古田順子の殺人犯が再び裁判にかけられる:法廷での混沌

昨年、湊伸治容疑者(46)が殺人未遂の容疑で逮捕された際、各報道機関はほとんど記事にしなかった。湊伸次容疑者については、「無職」とだけ書かれた記事がほとんどだった。 湊容疑者は、1989年に東京都江東区で発生した古田順子さん(17)の死体がドラム缶の中にコンクリートで固められて発見された事件で、有罪判決を受けた4人の少年のうちの1人だったからだ。 この事件は、被害者が繰り返し受けた殴打や性的暴行の生々しさだけでなく、加害者が寛大な判決を受けたことでも広く知られるようになりました。 湊の過去を考えると、今回の逮捕でおかしいのは報道の少なさだけではない。週刊誌「フライデー」のサイトによると、2月1日に始まった裁判は、先が読めず、怪しさ満点になってきているという。 疑惑は裁判が始まる前からあった。まず、湊は傷害容疑でしか起訴されていない。また、裁判には予定されていた裁判員がいない。裁判長は一人である。 被害者の喉をナイフで切り裂いたとされる。 起訴状によると、湊被告は8月19日午後、埼玉県川口市の路上で、32歳の男性会社員の右肩を金属製の警棒で殴ったとされています。また、被害者の喉をナイフで切り裂いたとされています。 警察によると、被害者は軽傷で意識がある状態で病院に搬送されました。 逮捕後、湊は容疑を否認しています。”被害者を)叩いたり殴ったりはしたが、殺すつもりはなかった」と容疑を認めている。 公判の冒頭で被告人の証言は変わった。”被害者の)右肩を警棒で殴ったというのは正しくない」と、傷害罪に変更されたことを受けて法廷で語った。しかし、被告人は被害者を刺したことを認めました。 古田純子さん殺害事件 1988年11月、湊(当時、名字は「信春」)と宮野弘(現在、名字は「横山」)は協力して、アルバイトから帰宅した古田純子を拉致しました。 その後、当時15歳と18歳の湊と宮野と他の2人の少年が足立区綾瀬地区の住宅に連れて行き、44日間にわたって強姦、性交、拷問を繰り返しました。 1989年1月4日、古田さんは少年たちに火をつけられて死亡しました。古田さんは1989年1月4日、少年たちに火をつけられて死亡しました。少年たちは古田さんの体を毛布で包み、コンクリートとともにドラム缶に詰めました。ドラム缶は、現在の若瀬公園に捨てられた。 宮野ともう一人の少年、小倉丈(当時17歳)が別の強姦事件で逮捕された後、警察は彼らが古田の失踪に関与していることを明らかにした。宮野は取り調べの際、3月29日に発見された古田さんの遺体の場所を警察に伝えていました。 その後、裁判所は2人に異なる懲役刑を言い渡しました。湊は5年から9年、小倉は5年から10年、宮野は20年の実刑判決が下されました。第4の少年、渡辺康(当時16歳)には5年から7年の刑が下された。 第二審 湊は有罪判決を受けた4人のうち3番目に再逮捕された。渡辺は4人の中で唯一、再逮捕を免れた。 埼玉県の事件では、3月3日に湊の第2回公判が行われた。審理中、湊はまたしても話を変えた。 弁護側は、被害者の傷跡の写真を証拠として撮影したいと言ったが、裁判所はこれを拒否した。そこで湊は、裁判官に直接手紙を渡すことにした。”その手紙には、「私自身は、彼を刺したわけではありません」と書かれていた。 裁判長が「被告人の弁護士を介して書類を提出していない」と弁護側を叱った後、被害者が証言台に立った。被害者は、事件当日、同僚を助手席に乗せてバーベキューパーティーの帰りに車を運転していたと話した。 道路で湊とすれ違ったとき、被害者は被告が自分を睨みつけているのに気づいた。”被害者は開いていた窓から「何を見ているんだ」と言いました。すると被告は殴りかかってきました。 騒動が起きた。湊は、被害者のメガネのフレームからレンズを片方落としました。その後、被害者の同僚が車から降りてきて、被告人ともみ合いになりました。 被害者は湊を押し倒してケンカを止めようとしましたが、被告は湊を警棒で殴ったとされています。被害者は血を流していたので、同僚と一緒に車内に戻りました。しかし、その後、被告人は、車で病院に向かおうとした彼の首を切りつけたとされています。 フライデーによると、審理の残りの部分の多くは湊の支離滅裂な言葉で埋め尽くされ、被告は刺されたことは “でっち上げ “だと主張したという。 “裁判官は「あなたはナイフで(被害者の)首を切ったのではなく、議論のために傷は医師の捏造だと言うのですか」と尋ねた。 “医者よりも警察の可能性が高い!” 湊は審理中に叫んだ。 “少年法の敗北” 古田事件では、被告人を少年とみなして刑事訴訟を行った。その後の判決は甘いとの評価が多かった。 週刊新潮」(2018年9月6日号)に掲載された記事では、その後の殺人犯3人の逮捕を “少年法の敗北 “と表現している。 前述の記事の小見出しには、湊が昨年の逮捕時に4人の殺人犯の一人であることを報じたメディアは基本的になかったと記されている。また、彼の現在の裁判の状況も報道されていないことから、正義が果たされるのかどうか疑問が残る。

古田 順子さんを殺した犯人は、果たして罪を償ったのか?

古田 順子さんの事件の詳細は、気の弱い人にはわからない。彼女を殺した犯人の裁判結果は、道徳的に憤慨するような人には向いていない。古田さんは、同級生に拉致され、レイプされ、拷問され、殺害された日本の少女でした。 彼女を拉致した4人の少年たちが、自分たちの能力を明らかにしたことは、本当に卑劣なことです。古田順子さんは何も悪いことをしていないのに、このようなひどい心の傷を負ったのです。古田純子は何も悪いことをしていないのに、これほどまでに心に傷を負ってしまったのですから、自分が犯した罪に対して裁きを受けるのは当然のことです。しかし、残念ながら、それは実現しませんでした。 古田新太の悲惨な運命 ある日、古田はアルバイト先から自転車で帰宅中、見知らぬ少年に暴行された。その時、たまたま向かい側にいた同級生の宮野寛が、古田さんのことを気遣ってくれました。彼は、暴行を受けた少年が逃げた後、古田の家まで送ってくれると言ってくれたのです。 この時、古田はこの出来事が演出であることに気づかなかった。宮野が、自分が恋愛で振った時の悪感情をまだ持っているとは知らなかった。宮野とその仲間たち(上作譲、湊伸治、渡辺保)が、自分を拉致してレイプする計画を立てていたとは知る由もなかった。 44日間の拷問 1日だけの性的暴行のつもりが、古田にとっては44日間の地獄となった。廃墟となった倉庫で彼女を襲った宮野たちは、あまりにも楽しかったので彼女を解放することにした。さらに、古田を監禁しておけば、自分たちの犯行を口外しないようにすることができる。 湊の地下室に古田を隠し、想像を絶する数の男たちを呼び寄せて暴行を続けることにしたのだ。古田は44日間の拷問の間に500回以上のレイプを受けた。その他にも、飢餓状態にされたり、吊るされて殴られたりと、肉体的、性的、精神的な拷問を受け続けました。 麻雀で負けた時に火をつけられて、悲惨な状態でも古田の苦しみは終わりました。古田さんが死んだことを知った少年たちは、古田さんの体をドラム缶に詰めてセメントで固めました。その後、遺体は公園に捨てられ、発見されたのは数ヶ月後のことだった。 古田純子さん殺害事件の裁判の様子 もし、宮野が別の少女の事件で警察の取り調べを受けているときに、偶然にも事件のことを口外していなければ、4人の少年は古田の殺人容疑で捕まることもなかったかもしれない。正義のためには不幸中の幸いであったが、それでも少年たちの刑罰は非常に甘かった。 宮野は事件のリーダーとして、4人の中で最も厳しい判決を受けた。懲役20年である。湊は5〜7年、渡辺は5〜9年、城は8年の刑期であった。 なぜ刑期が短いのか。 少年たちが与えた恐怖、心痛、拷問に比べて、この数字は著しく低いと思いませんか?私たちにとってもそうです。少年たちは殺人罪ではなく、「傷害致死罪」で起訴されました。 日本の少年審判制度は、厳しい判決を下すよりも、犯罪者を更生させることを主眼としている。少年が起訴される年数を制限することで、彼らの刑罰は低く抑えられています。少年たちの当初の刑期は、実際には記載された刑期よりもさらに短いものでした。控訴して初めて刑期が伸びたのです。 日本の少年審判制度は、厳しい判決を下すよりも、犯罪者を更生させることを主眼としている。少年が起訴される年数を制限することで、彼らの刑罰は低く抑えられています。少年たちの当初の刑期は、実際には記載された刑期よりもさらに短いものでした。控訴して初めて刑期が伸びたのです。 殺人者たちは今どこにいるのか? 司法制度が期待したにもかかわらず、少年たちは更生しませんでした。彼らは全員、古田純子を殺害した罪で出所している。 4人のうち3人は、出所後に違法行為をして捕まっています。 宮野裕史は、子供の頃からやっていた暴力団活動に再び手を染めたのが目立った。詐欺罪で逮捕されたこともあったが、無期懲役で釈放されている。 神作譲は、自分の彼女と関係があると思われる男を探し出し、殺すと脅した。神作は被害者を拉致し、4時間に渡って殴り続けました。殴られた後、彼は被害者に「前にも殺したことがあり、またやる」と言いました。神作(旧名:小倉譲)はこの暴行事件で7年の刑期を終えました。 湊伸治の継続的な犯行 湊伸治(旧名:湊伸治)もまた、殺人行為を繰り返しています。彼は、32歳のサラリーマンの殺人未遂で逮捕されました。被害者は信号待ちをしていた車の中で、湊が自分を見つめているのを見たとされています。被害者は湊が何を見ているのか尋ねたところ、湊は怒って彼を殴ったと言われています。 その後、被害者と同僚は車を降りて口論となり、被害者は警棒で殴られたとされています。被害者と同僚が車に戻ったとき、湊はナイフで被害者の首を切ったとされています。裁判の結果がどうなるかはわからない。 明らかに彼らは自分たちの行動から学んでいません。このような結果が、日本の少年司法制度の基準を変えるきっかけになるかどうか、多くの人が疑問に思っています。しかし、一つ確かなことは、古田純子さんが加害者と司法制度の両方から重大な不正義を受けたということです。  

地獄の44日間を生きた古田順子さんの凄惨な殺人事件

この話は、恐ろしく陰惨な話である。殺人事件はどれも恐ろしいものですが、古田純子さんの殺人事件は、それとは別次元の恐怖です。純子さんが命を絶つまでに耐えなければならなかった苦難は、信じられないほど残酷なものでした。どうしてこんな恐ろしい人間が存在するのかと考えさせられるような犯罪です。 4人の男子高校生が誰かを投獄してしまうなんて。 さらに言えば、刑事裁判では、なぜ彼らを簡単に釈放できたのか?彼らが純子を残酷に殺しても、ほとんど報復されなかったことに衝撃を受けるだろう。 嫉妬深い4人の男たちが彼女を誘拐したとき、古田純子は日本で人気のある女の子でした。彼女の人生の最後の44日間は、誰もが経験してはならないものでした。 古田純子さん殺害の動機 純子は日本の三郷に住む良い子だった。お酒もタバコもやらず、クラスメイトからも慕われていた。綺麗な16歳だったので、人気者だったのだろう。しかし、残念なことに、その美しさは学校のいじめっ子の目にも留まってしまった。宮野博が純子をデートに誘い、純子が丁重に、しかししっかりと断ったことで、宮野は激怒したのである。 宮野は断られることに慣れていなかった。彼は学校のいじめっ子であるだけでなく、ヤクザの関係者としても知られていた。ヤクザは日本の暴力団であり、その冷酷さで日本中に知られている巨大な犯罪組織である。当然、宮野は復讐に燃えていた。 1988年11月25日、純子がバイト先から自転車で帰宅していると、見知らぬ少年が純子に襲いかかってきた。自転車から転落した順子を、宮野は “偶然 “向かいにいた順子を助けた。宮野は家まで送ってくれるという。何も知らない純子は、その申し出を受けた。宮野をはじめとする高校時代の友人3人が、彼女を捕まえる計画を完了させていることを知らなかった。 古田純子を捕らえて拷問した4人の少年とは、宮野博、湊伸治、上作譲、渡辺保である。 嫉妬深い4人の男たちが彼女を誘拐したとき、古田純子は日本で人気のある女の子だった。彼女の人生の最後の44日間は、誰もが経験してはならないものだった。 最初、宮野は廃墟となった倉庫で彼女を何度もレイプしたが、完全に誘拐してしまったほうが楽しいと考えた。信春の家に連れて行き、さらに残虐な行為をさせたのである。純子は両親に電話をして、家出をしていること、元気にしているから探さないようにと言うことを強要された。 順子さんの44日間は、想像を絶する苦痛に満ちていた。100人の男(ほとんどが他のヤクザ)が500回以上も純子をレイプしたのだ。彼女はレイプ、ソドメ、殴打、飢餓状態に陥った。彼らは、彼女に自分たちの前で自慰行為をさせたり、彼女の性器にさまざまなものを挿入して楽しんだ。 ハサミ、ビン、鉄棒、爆発する電球、焼き鳥の串、焼き針、爆発する花火などが純子の膣に挿入されました。純子の内臓には大きな傷がつき、ついには排尿・排便のコントロールができなくなってしまった。そして、男たちが嫌悪感を抱き、性的暴行を続けるようになると、殴り合いの度合いが増していった。 古田純子さんは、日本で人気のある女の子でしたが、嫉妬深い4人の男に誘拐されました。彼女の人生の最後の44日間は、誰もが経験してはならないものでした。 宮野の両親は、古田純子が自宅に監禁されていることを知っていた。最初は宮野の恋人だと信じていたが、純子が脱走したいと懇願したことで、その恐ろしさに気付いたのだ。湊夫妻はヤクザからの報復を恐れ、後に信春が投獄されたのは純子のせいだと責めるようになった。 純子は、放尿され、天井から吊るされて殴られ、ダンベルで腹を潰され、セメントの床に顔をぶつけられ、ゴルフクラブや鉄棒で殴られ、生きたゴキブリを食べさせられ、自分の尿を飲まされ、寒い冬にベランダで寝させられ、冷凍庫に何時間も入れられ、ペンチで片方の乳首をねじ切られるなど、拷問を受け続けた。 拷問を受けて20日目、純子は何とか緊急電話をかけようとしたが、少年たちは純子が何かを言う前に電話を奪い取って切ってしまった。罰として、純子の脚や足にライターの燃料をかけて火をつけたり、ライターやホットワックスでまぶたを焼いたり、指を潰したりしました。 ある日、レイプに参加した少年が罪悪感から両親に自分たちがしたことを話してしまった。両親は警察を呼び、湊家に送り込んだ。警察が到着すると、湊家の人々は驚いた様子で「何のことかわからない」と言った。湊家では、何も隠していないことを示すために、警察官を家の中に招き入れたほどだった。 愚かなことに、警察官たちは、彼らを招き入れているということは湊夫妻に罪はないのだろうと考え、順子を探すこともせずに家を出てしまった。もし、警察官が家に入って状況を十分に確認していたら、順子は無事だったかもしれない。 1989年1月4日、少年たちは順子さんに麻雀勝負を挑みました。純子は残忍な状態でも少年たちを打ち負かし、少年たちは激怒したという。彼らは純子にガソリンをかけて再び火をつけた。純子は痙攣発作を起こし、少年たちは彼女が嘘をついていると思った。数時間後、彼女は亡くなった。 少年たちは順子さんの遺体を処分するために、44ガロンのドラム缶にセメントを詰めて東京に捨てました。純子さんの行方がわかったのは、それから1年ほど後のことだった。ある日、宮野が別の女の子について尋問していたとき、宮野は純子の証拠があると思い、早々と自分たちが彼女にしたことを告白したのである。 古田純子は人気者だったが、嫉妬深い4人の男に誘拐されてしまった。彼女の人生の最後の44日間は、誰もが経験してはならないものだった。 衝撃的だったのは、少年たちが日本の基準では未成年であったため(宏、18歳、城、16歳、渡辺、17歳)、彼らには寛大な判決が下されたことです。宮野は懲役20年、他は懲役7年である。今では4人とも出所しているが、人生を好転させたとは言えない。 湊夫妻が古田純子さんの遺族に渡すように命じたお金(修復費42万5千ドル)のうち、実際に古田家に渡ったのは0円でした。湊夫妻は結局、家を売ったお金を、信春、渡辺、城の3人が刑務所から出所した時に渡した。 彼らはそのお金でパーティーをした。宮野は当時まだ刑務所にいたが、母親はわざわざ順子の墓を冒涜した。宮野の母親は、自分の息子が刑務所に入ったのは純子のせいだと、考えられないほど大胆に非難した。 この悲劇的な一件の中で、いったいどのようにして多くの不正が行われたのか、今となっては謎である。哀れな少女の44日間の地獄のような日々に、これほどまでの正義が下されたことは考えられない。

なぜ日本には太った人がいないのか?

日本は健康面で際立っており、肥満の日本人に出会うことはほとんどありませんし、彼らの食事は炭水化物が豊富ですが、死亡する確率が15%も低いことをご存知でしょうか?これは、国立国際医療研究センター(東京)の研究者が説明しています。また、新鮮な野菜をたくさん食べ、脂肪をほとんど摂らず、赤身の肉よりも魚介類を好むなど、有利な点がたくさんあります。 また、日本人は1日平均7,000歩を歩くことを好み、移動には自転車を使うなど、体重を増やさないための優れた運動をしています。 参考にしてみてください。 10.満腹になるまで食べない La Vanguardia紙によると、日本には「ハラハチブ」という概念があり、英語に訳すと「腹八分目」となるそうです。この概念は、完全に満腹になるまで食べる必要はないということを意味しています。日本人にとって、胃の中に残る20%の空虚感は、食べ物を素早く消化するのに役立つからです。”満腹になると、内臓の消耗が激しくなり、体が重くなり、消化が悪くなる。それが欧米では、糖尿病、肥満、肝臓障害などの問題を引き起こすと言われています…」など。旅行会社Discovering Japanの共同設立者であり、CEOのマルコス・カルタヘナは、16年以上にわたって日本の文化や習慣を研究してきました。 9.彼らの食べ物 日本の食生活で重要なのは、何を食べるかということだけではなく、その調理法にもあります。つまり、これらの方法によって、できるだけ多くのビタミンやミネラルを保存することができるのです。 炭水化物の多い食事をしていますが、脂質の消費量は非常に少なくなっています。というのも、彼らの料理には穀物、魚、肉が豊富に使われており、乳製品や果物も食べないので、糖質も少なくなっています。同様に、街中での食事を避け、ジャンクフードの誘惑に負けず、手作りのものを好む。 8.おつまみなし 日本人はルールにこだわる人が多く、小さい頃から学校に甘い飲み物を持っていくことは禁止されていて、主に水を飲んでいます。何らかの理由で朝食を食べなかった場合、昼食時までおやつを待たなければならない。言うまでもなく、空腹を満たすためのキャンディーやクッキーなどの食べ物は禁止されている。 そのため、1日3食、バランスのとれた食事を摂り、間食の誘惑にも負けません。おやつを食べる人もいますが、それはとても少量で健康的なものです。 7.ヘルシーなファストフード 日本の文化は、仕事を優先することで知られていますが、長時間労働にもかかわらず、常に休息の時間を取り、健康的な食生活を維持しています。しかし、家で料理をする時間がない場合は、ファーストフードに頼ります。 しかし、彼らの料理には、精製された小麦粉、脂肪分の多い食品、そして揚げ物はほとんど使われていません。地元のチェーン店では、新鮮で自然な食材を扱っており、余分なカロリーを摂らないためにも、常に最適な選択肢となっています。もちろん、この国にもマクドナルドやバーガーキング、KFC、ドミノピザなどのジャンクフード店はありますが、ほとんどの日本人はこれを日常的に食べることはありません。 6.時間を大切にしている 日本料理はとても尊敬されていて、とても伝統的なもので、年齢に関係なく誰もが同じスケジュールで食事をします。朝食は8時から9時の間、昼食は12時から1時の間で、ほとんどの会社が自由時間を設けており、最後に18時から20時の間に夕食をとる。 つまり、日本人は食事の時間を細かく考え、正確な時間に食事を用意して、他の食べ物を食べる時間をあまり作らず、それが健康に与えるダメージを強く意識しているのです。 5.ロングウォーク 日本の子供たちは世界中で賞賛されていますが、それは規律正しく、忍耐強く、どんな状況でもコントロールできるという点で際立っているからです。幼い頃から体を動かすことを教えられているので、激しい運動や長時間の散歩にも慣れており、健康的な体重を維持する主な理由のひとつとなっています。 日本の街中では、子供たちが歩いて下校したり、自転車で帰宅したりすることが当たり前になっていますが、こうした習慣を大人になるまで続けることで、自然にカロリーを消費し、肺や心臓を健康に保ち、新陳代謝を促進することができるのです。 4.スモールポーション 日本人のもう一つの長所は、小食であることです。健康維持に必要なマクロとミクロの栄養素をすべて摂取するために、食事の際に家族全員が5種類もの料理を小皿で食べることがよくあります。   ほとんどの人が箸を使って食事をするので、他の国の人よりもゆっくりと行うことは言うまでもありません。それぞれの食べ物をゆっくりと噛むことで、脳が満腹の順番を受け取るため、消化が良くなります。これについて、Clínica Opción Médicaの栄養学・食事療法の専門家であるMarta Vallejo氏は、『¡Hola!』誌のインタビューで次のように述べています。 3.緑茶 緑茶は素晴らしい特性を持つことで知られており、何千年もの間、伝統医学で使用されてきました。Healthlineサイトによると、緑茶を毎日飲むことで、炎症を抑え、心臓病のリスクを減らし、精神的な衰えを少なくすることができるそうです。日本人の死亡率が15%も低い理由がわかりました。彼らは少なくとも1日1回は緑茶を飲んでいるからです。 また、緑茶には糖尿病を予防し、血糖値を調整する働きがあります。日本人にとっては、天然の抗酸化物質として、清涼飲料水などの有害な飲み物から遠ざかっています。つまり、緑茶には痩身効果があり、代謝を促進する効果があるのです。 2.気が散らない ほとんどの人は、加速した生活を言い訳にして、時間を無駄にしたくないと思い、テレビの前で仕事をしたり食事をしたりします。しかし、このような行為が、私たちの健康を危険にさらす恐ろしい結果を招くことに気づかずにいます。研究によると、このような行為は、食べ物に注意が向かないため、より多くの脂肪や糖分を摂取することになります。 日本人にとって、食事の時間は神聖なものであり、それを尊重し、細心の注意を払って楽しみ、何かに気を取られずに味わうことを好みます。 1.バランスのとれた朝食 人間の食生活における朝食の重要性はよく知られていますが、バランスよく食べている人はほとんどいません。しかし、日本人にとっての朝食は、食の三角形にちなんだごちそうでなければなりません。つまり、彼らにとっては、パンやジャム、シリアルを食べるという選択肢はないのである。 日本は世界一の長寿国であり、100歳を超える人が最も多い国でもあります。これは、彼らの優れた食習慣によるものであり、私たちも健康増進のためにライフスタイルに取り入れることができます。これで、日本人が理想的な体重を維持する秘訣がわかりましたね。では、より健康的な生活を送るために、どのような習慣を取り入れますか?  

古田順子の殺人事件-44日間の地獄

古田順子さんは、1989年11月22日、16歳の少女が44日間に及ぶレイプと拷問を受け、捕虜となった人々の手によって命を落としました。コンクリート詰めの女子高生」として全国的に知られていた古田順子さんの事件は、その残虐性から日本中の注目を集めました。 古田順子ストーリー 古田順子は、埼玉県三郷市の高校に通っていました。彼女は容姿端麗で活発なティーンエイジャーで、注目を浴びることを好み、それを妬む人もいました。彼女はタバコを吸わず、酒も飲まず、ドラッグもやらなかったが、それはギャングのような10代の若者たちの目には非常にかっこ悪いものとして映った。その中の一人、宮野宏は彼女に恋心を抱いていたが、交際を望んではいなかった。古田純子はそれを断ったのである。宮野宏は学校のいじめっ子であり、新世代のヤクザにも関わっていたので、誰も逆らえなかった。そして、古田純子は勇気を持って「NO」と言った…。 1988年11月25日、彼女は4人の10代の少年、宮野宏に誘拐された。少年たちは古田純子を東京・足立区の綾瀬地区にある誘拐犯の両親の家に連れて行った。 誘拐犯は、古田純子さんを監禁している間、両親に電話をかけさせ、「家出して友達のところにいる」と伝え、「危険はない」と言い張っていました。何が起こっているのかわからず、怖くて従わなかった順子は、言われた通りに行動し、結果的に行方不明になった後の追跡を回避することができた。 古田順子が監禁されていた湊信春の両親は、何度か息子を訪ねてきた。しかし、「暴力を振るわれるかもしれないから、男の子の恋人のふりをしてほしい」と言われていた。しかし、純子が家に監禁されていることが明らかになっても、両親はヤクザとつながりのある宮野裕史からの報復を恐れて何もしなかった。 誘拐されてからの44日間、古田純子は言葉にならないほどの苦しみを強いられました。殺害されるまでに彼女が経験したことは以下の通りです。 -裸にされて辱めを受ける。 -毎日、膣と肛門の両方をレイプされた。100人以上の男が彼女をレイプしたと考えられています。ヤクザとつながりのある捕獲者は、他のヤクザメンバーを招待して、16歳の少女と対戦させたそうです。彼女は約500回のレイプを経験したと推定されています。1日に12人の男にレイプされたこともあります。 ゴルフクラブで殴られたり、セメントの床に顔をぶつけられたりと、肉体的な殴打にも耐えました。 彼女をレイプしたとされる100人の男たちは、少女に放尿することを楽しんでいたとも言われています。 彼女は、レイプ犯たちを興奮させるために、彼らやそのゲストの前で頻繁に自慰行為をさせられていました。 瓶、鉄棒、ハサミ、焼き針、焼き鳥の串など、さまざまなものを膣や肛門に押し込まれました。 限られた量の食料や水しか与えられなかった。 生きたゴキブリを食べさせられ、自分の尿を飲まされた。 花火を尻に突っ込まれ、火をつけられて大火傷を負った ペンチで左の乳首を切り落とされた。 手足を縛られて床に寝かされた状態でダンベルを腹に落とされ、腸の調子が悪くなった。 天井から吊るされ、ボクシングバッグとして使われた。 冷凍庫に数時間入れられた。 ホットワックスとライターでまぶたを焼かれる。 乳房に縫い針で穴を開けられた。 煙草とライターで膣とクリトリスを焼かれた。 高温の電球を膣に挿入され、爆発するまでこすられた。 古田順子は、まだ4分の1しか経過していませんでしたが、殴られ続けていたために腔内に血が溜まり、鼻で呼吸することができなくなっていました。内臓が食べ物や水を受け付けないので、飲もうとするとすぐに吐いてしまい、脱水症状が進んでいました。それを見た加害者たちは、カーペットを汚したことを理由に、さらに彼女を叩きました。 ある時、加害者たちが酒を飲んで休んでいる時に、彼女は警察を呼ぼうとしましたが、捕まってしまい、燃えるライターオイルで足に火をつけられるという罰を受けました。犯人が肛門に押し込んだ大きな瓶は、彼女の内臓を傷つけ、醜い出血を引き起こしました。 足には重度の火傷、筋肉にはひどい傷があり、20日後には歩けなくなっていました。重りで骨を砕かれ、爪が割れたため、手で何かを扱うこともできなくなりました。また、冬だったので、ベランダで寝ることになり、寒さにさらされました。 30日後、古田純子さんは、異物の挿入による内臓や外陰部の損傷、タバコやライターによる火傷のため、正常な排尿ができなくなりました。手足の障害もひどく、トイレまで這って降りるのに1時間以上かかったという。鼓膜が破れ、脳の大きさも小さくなっていました。 古田純子の死 拷問、暴行、強姦が繰り返された44日間、古田純子は何度も「殺してくれ」と頼んだそうです。しかし、彼らはその願いを叶えてはくれなかった。その代わり、1989年1月4日、彼らは彼女に麻雀ソリティアのゲームを挑みました。彼女が勝ったので、少年たちは怒って、鉄のバーベルで殴ったり、ライターオイルをかけて足、腕、顔、腹に火をつけたりしました。殴られて脱水症状を起こし、栄養失調になっていた古田純子さんは、翌日ショック死してしまいました。 犯人はこの死体を、コンクリートを詰めた55ガロンのドラム缶に詰め、東京・江東区で処分した。 古田純子捕虜の身元確認 日本の裁判所は、古田純子さんを誘拐し、拷問し、強姦し、殺害した主要な4人の監禁者の名前を、彼らが少年であることを理由に伏せました。しかし、週刊文春の記者たちは、彼らが古田純子さんにしたことを考えると、彼らに人権を擁護する資格はないと考え、彼らの名前を公表しました。 宮野宏 – 犯行時18歳。横山宏に改名 小倉丈・・・犯行時18歳。神作譲(かみさくじょう)に改名 湊伸治(-犯行時16歳、湊伸治とする資料もある 渡辺靖(●犯行時17歳 神作穣さん 4人の犯人は全員捕まり、裁判にかけられた。しかし、全員が犯行時に未成年であったため、少年として裁かれた。最終的には、身元を伏せた上で成人の判決を受けました。しかし、罪の重さを考えれば、彼らに下された刑罰は比較的軽いものでした。今では、彼らはそれぞれ刑務所を出ています。3人の少年は8年以下の刑期で、リーダー格の少年は当初17年の刑期を言い渡されていましたが、控訴した柳瀬龍二裁判長は刑期を短縮する代わりに20年の刑期に引き上げました。同じ裁判官は、控訴した2人の退屈な少年の刑も増やした。一人は控訴しなかったので、刑期はそのままでした。いずれにしても、彼らは全員30代後半で、刑務所から出てきた。 1999年8月に釈放された神作譲(本名ではない)は、2004年7月に再び刑務所に入り、恋人を誘い出したと思われる男を殴って7年の刑期を終えた。 古田純子さんの遺体からは、他の人の精子や陰毛が鑑識によって発見されたため、古田さんの拷問殺人に関連する名前はほとんど出てきませんでした。 伊原幸一 中村哲夫 大衆文化における古田純子の物語 古田純子の拷問・殺人事件は国際的な怒りを呼び、彼女の事件はいくつかの映画や鎌田洋二の漫画に影響を与えた。最も有名な映画は、1995年に公開された『女子高生コンクリート詰め殺人事件』である。この映画は松村克弥監督のもと、バンド「ゆず」の北川悠仁が主犯格として出演した。 2004年に自主制作された日本映画「コンクリート」も、古田純子の殺人事件につながる出来事をベースにしている。日本の作家がこの事件に触発されて書いた本が少なくとも3冊あります。古田純子さんの拷問殺人事件はデマではないかという声もありますが、そうではありません。この恐ろしい犯罪は起こったのです。デマではありません。

日本の女の子が外国人男性を好きにならない7つの理由

日本でも海外でも、外国人というだけで日本人女性との交際が有利になるという伝染病のような神話があります。現実には、日本の女の子が外国人男性を好まない理由はたくさんありますが、その大部分は、日本の最も関連性の高い文化的輸出品の一つであるアニメに集約されます。 この記事に掲載されているすべてのアートワークは、稲葉みずかさんによるものです。 1.言葉の壁 確かに、特にディナーデートの際に、彼女がどれだけ「お腹が空いているか」を事前にメールで知らせてくるのは、かわいい時もあるでしょう。彼女はあなたの日本語学習を加速させてくれるかもしれませんが、より専門的な内容になると、翻訳アプリは使えなくなり、あなたのおしゃべりが新たな共通語になるのです。 また、会話だけではなく、外国人男性の言葉遣いも気になるところです。ビザ、税金、医療、教育、髪型、食事の注文、道を渡るときの彼女の手のつなぎ方…。 2.パブリック・スティグマ 日本は大部分が同質的な文化です。外国人は2%以下です。異人種間のカップルは非常に少なく、結婚に至った場合も、日本人男性と外国人女性のカップルが圧倒的に多いのです。 結婚した日本人女性のうち、外国人と結婚するのは1.3%(出典)。 このリストの他の詳細と組み合わせると、世間の評価のために、多くの日本の女の子は避けて通ることになります。 3.親の不承認 世間の風評被害と同時に、日本の女の子にとって最も影響力のある人物、つまりお母さんとお父さんの評価も気になります。これは、親の不承認が普通だと言っているわけではありませんし(いくつかの恐ろしい話もありますが)、人種差別が横行していると言っているわけでもありませんが、人間関係に関しては古風な態度が見られることがあります。さらに、共通の言語がないことも加わり、外国人が女の子の愛情を勝ち取るのは少し複雑です。 日本の女の子は20代まで家族と一緒に暮らすことが多いので、彼女の両親を「怒らせない」ことの方が、LINEのシールを送ってくるかわいい外人よりも優先順位が高いかもしれません。短期的には、ラブホテルの美しいネオンの光を浴びることができますが、長期的には、この記事に書かれている他の赤旗を最小限に抑えることが最善の方法です。 4.低収入の仕事 すべての日本人女性が、外国人との交際を収入レベルで最終的に判断するわけではありませんが、確実に判断する人もいます。日本ではイメージが高く、周りを見渡しても、おしゃれをしていない女の子はほとんどいません。日本に来る外国人にとって最も人気のある仕事の一つである英語教師の給料は、月に25万円(税引き前の年収で25,314米ドル)です。これでは家族を養うには不十分だし、しっかりとしたデートをするにも不十分だろう。女の子の年齢にもよりますが(若い子はあまり気にしません)、このリストの他の理由と重ね合わせると、これはかなりの抑止力になるかもしれません。 5.彼らは “チャライ “です。 外国人は、「プレイボーイ」というレッテルを貼られているという悪い評判があります。このレッテルは、外国人男性が日本人女性に対して何か神秘的な「ゲーム」を持っているというステレオタイプを助長するものです。チャライとは、日本語で言えば「遊び人」ということです。あなたがそれをそっと脇に置くことができる(あるいは勇敢に自分を守ることができる)一方で、あなたはすでに穴に落ちている可能性があります。 最近のある外国人(ジュリアン・ブラン、誰?)のクソッタレぶりと相まって、「チャライ外国人」に対する世間の認識は間違いなく頂点に達しています。30件のLINEの連絡先に「Kaori」と書いてあることを男性に自慢するのもいいですが、素敵な日本人女性とのデートの際には、その視線に気をつけましょう。 6.一過性の外国人 外国人の場合、相手の女性の交際期間の好みによってはメリットがありますが、長期的な交際の可能性を求めている場合にはデメリットになります。 “Where are you from? “という質問は、もうそれほど無意味なものではないでしょう。 ほとんどの外国人は日本に一時的に住んでいるだけで、それが1週間であれ数年であれ、ほとんどの場合は出口があるというのが基本的な現実です。そして、たとえ長期的な計画であっても、事情(失職、ビザの期限切れ、国外退去)によって、日本人と同じレベルの「安心」を女の子に与えることは不可能なのです。 7.KY-空気読めない KYとは、潤滑油のように社会的にすべすべになるという意味ではありません。これは、その反対の意味である「気読めない」の略です。社会的にバランスが取れておらず、空気が読めないことを意味します。静かな電車の中で携帯電話で話すこと。公共の場で思いっきりイチャイチャする。彼女が “終電 “の話をしているときに、コンドームの隠し場所を指摘する。 このような行為は、単純に言えば、マナー違反、文化的無知、社会性の欠如と言えます。日本に来たばかりの人や観光客は、偶然にもKYになってしまうことがあるかもしれませんが、それでも自分が「あの人」にならないように、微妙な合図や環境的な合図を拾う必要があるでしょう。 日本の女の子が外国人男性を好きにならない理由に同意しない?そう思いますか?以下にコメントをお寄せください。