古田 順子さん。30年後に殺人未遂で逮捕された犯人

SAITAMA – 8月19日午後、湊伸治容疑者は川口市の道路で、32歳の男性会社員の右肩を金属製の警棒で殴った。また、被害者の喉をナイフで切り裂きました。

警察によると、被害者は軽傷で意識がある状態で病院に搬送されました。

湊容疑者(45)が逮捕されたとき、報道機関はよくあることだが、湊容疑者の情報をほとんど提供せず、無職であることだけを伝えていた。しかし、彼についてはかなり多くのことが知られている。1989年に江東区に捨てられたドラム缶の中からコンクリート詰めの遺体が発見された古田順子さん(17)を殺害した事件で、有罪判決を受けた4人の少年のうちの1人だったというのだ(女性セブン9月13日号)。

1988年11月、湊(当時の姓は信春)と宮野博(現姓は横山)が協力して、アルバイト帰りの古田を拉致。同月、古田の家族が警察に捜索願を出した。

その後、当時15歳と18歳の湊、宮野ら2人の少年が足立区綾瀬の住宅に連れて行き、44日間にわたって強姦、陵辱、拷問を繰り返しました。

1989年1月4日、古田さんは少年たちに火をつけられて死亡しました。古田さんは1989年1月4日、少年たちに火をつけられて死亡しました。少年たちは古田さんの体を毛布で包み、コンクリートとともにドラム缶に詰めました。ドラム缶は、現在の若洲公園に捨てられた。

宮野ともう一人の少年、小倉丈(当時17歳)が別の強姦事件で逮捕された後、警察は彼らが古田の失踪に関与していることを明らかにした。宮野は取り調べの際、古田さんの遺体の場所を教えたという。

その後、裁判所は2人に異なる懲役刑を言い渡した。湊は5年から9年、小倉は5年から10年、宮野は20年。4人目の渡辺保(当時16歳)には5年から7年の刑が下された。

通常、少年の被告人の名前は公表されません。しかし、週刊文春は1989年4月20日号で古田事件の名前を公表している。

二度目の逮捕

湊は、有罪判決を受けた4人の殺人犯の中で3番目に再逮捕された人物である。小倉は出所した1999年から5年後、ホステスクラブ「スナック」の店長を暴行・監禁した容疑で逮捕された。懲役4年の実刑判決を受け、2009年に刑期を終えた。

2009年に出所した宮野は、横山に改名した。その4年後、宮野は詐欺容疑で逮捕された。しかし、逮捕後に黙秘したため、不起訴となったという。現在、キックボクシングジムの常連になっていると、あるジャーナリストは女性セブンに語る。

“彼はいつも仲間のメンバーと一緒にいて、焼肉パーティーやホステスクラブに連れて行っている “と関係者は言う。”彼はBMWを乗り回し、高級な服を着ている。組織犯罪やマルチレベルマーケティングで金を稼ぐことも公言しています」。

渡辺は4人の中で唯一、これ以上のトラブルを避けている。本誌によると、1996年に出所してからは目立たなくなり、現在は母親と暮らしているようだ。

殺人未遂事件

湊について、埼玉県警は殺人未遂で告発した。”湊容疑者は逮捕時に「確かに刺したり殴ったりしたが、殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認している。

警察の調べによると、事件は、面識のない湊容疑者と被害者が車のトラブルに巻き込まれた後に起こったと考えられています。

また、湊は警察に対し、ナイフと警棒を “自己防衛のため “に車内に置いていると話しています。

緩やかな刑罰

刑事訴訟は、被告人を少年とみなして行われました。そのため、判決は寛大なものとなりました。

週刊新潮」(9月6日号)は、殺人犯3人の逮捕を「少年法の敗北」と表現している。湊が4人の犯人の一人であることを報じたメディアは、紙面でもテレビでもなかったと記事の小見出しに書かれている。

Reply