古田淳子事件:少女の残忍な殺人事件

これはあなたを粉々にすることができる本当の話です。 この背筋がゾクゾクする話は、17歳の日本人の女の子についてです。 古田順子 誘拐され、レイプされ、地獄のように44日間拷問され、1988年の44日後に4人の少年によって最終的に非常に残忍な方法で殺されました。彼女の体はコンクリートドラムで発見され、その後彼女の殺人事件は 「コンクリートに包まれた女子高生コンクリート詰め殺人事件。」

多くの殺人事件について聞いたことがあるかもしれませんが、古田順子のこの特定の殺人事件の話は、想像を絶する次の残酷さのレベルに達しました。

純子が人生の最後の44日間に経験しなければならなかった苦痛を想像することはできません。 とりわけ、4人の高校生がこれらの非人道的な行為をすべて行っていたという事実は、さらに衝撃的で不安でした! 宮野裕史、湊信治、上作城、 渡辺靖 この恐ろしい犯罪に巻き込まれた4人の少年です。

古田順子–残酷に殺された日本人の女の子

古田順子は、埼玉県立八尾南高校で勉強していた17歳の少女でした。 他の普通の学生と同じように、純子は彼女自身の願望と夢を実現したいと思っていました。 それだけでなく、彼女はクラスメート全員に好かれている他の優れた資質さえ持っていました。 彼女には喫煙も飲酒も習慣がありませんでした。 彼女はまた麻薬から離れていた。

彼女はとても美しかった。 彼女が好きな宮野裕史の少年がいました。 彼は彼女の提案で純子に行きましたが、純子はこの提案を前もって否定しました。 ヒロシは彼女からのこの拒絶を受け入れることができなかったので、彼は激怒し、彼女に復讐することを決心しました。

古田順子ストーリー–これがすべて起こったことです

1988年11月25日、ジュンコが自転車でアルバイトから帰宅していたとき、ランダムな男の子が彼女のそばを通りかかって転倒した。 宮野は彼女を助けるかのように彼女のところへ行った。 しかし、あっという間に、純子が何が起こっているのか気付く前に、宮野は彼の3人の友人と一緒に純子を誘拐した。

彼らは、誘拐犯の両親の一人が所有していた東京・足立の家に純子を連れて行った。 少年たちは純子に両親に電話をかけ、彼女は逃げ出した、彼女は無事だった、そしてそれは彼女の友人の何人かとしばらく一緒にいるだろうと言った。

それから男の子による無実の女の子の本当の拷問を始めました。 最悪の悪夢の中でも、純子に与えた苦痛を誰も想像することさえできません。 心のない少年たちは、純子を44日間拷問した。 彼らはこの44日間ずっと彼女を裸にしていた。 彼女は500回以上100人の異なる人々にレイプされました。

少年たちにひどく苦しめられた古田順子

少年たちは、純子を拷問する恐ろしい方法をすべて試しました。 彼らは何でも彼女を殴りました。 はさみ、瓶、熱く爆発する電球、グリルした鶏の串焼き、焙煎針、そしてアイロンが彼女の性器に挿入されました。 彼らは彼女の体のさまざまな部分も燃やしました。 彼らは彼女の胸を切り落とす前に二度考えませんでした。 少女はゴキブリを食べたり、尿を飲んだりすることさえ余儀なくされました。

少年たちは、純子を拷問し暴行しようとして、すべての限界を超えました。 彼らは彼女に放尿した。 彼らは彼女を天井から吊るし、彼女をサンドバッグにした。 彼女は寒い冬にベランダで眠らせられた。 彼女の胃はダンベルで押しつぶされた。 彼女の痛みは終わりがなかった。

彼らはゴルフクラブや鉄の棒で彼女を殴り、冷蔵庫に何時間も保管しました。 彼らは針で彼女の体にいくつかの穴を開けました。 残酷な少年たちは、性器、クリトリス、まぶたをシガレットライターで燃やしました。 彼女の乳首の1つはペンチでねじれていました。 全身に怪我をしていた純子は、痛みで我慢できなくなった。 彼女はバスルームを使うために階下を這わなければならなかった。

誘拐と拷問の約20日後、純子はなんとかして警察に電話するために緊急電話番号に電話をかけました。 しかし、純子が話す前に電話を奪って電話を切った少年たちに捕まった。 これに続いて、彼女は彼女の足を燃やすことによって厳しく罰せられました。 彼らは彼女の足に軽い燃料を注ぎ、火で燃やした。 その後、彼女は歩くことさえできませんでした。

彼女は鼻の血栓のために呼吸できなかった。 彼女は内出血があり、そのため彼女は食べ物を消化することさえできず、それが彼女を嘔吐させた。 しかし、非人間的な少年たちは、嘔吐によってカーペットを汚したことで彼女を殴りました。

古田順子–死

純子は30日くらいで排尿もやめました。 彼女の鼓膜も損傷した。 もはやこの痛みに対処することができなくなった純子は、ついに彼女を殺してすべてを閉じるように頼んだ。 最後に、拷問者は彼女の誘拐の44日目に彼女を切断した。

少年たちは、切断された体さえも惜しまず、鉄のバーベルで殴りました。 その後、彼らは彼女の顔、胃、脚、顔に軽い液体を注ぎ、火で燃やした。 この最後の拷問は約2時間続いた。 そしてその日遅く、すなわち 1989年1月4日、 純子はついに亡くなりました。

この古田順子の話の最も悲しい部分は、残忍な殺人者は全員18歳未満であったため、死刑も終身刑も与えられなかったということです。宮野は20年の刑を言い渡され、他の3人の少年はわずか7人でした。 4人の少年全員が今までに刑務所から釈放された可能性があります。

人々はまだソーシャルメディアで純子を覚えています

この不幸な事件が起こって古田順子が亡くなってから30年以上が経ちました。 人々は今でも無実の少女を覚えており、彼女を祈り続けています。

以下のいくつかのツイートをチェックしてください:

古田順子の残忍な殺人事件に対してほとんど正義がなされていないことを知るのは本当に悲しいことです。 罪のない少女は、文字通り何もしなかったために耐え難い苦痛を経験しなければなりません。

残念ながら、実際の事件であったこの不穏な話についてのあなたの考えを共有してください!

Leave a Comment

%d bloggers like this: