日本で最も美しく、人気のある女優30人

1. 有村架純
有村架純は1993年2月13日生まれ。あまちゃん」「ストロボ・エッジ」「フライング・カラーズ」「るろうに剣心」などで知られる華やかなお嬢さんです。彼女は同世代の女優の中ではかなりの実力者である。そのキュートな顔立ちを見れば、長澤まさみの若き日の姿だとわかるだろう。

2. 満島ひかり
満島ひかりは1985年11月30日生まれ。日本の女優、歌手である。ポップス歌手として注目されていたが、その後、映画にも出演するようになる。1997年、アイドル歌手として音楽活動を開始。同年、「モスラの復活」で女優デビュー。代表作は、漫画をベースにしたスリラー映画「デスノート」(2006年)と、園子温監督のコメディ・ドラマ・アート映画として好評を博した「愛のむきだし」(2008年)。また、園子温監督の「愛のむきだし」(2008年)では、その演技が高く評価され、数々の賞を受賞しています。

3. 新井七尾
新井 菜々緒(あらい ななお)は、1988年10月28日生まれ。プラチナムプロダクション所属の日本のモデル・女優です。2009年より同誌にてモデル、レースクイーンとして活躍。東京ガールズコレクションのミスTGC、2010年三愛水着イメージガールを受賞し、「non-no」のファッションモデルとして活躍。2011年には、雑誌「GINGER」の専属モデルになりました。菜々緒は、その活動からタレントとしても注目されていた。様々なファッション誌やテレビCM、ドラマ、バラエティ番組に出演し、舞台でも幅広い活動を展開しています。

4. 多部未華子
多部未華子は、1989年1月25日生まれ。ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」でキャリアをスタートさせた後、「朝ドラツバサ」のヒロイン役、「ヤスコとケンジ」「デカワンコ」などのテレビドラマ、「君に届け」「ピース オブ ケイク」などの映画で主演を務めるなど、映画やテレビで活躍する女優へと成長した。

5. 飯豊まりえ
飯豊まりえは、1998年1月5日生まれ。ファッションモデルであり、女優でもある。主な出演作は、「マーズ」。代表作は「火星のたたり」「君を愛してる」「きょうのキラ君」「暗黒女子」など。飯豊は現在、日本の雑誌「Oggi」の専属モデルを務めています。また、2018年のドラマ『花のち晴れ』に西留めぐみ役で出演しています。

6. 平 祐奈(たいら ゆうな)
平祐奈さんは、1998年11月12日生まれ。小学校6年生の時、母親と祖母が映画「I Wish」の出演者として応募した。オーディションに合格し、女優としてデビューした。2011年には、NHK教育テレビ「Rの法則」にレギュラー出演。

7. 磯山さやか
磯山さやかは、1983年10月23日生まれ。日本のグラビアアイドル、芸能人、女優、スポーツライターで、タレント事務所の堀エージェンシーに所属しています。茨城県立鉾田第二高等学校を卒業。

8. 浜辺美波
浜辺美波は2000年8月29日生まれ。日本の女優である。第7回東宝シンデレラオーディションで、ニュージェネレーション賞を受賞しました。日本の実写映画「君の膵臓をたべたい」で広く知られるようになり、アジアの多くの国でも名声を得ています。

9. 黒木メイサ
黒木メイサは、1988年5月28日生まれ。沖縄出身の女優、モデル、歌手です。所属事務所はスウィートパワーで、ソニー・ミュージックジャパンと契約している。2004年に女優としてデビューしました。日本の人気ファッション誌「JJ」などでモデルを務め、現在はエプソンとジョルジオ・アルマーニの日本代表を務めています。テレビドラマ、CM、映画、舞台などに多数出演。

10. 新垣結衣(あらがきゆい)
新垣結衣は1988年6月6日生まれ。彼女は日本のアイドル、モデル、女優、歌手、声優、そして時にはラジオ番組の司会者でもあります。彼女は、その美しさと映画での活躍が特に評価されています。

2008年には第45回ゴールデン・アロー賞で映画賞を受賞しています。膨大な数の映画撮影とデビューアルバムの準備のため、2007年には仕事上のストレスに悩まされました。

俳優業以外では、1stアルバム『Sora』と、『恋空』のシングル「Heavenly Days」をリリース。”東京セレンディピティ」の主題歌「Memories」は、デビューアルバムに収録されている。また、武道館でのライブも行いました。

また、2010年から2012年にかけて、人気ラジオ番組「Girls Locks」の共同パーソナリティを務めた。

11. 上戸彩(うえとあや)
上戸彩は、1985年9月14日生まれ。彼女は日本の女優、歌手、モデル、タレント、そして時々ラジオのパーソナリティとして活躍しています。第7回日本美少女コンテストに出場し、審査員特別賞を受賞したことがきっかけで、13歳の時に映画「サツジンシャ」で女優デビュー。13歳のとき、映画『殺陣師 パライソ』(1999年)で女優デビュー。

その後、TBSの長寿ドラマ「3年B組金八先生」の第6シーズンで、性同一性障害を持つ高校生役を演じ、高い評価を受けた。その演技が高く評価されたことで、いくつかの主役や広告に起用され、日本で最も認知度の高い顔の一つとなりました。

また、2004年から5回にわたりCMクイーンを務めている。

12. 吉高由里子
吉高由里子は、1988年7月22日生まれ。日本の女優で、日本の事務所アミューズに所属しています。

吉高由里子が女優としてデビューしたのは2006年。2007年には、金原ひとみの受賞作『蛇にピアス』の実写映画化で主演を務める。刺青だらけのアマと出会ったことで、人生が転落していく10代の女性、ルイを演じたこの役は、彼女のブレイクのきっかけとなりました。

オリコンの調査では、「2009年期待の若手女優」の第5位、「2009年最もフレッシュな女性タレント」に選ばれるなど、世間の注目を集めました。2010年にもオリコンが実施した「期待の女優」の投票で、吉高はトップに躍り出た。

SFアクション漫画「ガンツ」を2011年に2部作で実写化した作品では、小島多恵役を演じました。また、前田耕司監督の映画「結婚特急」に主演し、結婚相手を見つけるために複数の男性と交際する若い女性を演じました。2011年春に公開された。

13. 戸田恵梨香
戸田恵梨香は、1988年8月17日生まれ。日本の女優である。ライアーゲーム」、「コード・ブルー」、「流星の絆」、「ケイゾク2:SPEC」など、多くのテレビドラマに出演しています。また、「BOSS」、「野ブタをプロデュース」、「エンジン」、「ギャルサー クル」など、多くの人気テレビドラマで脇役として活躍しています。また、漫画を映画化した『デスノート』では、天音ミサ役を演じている。

14. 堀北真希(ほりきた まき)
堀北真希は1988年10月6日生まれ。日本の女優である。2003年にデビューし、日本のテレビドラマ、テレビや雑誌の広告、映画などに数多く出演しています。主な役柄は、「野ブタをプロデュース」の内向的な女子高生・小谷信子、「クロサギ」の正義感あふれる法学部生・吉川つらら、「花ざかりの君たちへ」の女装したスポーツファン・芦屋瑞希など。

2012年には「梅ちゃん先生」で初めてNHKの朝ドラに出演し、昭和の時代に町医者として成長していく10代の女性を演じて主演を務めた。

また、2009年初頭には、ベルギーの3Dアニメーション映画「Nat’s Space Adventure 3D/Fly Me to the Moon」のキャラクターの吹き替えを担当した。主人公のハエの青年が宇宙を目指すという設定で、日本語の声を担当しました。

 

15. 沢尻エリカ
沢尻エリカは、1986年4月8日生まれ。日本の女優であり、モデルや歌手としても活躍しています。ノンフィクションドラマ「1リットルの涙」で、難病の小脳変性症を患う少女を演じ、人気を博した。

その後、TBSのテレビドラマ『ホットマン』に出演し、大ブレイクする。2005年の『1リットルの涙』では、変性疾患である脊髄小脳変性症の少女役を演じたのが代表的な作品。

音楽活動は、前作「太陽の歌」の役名である “Kaoru Amane “名義でスタート。このシングルは、2週目と4週目に1位を獲得。携帯電話でのダウンロード数が75万件でトリプル・プラチナに認定されました。

実写版「宇宙戦艦ヤマト」の主演を予定していたが、黒木メイサに変更された。

16. 深田恭子
深田恭子は、1982年11月2日生まれ。日本の女優、歌手である。日本では、彼女の名前は「深キョン」という愛称で縮められることがあります。彼女は「神風ガールズ」でヨコハマ映画祭の最優秀女優賞を受賞しました。

1987年にテレビドラマ「それが恋だ!」に和音役で初出演し、デビューしました。深田は、1999年に沢口香苗役で映画「リング2」に初出演し、その後、2000年公開の「スクール・デイ・オブ・ザ・デッド」にも出演した。同年、彼女は堀越高校を卒業した。

2002年には『Dolls』にハルナ役で出演しています。深田さんはJ-POP歌手としても活躍しており、デビューシングル「最後の果実」からアルバム「Dear」まで、いずれも1999年にリリースされている。

17. 佐々木希
佐々木希さんは、1988年2月8日生まれ。秋田県出身の日本のグラマーモデルであり、元プロのファッションモデルである。

ファッションモデルとして約7年間活動した後、2009年から総合格闘技のDREAM FIGHTING CHAMPIONSHIPSやキックボクシングのK-1 WORLD MAXのメインリングサイドコメンテーターやスポークスマンを務めるなど、グラビアアイドルとして活躍している。

2010年には音楽活動を開始し、ラッパーのアストロを起用したシングル「カムとフニャン」でデビューし、ロッテFit’sチューインガムのタイアップCMに起用されました。2012年4月18日、佐々木のデビューアルバム「Nozomi Collection」が発売されました。

10代の頃、一緒に仕事をしていた芸能界の女の子たち、特に “太っている “と思われる海外の女優やグラマーモデル、ファッションモデルたちへの非道な行為が数多く報じられたことから、「ノー・マーシー」というニックネームがついた。

18. 北川景子
北川景子は、1986年8月22日生まれ。彼女は日本の女優であり、元モデルです。2003年後半から2006年半ばまで雑誌「Seventeen」の専属モデルとして活躍し、同誌の退刊とともにモデル業を辞めた。

セーラームーンの実写版「美少女戦士セーラームーン」(2003-4年)のセーラーマーズ役で初めて演技をし、映画「間宮狂騒曲」に出演した後、女優業に専念するためにモデルを辞めました。

自分のことを「家庭的な人」と表現する彼女は、DVDを見たり、音楽を聴いたり、本を読んだりするのが好きだという。また、水泳が好きで、特に背泳ぎが好きだという。水泳、特に背泳ぎが好きで、ジルという名の猫(オス)を飼っている。

19. 仲間由紀恵さん
仲間由紀恵は、1979年10月30日生まれ。日本の女優、歌手、元アイドルである。沖縄県浦添市の漁師の家に、5人兄弟の末っ子として生まれた。

グラビアアイドルや歌手として活動していた彼女は(1996年にデビューシングル「月光から夜明けまで」をリリース)、「リング0 バースデイ」(2000年)の貞子役でブレイクするまでは、ちょい役で出演していた。

2000年に主役を演じたテレビドラマ「トリック」は人気を博し、その後2シーズンと3回の映画化が行われたが、日本で最も人気のある女優の一人としての地位を確立したのは、人気漫画を実写化した2002年のテレビシリーズ「ごくせん」であった。ごくせん」は3シーズン続き、前のシーズンに出演していた俳優が多数出演した。また、三浦翔平と共演したドラマ『咲-Saki-』でも知られている。

20. 広瀬すず
広瀬すずは、韓国の女優ペ・スージーのドッペルゲンガーとして知られるモデル・女優です。彼女は同世代のマルチタレントである。新しい映画やドラマで彼女を見たいと思っているなら、2018年のカレンダーに印をつけておいた方がいい。映画『ちはやふる』に主演するからだ。むすび」です。また、2018年のドラマ「あのね」でも彼女を見ることができます。また、2019年のドラマ「夏空」では、彼女が主演することが決まっています。

21. 西内まりや
西内まりやは、ドラマ「鬼塚大先生」や「山田と7人の魔女」などで知られる日本の女優です。女優としてだけでなく、この美しく才能豊かな女性は、モデルや作詞家としても活躍しています。

まりあは、誰もが惹かれる自然な美しさを持ち、特にファンを魅了しています。表情を変えても、可愛らしさは変わりません。最近では、ドラマシリーズ「Everyone’s Getting Married」に出演しています。

22. 石原さとみ
石原さとみは、実写映画「進撃の巨人」で知られる日本の女優です。日本を代表する女優の一人であり、日本中のいたるところで彼女の美しく若々しい顔の看板を目にすることができる。彼女は、ドラマの中でさまざまな役を演じることができる女優です。キュートで、不器用で、いたずらっ子。

23. 川口春奈
この魅力的な女性は、日本の人気女優であり、研音所属のモデルでもあります。彼女は主に、「鬼塚大先生」、「桜蘭高校ホスト部」、「Say “I Love You”」などで知られています。

24. 剛力彩芽(ごうりき あやめ
通常、台湾の女優であるレイン・ヤンと間違われることが多いこの実力派女優は、1992年8月27日生まれ。ドラマ「ゴザ」、「Mr.ハウスキーパー」、「みたぞのシーズン2」、「七人の女囚」などに出演。

25. 中条あやみ
大阪府出身のかわいらしい女優。2011年に女性ファッション誌「Seventeen」のオーディションを受け、キャリアをスタートさせた。ミスセブンティーン・グランプリ」を受賞した。テレビドラマ「黒の女教師」でデビューしました。2014年には映画『劇場版ZERO』で初主演を果たす。

26. 橋本環奈さん
きれいな目をしたこの女性は、日本では有名なポップシンガーです。彼女は1999年2月3日に生まれた。ガールズグループのメンバーとして、素晴らしいビジュアルを持っていることで知られている。11歳で芸能事務所アクティブ・ハカタに所属。2020年公開予定の映画「シグナル100」で主演を務める。この映画は同名の漫画が原作となっている。

27. 玉城ティナ(たましろ・てぃな)
この美しい女性は、嵐の櫻井翔のファンである。モデル、アイドル、女優として世界的に知られています。映画やドラマのドルメンXにも出演している。ティナは、アメリカ人の父と日本人の母から人形のような顔立ちを受け継いでいます。一見すると、誰もがダコタ・ローズのドッペルゲンガーと勘違いしてしまう。

28. 武井咲(たけい・えみ)
この24歳の多才でゴージャスな女性は、春のモデルを経て女優になることを決めた。中学3年生の時に両親にモデルになる夢を語ったという。

同世代の日本の女優の中では最も有名な存在です。EXILEのTAKAHIROと結婚している。

29. 桐谷メレイ
もう一人の美人女優は、尼崎カンナ役で出演したドラマ「花キミ」で海外のファンにも知られている桐谷メレイさんです。

女優、モデルのほか、ニュースキャスターとしても活躍しています。美しさと頭脳と才能を兼ね備えた、国民のための存在である。

30. 山本美月
26歳でありながら、年齢を感じさせない若々しいルックスを持つこの女優は、日本では有名なモデルでもある。貞子vs伽椰子」の倉橋ユリ役で知られている。彼女は、日本のファッション雑誌のモデルとしてキャリアをスタートさせ、その後、運良く女優に転身しました。

彼女の写真やスクリーン上での姿は非常に若々しく、90年代生まれとは思えないほどでした。

Reply