11歳の少女は、妹と遊んでいると不思議なことに行方不明になりました。 19年後、1米ドルのノートに奇妙なメッセージが表示されました

1999年1月2日の夜、米国アリゾナ州メサ市で6年生を勉強していた11歳の少女ミケルビグスは、9歳の妹(キンバー)の自転車に乗っていました。家の近く。 彼らは一緒に遊んでいて、アイスクリームバンが来るのを待っていました。

しかし、キンバーが母親のために家に入ったばかりのとき、彼女の妹はわずか90秒の間に姿を消しました。 自転車は道端に置き去りにされ、アイスクリームのために貯めたお金が散らばっていた。

キンバーは2019年1月のCBSとのインタビューで、この話を次のように語っています。 少し寒かったので中に入りたかったです。 私は姉にそのことを話し、家に帰るために道を渡った。 振り返ってみると、まだ彼女が自転車に乗っているのが見えました。 彼女に会うのはこれが最後だったなんて信じられませんでした。」 今まで、キンバーはまだ彼女の妹が生きていて、別の場所に住んでいることを望んでいます。

シスターキンバーはまだ彼女のシスターの失踪に取りつかれています。

「それについて私を最も悩ませたのは自転車でした」とキンバーは言いました。 「あなたが知っている、それは一方の側にありました。 車輪はまだ転がっていました。」

ミケルが行方不明になった30分後、メサの警察はミケルの家族が調査のために住んでいた地域を封鎖しました。

ミケルの写真(彼女の家族から提供された)。

彼女の親戚や隣人全員が手を組んで少女を捜索し、彼女の容姿の兆候を見つけることができませんでした。

過去20年間、ミケルの行方不明はメサで最も悪名高い事件の1つとして立っており、それは彼女の家族のキンバーズや他の人々の執着になりました。

物事が暗いように見えたときでさえ、警察は彼らの捜索を続けました。 捜査の過程で、警察は近所から提供された800以上の証拠と10,000の手がかりを発見しました。 しかし、何もうまくいきませんでした。

調査を担当したジェリー・ギッセル氏は、2009年のインタビューで、ミケルが誘拐犯から逃げようとしているのではないかと疑っていたと明らかにした。

「誘拐犯は見知らぬ人でなければなりません。 シーンは、少女がお金を残して家に逃げようとしたことを示唆していましたが、誘拐犯はすぐに彼女をつかみました。 ミケルは車に連れて行かれたと思います。」

14歳と25歳の少女のイラスト

ミケルの存在がまだ答えられないままであったとき、警察は偽の報告を受け取り続けました、そしてそれは事件をより複雑にしました。 ミケルを誘拐したのは彼だというメールを警察が受け取った時があった。 警察が容疑者の家を待ち伏せするまで、彼らは彼がたった12歳の少年であることに気づきませんでした。

2018年3月14日、新しい手がかりが現れましたが、それはもう一度何にもつながりませんでした。 ある人が1米ドルを見つけました。「私はアリゾナ州メサで撮影されたミケルビグスです。 私は生きています」。

このメモは、20年にわたる事件を終わらせるための重要な手がかりになると期待されていましたが、手紙を分析した後、警察はそれが本物であるとは信じていませんでした。

メモが見つかったニーナ市の警部補であるアダム・ストリューベル氏は、メッセージの信憑性を疑ったと述べた。 犠牲者の名前でさえ間違って綴られていました(ミケルの代わりにミケル)。 それはおそらく別のいたずらでした。

捜査官は、このメモが2009年に発行されたことを発見しましたが、ニーナに表示された理由がわからず、所有者につながる手がかりもありませんでした。

>>>また読む:

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: