ガーナがカカオ豆の価値を十分に引き出していない理由と、それを変える可能性について

世界のチョコレート産業の規模は1,500億ドルを超えます。西アフリカはカカオ豆の70%を供給していますが、チョコレートバーの価値のほとんどはヨーロッパと北米で生み出されています。西アフリカの経済は、60億米ドルにも満たない。西アフリカでは消費者向けチョコレートの需要が高まっており、その一部は輸入によって満たされているにもかかわらず、である。

このパターンは、主に原材料の輸出に依存している経済圏によく見られるものです。このパターンは、原材料の輸出に依存している国によく見られます。価値を付加する産業は、その構築に時間がかかり、国際的な競争に勝つ前にまず国内市場に供給する傾向があるため、このようなトレードオフが生じます。付加価値を付けてもすぐには外貨を獲得できません。一次産品を輸出することで外貨獲得を妥協することはできないため、通常は一次産品の輸出を選択することになります。

最近の研究で、私と同僚は、ガーナのココア産業でこのジレンマがどのように起こっているかを明らかにしました。そして、外貨獲得を維持しつつ、ガーナの既存のマーケティングシステムを活用して、成長する国内チョコレート産業を支援する解決策を提案しました。

窮地に立たされるガーナ
生のカカオ豆の輸出は、ガーナの中央銀行にとって重要な外貨獲得源となっています。ガーナのココア部門は、国有のマーケティング委員会であるココボドによって規制されています。ココボッドは、子会社のココア・マーケティング・カンパニーを通じて、ガーナ産カカオ豆の販売を独占している。

ココボド社は、そのマーケティング会社を通じて、カカオ契約を担保に国際市場で安価な米ドルの融資を受けている。国内のバイヤーは信用度が低く、バランスシートも小さい傾向にあるため、一部の例外を除き、多国籍のバイヤーとの契約のみが担保として認められています。このようにして、ココボッドは過去28年間で250億米ドル近くを確保してきました。ガーナ銀行は、外貨準備を維持し、自国通貨を安定させるために、この米ドルを必要としている。

ガーナは近年、独自のココア加工を20万トンから2019年には40万トンに増やしていますが、ほとんどが半製品の段階にとどまっています。チョコレートバーの価値の主要なシェアは、依然として海外で生み出されています。

その理由は、ガーナの外貨獲得におけるカカオの重要性にあります。政策は、国内での付加価値よりも、外貨獲得のためのココア取引を優先している。

ガーナのココア加工会社は、ガーナ・フリーゾーンと呼ばれる輸出地域で操業しており、製品の70%以上を輸出した企業にはインセンティブが与えられます。また、原材料や機械の輸入にかかる税金が免除されます。つまり、製品を輸出する場合は国内での加工をサポートしますが、国内市場向けに生産する場合はサポートしません。

国内の消費者市場向けにチョコレートを生産する場合、チョコレートや半製品の国内販売には60%近い極端な税率がかかるため、さらに生産意欲をそそられます。例えば、天然ココアバターは現在、1トンあたり約4,600米ドルの輸出価格で販売されているが、国内では1トンあたり約7,300米ドルで販売されている。

フリーゾーン内での販売は非課税だが、フリーゾーン外で活動する国内のチョコレートメーカーには税金がかかる。このような小さなメーカーは、半製品のココアを高い税率で購入し、さらに砂糖やミルクの輸入にも税金を払わなければならないという二重のハードルを抱えている。つまり、彼らのチョコレート製品は輸入品に対抗できないのである。

また、別の障害もある。ガーナはカカオ豆を米ドルで国内および多国籍のバイヤーに販売しています。このため、国内のバイヤーは多国籍企業との競争で不利になってしまうのです。多国籍企業は、海外の親会社を経由して、より大きなバランスシートで米ドルの資金を調達しています。国内企業は、国内の銀行セクターや輸出開発銀行に頼っているが、これらの銀行は米ドルでの信用供与には限界がある。

ガーナのココア加工工場には、世界的なココア加工業者であるBarry Callebaut、Cargill、Olamがあります。ガーナ国内の消費者市場向けにチョコレートを製造しているのは、国営のCocoa Processing Company(Golden Treeブランド)とNiche Cocoaの2つの工場のみです。さらに、税負担にもかかわらず、57チョコレート、ミッドヌチョコレート、オママロイヤルチョコレートなどの小規模な職人のチョコレートメーカーが登場しています。

彼らの付加価値を高める能力を阻害することは、リスクを伴います。ガーナは、一次加工や低付加価値化の段階を超えられないという罠に陥る可能性があります。ガーナが資源の恵みを所得創出や雇用創出の面で真に享受するためには、高付加価値の活動に移行しなければなりません。

罠からの脱出方法
ガーナのココアの資金調達はオフショアの米ドル資金に依存しており、ガーナ銀行にとっては外貨準備を提供することでメリットがあります。また、Cocobod社にとっても、ガーナ国内で調達するよりも低い金利で融資を受けられるというメリットがあります。私たちは、既存のシステムを利用して、国内でのカカオ加工を促進することを提案します。

ガーナのカカオ工場がカカオ豆を買うために高価な米ドルを借りなければならない代わりに、ココア・マーケティング・カンパニーが国内の加工業者に代わって、一次加工されたカカオ製品を海外のバイヤーに販売することができます。製品が確実に買われることで、製品に使われるカカオ豆の代金を支払うために必要な米ドル収入が保証される。

チョコレートやココアの半製品に対する輸出ゾーン税の見直しにより、小規模な菓子メーカーはより安価な半製品を入手できるようになるはずです。例えば、ニッチ・コンフェクショナリー社は、減税によって国内のチョコレート産業を発展させることができることを示しました。このチョコレートメーカーは、親会社であるニッチ・ココア社を経由して半製品を調達しており、ニッチ・ココア社はフリーゾーンでの免税措置の恩恵を受けています。

1年前、ガーナのナナ・アド・ダンクワ・アクフォ=アド大統領は、ガーナの主要貿易相手国のひとつであるスイスを公式訪問した際、力強い声明を発表しました。ガーナは今後、カカオ豆をはじめとする一次産品の輸出に依存したくないと発表したのです。ガーナは今後、カカオ豆をはじめとする一次産品の輸出に依存することなく、年間のカカオ豆の50%を国内で加工し、ひいては国内のチョコレート生産を拡大していきたいと考えています。

ガーナは、一次産カカオの加工とチョコレートの生産能力の拡大で目覚ましい成果を上げています。今こそ、活気ある国内チョコレート産業を発展させ、アフリカ大陸自由貿易圏が提供する13億人の強力な市場から利益を得る時です。

ガーナがスイスへのココア販売を中止する理由

1年前、ガーナのナナ・アクフォ=アドゥ大統領は、アフリカの指導者としては約60年ぶりにスイスへの公式訪問に招待されました。しかし、アクフォアド大統領は、原材料を貿易相手国に販売して付加価値をつけるというプロセスを間もなく終了すると発表したため、今回の訪問はホスト国の意向に沿うものではなかったかもしれません。

アクフォアド氏がスイスを訪問したのは約1年前のことですが、最近、世界貿易機関(WTO)の提案に富裕国が難色を示したことがきっかけで、同氏の発表の詳細が再燃しました。この提案は、製薬会社が知的財産権の主張を放棄すれば、コロナウイルスのワクチンを他の国でも広く大量に生産できるというものです。

欧州連合(EU)や米国などの富裕国は、この提案を阻止しましたが、世界的に見れば少数派です。アクフォアド氏のスイス連邦議会での発言は、多くの親アフリカ派や汎アフリカ派の間で、アフリカが世界の舞台で貿易で勝利を収めることができる可能性を秘めていると考えられています。

ガーナが輸出を控えている原材料のひとつにカカオ豆がありますが、ガーナは隣国コートジボワールに次ぐ世界第2位の生産国です。スイスにとってガーナはサブサハラ・アフリカにおける最大の貿易相手国ですが、チョコレートの名産地であるスイスは、西アフリカの2つの隣国からココアを購入しています。

アクフォ=アド大統領は、シンモネタ・ソンマルガ大統領が率いるスイス連邦評議会(当時)でこう語った。

ガーナは現在、スイスにとってサハラ以南のアフリカにおける最大の貿易相手国であり、主にスイスへの金やココアの輸出、化学製品や医薬品の輸入を行っています…しかし、これまで何度も述べてきたように、ガーナはもはやカカオ豆をはじめとする原材料の生産と輸出に依存したくありません。しかし、何度も申し上げているように、ガーナはもはやカカオ豆をはじめとする原材料の生産や輸出に依存したくありません。

アクフォアドは、付加価値化の動きを、ガーナの国威発揚と貧困削減に結びつけたのである。スイスのような自由市場主義者が過去数十年にわたって提唱してきたことに反したアプローチとも読めますが、短期的・長期的にガーナの利益を守ることは反論の余地がありません。

昨年、ガーナとコートジボワールは、米国の大手菓子メーカーであるハーシー社とマース社が、貧しい農家の経済状況を改善するためのボーナスの支払いを回避したとして、米国メーカーへのココアの販売を中止した。

コーヒー・ココア・カウンシル(CCC)とガーナ・ココア・ボード(Cocobod)は声明の中で、世界トップのチョコレート販売会社である2社が生活所得差(LID)を支払っていないと述べました。

LIDは、カカオ農家に市場価格に加えて1トンあたり400ドルのボーナスを与えるもので、貧困にあえぐ多くの農家の負担を軽減することを想定しています。2020/2021年シーズンのココア販売に対する1トンあたり400ドルのLIDは、昨年、西アフリカ諸国によって導入されました。

この貿易戦争は長くは続かず、ガーナとコートジボワールが勝利しました。両国がメーカーに取引の譲歩を迫ったのは、この2年間で2度目のことでした。世界のココアの約45%を生産しているガーナが、自国でココアを加工するようになると、スイスだけでなく世界中で大量のココアが不足することになります。

このように、世界最大級のチョコレート生産国であるスイスの人々に対するアクフォアドの約束が、アフリカの発展を願う人々の希望の軌道に乗っていることは理解できます。

Reply