件から1週間ほど経ってからだった。ギルピンは、何事もなく空港で撮影した写真の意味に気づいたのは、事件から1週間後のことだった。

この写真は、その後も悪名高いスナップショットとして語り継がれており、致命的なミスによって命を落としてしまった幼い命を思い出させてくれます。

ボーイング777型機の機長を退任したレス・アベンド氏にとって、生命や身体を危険にさらしてまで飛行機に密かに乗り込むという意図的な決断は、いまだに不可解なものです。

“民間旅客機のランディング・ギア・ウェル(着陸装置)の中に身を隠し、生き延びようとする人間がいることに、私はいつも驚かされています。”そのようなことをしようとする人は、愚かで、危険な状況を知らず、完全に自暴自棄になっているに違いありません」。

米国連邦航空局(FAA)は2015年に、飛行機の密航者の4人に1人しか生き残れないという調査結果を発表しました。サプスフォードとは異なり、生存者は通常、一般的な巡航高度とは対照的に、低高度に到達する短距離旅行でヒッチハイクをしています。

テレグラフ紙は、密航者の方法について航空専門家にインタビューしている。
2015年のヨハネスブルグからロンドンへのフライトで密航した2人の男性のうち、1人は生き残ったものの、後に重篤な状態となり入院しました。もう一人の男性は死亡しました。もう一人の密航者は、2000年のタヒチからロサンゼルスへのフライトで生存しましたが、重度の低体温症で到着しました。

統計的には、1947年から2012年の間に、85機のフライトのホイールコンパートメントで96人の密航が記録されています。その96人のうち、73人が亡くなり、生き残ったのは23人だけでした。

悲しみに暮れるサプスフォード家の人々にとって、息子がどんなに慎重に計画しても死んでいたかもしれないという事実は、彼らの苦しみをさらに深めるものでした。キース・サプスフォード氏の父親は、息子が後退する車輪に押しつぶされていたかもしれないと考えていた。2015年に93歳で亡くなりました。

 

Reply