12歳の少年を強姦したシングルマザー、長尾梨花(23歳)に有罪判決

2019年は、山口真帆さんの武勇伝や高岡由佳さんの刺殺事件など、日本から多くの注目を集める見出しが出ました。

しかし、週刊タブロイド紙「週刊朝日」のサイトで最も関心を集めたのは、ネットで知り合った12歳の少年を強姦したとして有罪判決を受けた高松市の23歳の女性、長尾梨花さんの話だった。

9月4日、高松地方裁判所は、パートタイムで働くシングルマザーの長尾さんに、懲役3年、執行猶予5年の判決を下した。

判決によると、長尾被告は1月22日午前9時から午前9時30分までの間、自宅で当時小学6年生だった少年と性行為をしたという。

それ以前の2018年12月27日にも、永尾はスマートフォンを使って少年が自分の胸を舐める様子を撮影していました。

日本では、同意できる年齢は13歳です。

“ナイフ・アウト”
長尾被告は、オンラインバトルゲーム「Knives Out」で遊んでいるときに、福岡県在住の少年と知り合いました。

会話を交わした後、高松から約500km離れた福岡に彼を訪ねました。当時、彼女は5歳の男の子と3歳の女の子の母親だった。

“彼女が福岡を訪れたとき、2人は一緒にホテルに行った」と捜査関係者は言う。”12月と1月の会合では、高松に呼び出して交通費を自腹で払っていました。

2人はスマートフォンのアプリで連絡を取り合っていました。性行為をした後、永尾は “誰にも言わないで””黙っていて “などと警告していたという。

“アプリ上で、彼女は彼に「関係を続けてもいいよ。アプリには『将来、結婚しよう』『愛してる』と書いてあった」と前出の捜査関係者は語る。

“あなたは母親でもある”
1月22日の午後、警察には永尾に関する匿名の通報があった。当時、高松西警察署が発表したところによると、性交強要と児童ポルノ製造の容疑で逮捕された長尾は、容疑を認めているとのことです。

裁判の中で、長尾は謝罪しました。”(私の行動は)本当に許せませんでした。” 判決の際、裁判長は3分間にわたって永尾被告を説教した。

“週刊朝日によると、裁判長は「強制性交等罪の責任は重い」と述べた。”週刊朝日によると、裁判長は「強制性交等罪の責任は重い」とした上で、「検察が誘拐や監禁で起訴していれば、刑の執行猶予はつかなかった」と述べたという。

さらに裁判長は、「あなたは母親でもある。母親であるがゆえの悩みを知っているはずだ。したがって、あなたは子どもを育てるために必要なことを知っている立場にあります。母親としての責任をよく自覚してください」と続けた。

また、永尾さんは、少年に150万円を支払い、二度と会わないことを約束しました。さらに、治療とカウンセリングも受けることになっています。

長尾さんの知人は週刊朝日の取材に対し、「お子さんのためにも回復を願っています」と話しています。

Reply