高岡由佳さんの事件。被害者は一命を取り留め、「恨みはない」と語る

“ごめんなさい、生きて帰ってきました。”

5月、新宿区の5階の住居内で、バーのホストである彼氏を包丁で刺した疑いで、高岡由佳(21)が逮捕された。

その後、高岡はソーシャルメディアで話題になりました。高岡の容姿や行動に、ユーザーは強い説得力を感じたのです。

しかし、病院に搬送された被害者(20歳)がどのような状態にあるのかについては、ほとんど情報が得られなかった。

少なくとも、7月1日に「@runaruna_000000」というハンドルネームのバーの店主が上記のようなメッセージをツイートするまではそうだった。彼はその後のツイートで、「肝臓を刺されたので、お酒が飲めません」と付け加えた。

週刊誌「週刊ポスト」の記者が、高岡事件の被害者であるホストを取材したところ、意外にも高岡容疑者に恨みはないという。

“かなり痩せました”
週刊ポストの記者は、破れたジーンズとTシャツ姿のホストが、ツイートで見せる印象とは異なり、実物はかなり若く見えると指摘する。

“歌舞伎町のバー「フュージョン・バイ・ユース」で「フェニックス・ルナ」という名前で働いている彼は、「意識を取り戻すのに5日かかった」と語っています。

歌舞伎町のバー「フュージョン・バイ・ユース」で「フェニックス・ルナ」という名前で働いている彼は、病院に到着した時点で医師から生存率は20%と言われていました。

“最初は声が出ず、話すこともできず、寝たきりでしばらくは一人で歩くこともできませんでした」。”また、事件後は食事ができなくなり、かなり痩せてしまったんです。刺されたときのことを思い出して、これからどうしようかと考えると、不安と恐怖で眠れなくなってしまいました。そのためにカウンセリングを受けました」。

血まみれの高岡

5月23日午後4時頃、現場に到着した警察官は、高岡がビルのロビーの床に座り込み、手足が血まみれになっているのを発見した。

後にネット上で公開された画像では、高岡は、血まみれの床の上で、腹を切り裂かれて倒れている前述の交際相手と電話で話したり、タバコを吸ったりしている。

さらに、パトカーの後部座席に乗せられた彼女が、大きな眼鏡の下で邪悪な笑みを浮かべていたというニュース映像もあった。高岡は警察の調べに対し、「好きだったから仕方がなかった」と動機を語っています。

その後、SNS上で高岡の行動に注目が集まり、警察に提出された彼女の挑発的な言葉が話題になりました。

“私はどこにも行きたくなかったので、外の階段に座っていました」と彼女は言っています。”刺されて死ぬのを見てから死のうと思っていたので、救急車は呼ばなかった」と語ったという。

高岡さんのインスタグラムには、アニメのキャラクターに扮した画像が投稿されていました。事件後、彼女は “美しすぎる殺人未遂容疑者 “としてネット上で大きな注目を集めた。

引退を検討

7月に開催された「Fusion by Youth」で4位のホストを務めたフェニックス・ルナ(Twitter
栃木県出身。小学生の時に家族がバラバラになり、施設に入所。

中学卒業と同時に建築業界に入る。中学卒業後、建設業に就職したが、一身上の都合で辞めてしまい、ホームレスになったこともあるという。

慣れないうちは、女性客と楽しく会話をしながら、お酒を(通常は大量に)提供するバー・ホストのこと。フェニックス・ルナが仕事を始めるのは朝の6時で、典型的な客層であるホステスが仕事を終える頃だという。

刺された後、ホストの世界に戻ってきたことを「精神的に強い」と評する人もいたと「週刊ポスト」の記者に語っている。しかし、実際には引退を考えていたという。

“しかし、実際には引退を考えていたという。「でも、ここに来る以外に行き場がなかったんです。”私は両親がいないため、施設で育ちました。7人の兄弟とは連絡を取っていなかったので、自分の家族はクラブの年長のホストたちで構成されているように感じていました」。

また、病院には同僚が定期的に見舞いに来てくれたそうです。”お前が飲めないなら、俺たちが代わりに飲んでやるよ “と言ってくれた人もいました。

“だから戻りたかった “とフェニックス・ルナは言った。”お客さまは皆、あの事件のことを知っています。隠すのではなく、すべてを明らかにして、ホストとしての(生活)を再開したかったのです。”

ここまではいいのだが 8月1日には、7月の売り上げで、Fusion by Youthの4位のホストになったとツイートしました。8月1日には、「Fusion by Youth」の7月の売上ランキングで4位になったとツイートしている。

“私を好きになってくれた”
高岡は5月中旬まで、いわゆるガールズバー(ホステスクラブの一種)の店長として働いていた。フェニックス・ルナと出会ったのは昨年10月。

高岡は当初、動機について「好きだから仕方がなかった」と話していた。しかし、彼女の思いはその言葉よりもはるかに深く、暗いものでした。

“悲しくて死にたくて、どうやって死のうかと考えていた」という。”それが彼と一緒にいられる方法だと思ったので、彼を殺そうと思ったのです。あなたが好き」「あなたと一緒にいたい」などの表現は、(二人で)死ねば現実になると思っていました」。

捜査員は住居からナイフを回収しました。”彼との新しい生活に備えて、整理しておいたものでした。”刺した後、彼は私のことを好きだと言ってくれました」。

フェニックス・ルナが「週刊ポスト」の取材に応じたのは、刺殺事件の後に流れたいくつかの噂を払拭するためだった。

刺される数日前から高岡と同居していたこと、ロビーで倒れている写真を撮られたときにフルヌードだったこと、他の客からの電話を受けた後のセックス中に刺されたこと、などです。

“まず、私はクラブが提供する寮に住んでいます」とした上で、高岡と付き合い始めたのは、彼女が自分のクラブに何度も来るようになった4月のことだったという。”高岡さんと付き合い始めたのは、4月に高岡さんが何度も部活に来るようになってからだそうです。”その後、彼女は私をクラブのホストとして予約し、5月にはナンバーワンのホストになりました」。

また、フェニックス・ルナは、高岡を「興奮しやすい」「エキセントリック」と表現するのは的外れだと語った。”いい子だという印象を持っていた “と語っています。

“自分は死んだと思っていた”
5月23日、彼は正午頃から高岡の自宅で掃除の手伝いをする予定だった。しかし、仕事の都合で遅れてしまった。

結局、到着したのは約3時間後だった。しかし、掃除をする代わりに風呂に入ってリラックスしようと思ったら、そのまま寝てしまったという。お風呂から上がると、下着を履いていました。ロビーで倒れていた時には、写真の角度の関係で下着は見えなかったそうです)。

事件が起きたのは、その後、ベッドに入ってからです。

“お腹に違和感を感じた後、ナイフが突き出ていて、大量の血が流れているのを見た」とフェニックス・ルナは語った。”不思議なことに痛みは感じませんでしたが、ショックで怖くなりました。それで、私は(高岡を)ベッドから突き落として逃げました。すると彼女は私を追いかけてきました。死んだと思ったよ」。

玄関から飛び出したところを高岡に捕まった。”でも、振り切ってエレベーターに乗った。”ロビーに着いたところで意識を失った。あとは覚えていない。”

刺された後、彼女に「好きか」と聞かれて肯定的に答えたという報道を検証しました。

“しかし、それには理由があります。”これ以上刺されたら死んでしまうと思い、救急車を呼ぼうと思ったのです。彼女が僕のことを好きなのはわかっていた。だから、それを言えば止まると思ったんだ。”

その後
先ほど高岡が言ったように、彼女は救急車を呼ばなかった。通りすがりの人が電話をかけたのだという。

そんなことがあっても、フェニックス・ルナは彼女に何の悪感情も持っていない。”恨んではいません」と彼は言う。”彼女が私を刺すのには理由があったと思います。ホストになって1年足らずでここまでの売り上げを達成できたのも、彼女のおかげです」。

また、この事件には一つの意外な結果があった。フェニックス・ルナが病院に到着した後、警察は彼の血縁者の一人を探し出したのです。”5年ぶりにお兄ちゃんとお姉ちゃんに会いました。”これからも彼らと連絡を取り合えたらとても嬉しいです”

週刊ポストの記者が「傷跡を見せてください」と言うと、フェニックス・ルナは承諾したが、”写真はダメ “と付け加えた。そして、シャツをまくり上げると、胸の中心からおへそにかけて十字架のようなマークが現れた。

Reply