リップルは、暗号通貨取引を提供したい金融会社のために「流動性ハブ」を立ち上げます

Fintechの会社Rippleは、クライアントに暗号通貨取引を提供できるようにする金融会社向けの新しいサービスを発表しました。

リップルは11月9日のブログ投稿でLiquidityHubサービスを発表し、すべての企業が暗号資産の戦略を立てる必要がある「暗号優先の未来」を宣伝しました。

新しいサービスは、取引所、マーケットメーカー、店頭(OTC)トレーディングデスクなどのさまざまなプロバイダーからのデジタル資産へのアクセスを提供することにより、企業のクライアントを対象としています。 現在プレビュー段階にあり、2022年にリリースされる予定です。

Liquidity Hubは当初、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュ、XRPをサポートしますが、可用性は発表に応じて地理的な場所によって異なります。

同社は将来、暗号資産の提供を拡大し、NFTを含む他のトークンを含めることを計画しています。

RippleNetの最高経営責任者であるAsheeshBirla氏は、同社はこの暗号化プロビジョニングテクノロジーを使用して、ほぼ2年間、流動性オンデマンド(ODL)製品をサポートしていると述べました。 彼は次のように付け加えました。「私たちのクライアントは、金融機関との私たち自身の綿密な仕事を促進した暗号資産を購入、販売、保持するための同じ信頼できるワンストップショップにアクセスしたいと考えています。」

アメリカで最初に認可されたビットコインATM会社であるCoinmeは、LiquidityHubのアルファ版の最初のパートナーです。

関連している: 「時間の経過とともに、NFTの市場は成長するでしょう」とRippleのCTOであるDavidSchwartz氏は述べています。

RippleはDeFiも深めており、暗号通貨のステーキングと投資サービスを提供する計画を発表しています。 ビルラ氏は、イーサリアムを購入して所有した後、顧客が次世代のサービスを望んでいることは理にかなっていると付け加えました。

11月6日、TBENは、リップルがイーサリアムネットワークでラップされたXRP(wXRP)をサポートし、ネイティブトークンの所有者がDeFiプロトコルと対話できるようにすることを発表しました。

サンフランシスコに本拠を置くフィンテック企業は、証券取引委員会との継続的な戦いにまだ関与しています。 物語の最近のひねりの中で、裁判官のサラ・ネットバーンは、事件の証拠として、社内会議のビデオとオーディオの録音を調査して作成するように会社に命じました。

金融規制当局は、未登録の証券提供を通じて13億ドル以上を調達したとして、リップルとその幹部を訴えています。

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: