人間はCOVID-19ウイルスを鹿に感染させた、と研究は発見した

米国での画期的なオジロジカの調査により、人にCOVID-19を引き起こすウイルスであるSARS-COV-2の人から鹿への感染と鹿から鹿への感染の両方の証拠が見つかりました。 この研究では、オジロジカが米国の少なくとも4つの州でウイルスに感染していることがわかりました。

研究の一環として、研究者は、2021年1月から3月の間にミシガン州、ペンシルバニア州、イリノイ州、ニューヨーク州の4つの州でサンプリングされた鹿の40%がCOVID-19抗体を持っていることを発見しました。 アイオワ州では、2020年11月と2021年1月にサンプリングされた鹿の80%が、2回目の未発表の研究でCOVID-19ウイルスを保有していることが判明しました。

サンプリングで見られた高レベルの感染のために、研究者は鹿から鹿への感染が活発に起こっていると信じています。

北米では、オジロジカは人間の近くに生息しており、2つの種が頻繁に接触します。 野生生物管理、野外調査、レクリエーション、観光、狩猟などの活動は、伝染の機会をもたらす可能性があります。

別の提案は、COVID-19ウイルスの感染は汚染された水源から来る可能性があるということです。 しかし、これは証明されていません。

以前の研究では、SARS-COV-2ウイルスが人間から猫、犬、動物園の動物などの一部の動物に感染した証拠も示されています。 しかし、これは野生種の間での広範な感染を示唆する最初の研究であるように思われます。

オジロジカは北米の大型哺乳類の中で最大の個体数を持っており、米国だけでも3,000万種が生息しています。 研究者たちはまた、野生動物からヒトへのCOVID-19ウイルスの再発の可能性について懸念を表明した。

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: