日産は、チップの引き締めにもかかわらず、パンデミックの影響からリバウンド

日産は火曜日に、パンデミックの影響から回復し、四半期ごとの好業績で通年の純利益予測を3倍にし、チップの引き締めや商品価格の上昇などの課題に直面すると予想した。

日本の自動車大手は、需要の低迷から元ボスのカルロスゴーンの逮捕によるフォールアウトまで、近年一連の困難に直面しており、その年収は暗闇の中で最後でした。 2018-19年。

しかし、これまでのところ、マイクロチップの不足などにより、販売数量は予想を下回ったものの、「各市場の販売品質は引き続き向上し、利益の増加につながった。 ユニットあたり」と日産は語った。

危機に見舞われた同社は、2022年3月までの1年間の純利益を以前の推定600億円(約3,933ルピー)から1,800億円(約11,798ルピー)と予測している。 ルピー)。

しかし、通期の売上高予想を9.75兆円(約6.39,150ルピー)から8.8兆円(約5.76,873ルピー)に格下げした。

「半導体の不足は自動車産業にとって引き続き課題です」とCOOのアシュワニ・グプタは記者団に語った。

しかし、「当社の販売実績の取り組みは、これらの課題に起因する販売量の減少を補う以上のものになると予想しています。」

現代の自動車の主要コンポーネントである半導体の不足は、世界的な自動車生産を抑制しており、パンデミックに見舞われた東南アジアのサプライチェーンの問題によって自動車メーカーの問題が悪化しています。

「この危機が私たちに教えてくれたのは、回復力と敏捷性です。 この危機が終わり、新たな危機がここにないことを期待すべきではありません。 何か新しいことが起こりそうです。」 、グプタが追加されました。

日産は9月までの3ヶ月間で541億円(約2,546ルピー)の純利益を報告し、ウイルスの封鎖が同社とそのライバル。

「私たちの良い結果は、勤勉な財務管理、販売品質の向上、継続的な製品攻撃の結果です。 いくつかの逆風に耐えることができました」と内田誠CEOは述べています。

「回復に向けて順調に進んでいる」アナリストは、課題にもかかわらず、日産は目標を達成する可能性が高いと語った。

「日産は回復に向けて順調に進んでいます」と、東京を拠点とする調査およびアドバイザリー会社であるTIWの自動車アナリストである高田悟氏は述べています。

「黒字に戻る可能性が高く、2年間の純損失の後、日産は何があっても達成しなければならない目標です」と高田は結果の発表に先立ってTBENに語った。

「しかし、減産を含む逆風は依然として強い」と彼は付け加えた。

日産のフランスのパートナーであるルノーは先月、電子部品、特に半導体が世界的に不足しているため、今年の予想よりも約50万台少ない車両を製造する計画であると語った。

ライバルの自動車会社ホンダは先週、第2四半期の純利益が減少し、チップ不足も原因で年間利益予測を引き下げました。

しかし、世界で最も売れている自動車メーカーであるトヨタは、減産に抵抗した好調な四半期の後、通年の利益予測を改善しました。

COVID危機の前でさえ、日産は販売コストの上昇と元ボスのゴーンを取り巻く進行中の物語に苦しんでいました。

元自動車大御所は、彼が否定した金銭上の違法行為の容疑で2018年に日本で逮捕されたが、保釈をスキップし、翌年レバノンに逃亡した。

彼はまだ大勢ですが、彼の前のパートナーであるグレッグ・ケリーと日産自身が日本で訴訟に直面しています。

ケリーは先月、検察官が彼に2年の禁固刑を求めて「犯罪の罪はない」と裁判所に語った。

評決は3月3日に配信されます。


Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: