デヴィッド・ボウイの目の色が2種類ある理由

デヴィッド・ボウイとは?

デヴィッド・ボウイは、世界で最も影響力のあるミュージシャンのひとりです。70年代のグラムロックやポップスの先駆者であり、その画期的な影響は今日の音楽にも見られます。彼のユニークな演奏スタイルは、世界中のファンを魅了し、楽しませてくれました。

輝かしいキャリアの中で、5つのプラチナ・レコードと9つのゴールド・レコードを獲得し、11枚のナンバーワン・アルバムをリリースして、ロックの殿堂入りを果たしました。デヴィッド・ボウイは、最後のアルバムをリリースした2日後の2016年に亡くなるまで、音楽シーンで活躍し続けました。

デヴィッド・ボウイが2色の目を持っていた理由

デヴィッド・ボウイは非常に興味深い外見をしていましたが、それは彼の派手なファッションスタイルのせいでもありますが、彼が持っていた非常にユニークな特徴のせいでもあります。デヴィッド・ボウイには2つの異なる色の目があったのです。

なぜボウイの目は2色なのでしょうか?

デヴィッド・ボウイのクローズアップ写真を見ると、右目はブルー、左目は濃いグリーンに見えます。稀なケースですが、異色症と呼ばれる症状により、生まれつき全く異なる色の目を持つことがあります。興味深いのは、デビッド・ボウイの目の色は、この遺伝的条件によるものではないということです。

デヴィッド・ボウイは、実際には瞳孔の大きさが異なる「異所性障害」という別の目の症状を持っていたのです。これは、遺伝的なものではなく、有名なミュージシャンが若い頃に負った目の怪我が原因です。

この状態が、ボウイのユニークで印象的な外見を生み出しました。今では特徴的な「デビッド・ボウイの目」をどのようにして手に入れたかという話は、かなり興味深いものです。

1962年、ブロムリー・テクニカル・ハイスクールに通っていたデヴィッド・ボウイは、友人のジョージ・アンダーウッドと女の子をめぐって殴り合いの喧嘩をしました。ジョージはボウイの左目に直接パンチを食らわせました。傷ついた若きデビッド・ボウイは、その後、病院に送られて手術を受けました。

ボウイは4ヵ月間入院し、左目の手術を何度も受けましたが、最終的に医師はボウイの目の損傷が完全に修復されることはないと判断し、永久的に左瞳孔が開き、奥行き知覚に不具合が残ることになりました。

ジョージ・アンダーウッドが投げたパンチはボウイの眼球に傷をつけ、瞳孔が開いた状態で固定されたため、左目は光の刺激に反応しなくなりましたが、右目は健康なままでした。

この瞳孔の拡張により、ボウイは2つの異なる目の色を持っているように見えました。この「奇形」は、実際にボウイの最も特徴的な部分となった。

彼の目は、デヴィッド・ボウイのキャリアにどのような影響を与えたのでしょうか?

ジョージ・アンダーウッドはデヴィッド・ボウイの目に深刻なダメージを与えましたが、2人は友人関係を維持し、一緒に別のバンドで演奏したこともありました。しかし、アンダーウッドは音楽から離れて絵画やグラフィック・デザインに専念し、ボウイの初期のアルバムのアートワークをデザインしたこともありました。

ボウイはアンダーウッドを恨んでおらず、象徴的な目の怪我について、”ある種の神秘性を与えてくれた “と感謝していたようです。彼のユニークな目は、彼のパブリックイメージとブランドに大きく貢献した。
1970年代にミュージシャンとして成功するのは簡単なことではなく、ボウイ自身の前にも多くの才能あるミュージシャンが挫折しました。しかし、革新的な音楽、派手なスタイル、そしてもちろんトレードマークの目の組み合わせにより、ボウイはニッチを切り開き、非常に競争の激しい業界で成功を収めることができたのです。

デヴィッド・ボウイの印象的な目は、彼の奇抜なスタイルを引き立て、象徴的なポスターやアルバムカバーに衝撃的な、まるで別世界のような質感を与えていました。デヴィッド・ボウイはミステリアスで、変化を求めていた世界にアピールしていました。斬新で新しい音楽と相まって、デビッド・ボウイは瞬く間に有名になり、史上最も影響力のあるミュージシャンの一人となりました。

高齢になっても、デビッド・ボウイは異なる色の目を維持していました。レッドブロンドの髪が白髪になっても、彼の目は相変わらず印象的で、若い頃に有名だった神秘的な雰囲気を醸し出していました。

 

Reply