最も不穏な現代アーティスト10人

Listverseでは、古代の恐ろしい絵画について語られてきましたが、この記事では、背筋が凍るような芸術については、現代がそれに勝るとも劣らないことを示しています。カラヴァッジョやエドヴァルド・ムンクでさえ、それに比べればお上品に見えるかもしれません。特にこのリストの最後の方では、二次元のイメージから彫刻へと移行していきます。 10. ダド (Dado) ここでは、ユーゴスラビア生まれのダド(1933-2010)を紹介します。彼の作品は、一見すると平凡で楽しいものに見えますが、その理由は色の選択にあります。多くの「不気味」なアーティストが好む深い赤や黒ではなく、パステルカラーが多いのです。しかし、「The Large Farm」(1963年、写真)や「The Footballer」(1964年)などの作品をよく見ると、そこに描かれている生物がいかに病的でグロテスクであるかがわかります。苦しそうな、あるいはにらみつけるような表情、腫瘍のような成長、他の形のものが混じった体、あるいは単に間違った体などです。 実際、『大農場』のようなパステル調の作品は、ホラーではほとんど見られないため、かえってイメージを悪くしています。ダドの崇拝者の中には、超大作『エイリアン』シリーズ、『種』、『ダークシード』のデザイナーとして悪名高いH.R.ギーガーがいる。彼のコレクションには、この画家の作品も含まれており、サルバドール・ダリなどの著名な版画も含まれています。これはかなり信頼性の高いお墨付きだと言えるでしょう。 9. キース・トンプソン (Keith Thompson) キース・トンプソンは、ファイン・アーティストというよりも、コマーシャル・アーティストである。ギレルモ・デル・トロ監督の『パシフィック・リム』やスコット・ウェスターフィールド監督の『リヴァイアサン』シリーズなどのモンスターデザインを手がけている。彼の作品は、美術館で鑑賞するようなものではなく、マジック:ザ・ギャザリングのカードに期待されるような洗練された技術を持っています。 上の画像「Pripyat Beast」を見れば、彼がどんなものを描くのが好きなのかがわかるだろう。動物と恐ろしい奇形の融合。チェルノブイリ原発事故による放射能の影響で、この怪物と同じような生物が生まれたというストーリーは、あまりにも突飛で、まるで1950年代に戻ったかのようですが、見ていて不愉快なことに変わりはありません。この作品に対する奇妙な賛辞のひとつに、SCP財団(超自然的な生物の目撃情報を中心とした創作活動を行うコミュニティ)が、この作品を「SCP-682」と呼んでマスコットにしたことがある。Lili」など、Thompson氏の作品の中には他にも恐ろしい作品が数多くあることを考えると、おそらく彼らはこの作品からも多くのインスピレーションを得ることができるでしょう。 8. 伊藤潤二 (Junji Ito) 商業的なアーティストの作品は、利益になるとは思えないほど恐ろしいものですが、伊藤潤二氏のコミックブックは、これまでにインクで描かれた中で最も恐ろしい作品のひとつです。その理由は、グロテスクなディテールを憎悪の対象のシミやシワの一つ一つに注ぎ込むことだけではなく、彼が人間に反応させる深く理不尽な方法は、目を丸くするのではなく、恐怖を与えることに成功している。例えば、漫画『網柄断層の謎』では、人間に服を脱がせて、固い岩に開いた人間の形をした穴に入り込ませる。伊藤の作品は、日本のホラーコミックの中では、「普通」のキャラクターを、異常にリアルでどこか可愛らしいスタイルで描いている点が特徴的です。それが、彼の怪異を浮き彫りにしている。伊藤の「人を怖がらせたい」という思いは、歯科技工士という前職からの自然な流れなのかもしれない。 7. ズジスワフ・ベクシンスキー (Zdzislaw Beksinski) 絵画についての賢明な意見は思いつかない」と言われたアーティストは、たいていの場合、コレクション用の皿に子猫を描いているわけではありません。1929年生まれのこのポーランド人画家は、2005年に殺害されるまで、何十年にもわたって幻想的なリアリズムの悪夢のようなイメージを描き続けていました(17回刺されていたそうです)。 ベクシンスキーは、「私にとって意味はない」と言っていたように、自分が何かを主張しているとは思っていませんでしたが、1985年に描かれた「トロールフォルガトック」のように、何かを象徴しているように見える作品も確かにあります。第二次世界大戦で荒廃し、ソ連に強制占領された国で育った彼にとって、あの生き物はポーランド国民であり、頭はある種の冷酷な組織であることは容易に想像できる。しかし、作家は「そんなことはない」と言っていた。それどころか、ベクシンスキーは、自分の作品は楽観的であるか、ユーモラスであるかのどちらかであるとさえ言っている。 6. ウェイン・バーロウ (Wayne Barlowe) 地獄を描こうとしたアーティストは何千人もいますが、ウェイン・バーロウは間違いなく有名なアーティストの一人です。彼の名前を聞いたことがなくても、彼の作品を見たことはあるでしょう。彼の作品は、ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」、「パシフィック・リム」、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」、「炎のゴブレット」など、数多くの話題作に登場している。しかし、彼の大作は、紛れもなく1998年に出版された『Barlowe’s Inferno』である。彼の描く地獄は、単なる拷問部屋というよりも、壮大な悪魔の領主と軍隊が存在する荒れ地というハイファンタジーだ。 しかし、それがトールキンの作品であることに間違いはない。地獄の特徴は、人間の苦しみに完全に無関心であること」と書かれています。例えば、上の「The Examination」という絵は、フランドル地方の検死の絵からヒントを得たものです。彼の悪魔たちは、人間の魂に対する好奇心を示しながらも、人間を研究するために与える苦痛を全く無視していることが多い。私たち人間は、憎しみや拷問の対象となるほど重要ではないということを知るのは、何となく悪いことです。悪魔にとって、私たちはただのアイドル的な好奇心でしかないのだ。ギレルモ・デル・トロがバーロウの『インフェルノ』を評して次のように言ったのも当然のことだ。ギレルモ・デル・トロがバーロウの『インフェルノ』を評して「悪魔は建築家を見つけた」と言ったのも当然だ。 5. 石田哲也 (Tetsuya Ishida) 石田の180点の作品に込められた社会的なコメントは、決して繊細なものではありません。彼のアクリル画は、パッケージ、ベルトコンベア、便器、そして痔の枕など、物に変えられた人間を描いたものが多い。また、人の部屋が自然と融合している様子を描いた、想像力を働かせて憂鬱な環境から逃れているような、表面的には楽しい絵もある。しかし、これらは、フルサービスのガソリンスタンドの車のように、フードサービスの従業員を客に食べ物を送り込むマネキンに変えてしまう上記の絵に比べれば、はるかに生々しさに欠ける。彼のメタファーの正確さや洞察力についての意見はともかく、それらが実行されているスタイルは、嫌悪感や恐怖感によってユーモアが圧倒されてしまうほどの不気味な谷間です。この奇抜な作品群は、2005年に31歳の石田が自殺と思われる形で電車に轢かれたことで幕を閉じました。彼が残した作品は非常に高く評価されており、この無題の作品のような絵画は数十万ドルで取引されています。 4. Dariusz Zawadzki(ダリウシュ・ザワツキ 1958年生まれのザヴァツキは、ベキンスキーの伝統であるおどろおどろしいファンタジー・リアリズムを継承しています。彼がこの分野に足を踏み入れたのは、実はある種の落胆があったからである。彼の作品の豊かな質感やディテールからすると信じがたいことですが、彼は早くから教師に「画家になるには視野が足りない」と言われていたのです。その先生は、彼のおどろおどろしいイメージがはっきりと見えないことを望んでいたのかもしれない。 Zawadzki氏の作品には、ある種のスチームパンク的な要素がある。Zawadzkiの作品には、スチームパンク的な要素がある。もしそれが特に不気味だと思わないのであれば、2007年に制作された油絵「The Nest」(写真)を考えてみてほしい。このヒナたちのボディランゲージは、生きている動物に説得力をもって似ていますが、彼らは部分的に内臓を取り除かれた奇妙な状態にあります。気持ち悪いですが、それでも目をそらしてはいけないほど興味をそそられます。 3. ジョシュア・ホフィーン (Joshua Hoffine) 1973年にカンザス州エンポリアで生まれたホフィンは、伝統的なおとぎ話と子供の頃の恐怖を、その物語が持っていた気まぐれさを消し去るような方法で組み合わせた、恐ろしいタブローの写真家である。(メインストリームの雑誌写真やホールマークカードのデザインを学んだことで、多くのホラー写真家がドキュメンタリーやファウンドフッテージのような写真を撮るときに避けがちな、洗練されたプロフェッショナリズムが彼の作品にはあります。 例えば、H.P.ラヴクラフトの登場人物の一人であるピックマンという画家へのオマージュである写真シリーズ「Pickman’s Masterpiece」など、彼の作品の中には、本当に怖いとは思えないほど演出されていたり、気まぐれだったりするものもありますが、彼の作品の中には、本当に不穏なものがあります。例えば、2008年に発表された「Bedside」は、他の作品と同様、娘のクロエが登場します。ホフィンは、娘にあまり感情を見せないように指示することで、見る人に特定の反応を強要することを避けています。むしろ、ピンクの心地よさとゴキブリのコントラストが、自然な反応を引き出しています。ホフィンはこのバランスを巧みにとることができるのです。 2. パトリシア・ピッチニーニ …

最も不穏な現代アーティスト10人 Read More »