気候変動枠組連合は、COP26でグリーン経済の創出を提唱しています

火曜日にスコットランドのグラスゴーで開催された国連気候変動会議(COP26としても知られる)で、気候連鎖連合の代表者が講演しました。

Climate Chain Coalition(CCC)は、250のメンバー組織と個人で構成される地球環境イニシアチブであり、ブロックチェーン、分散型台帳、DLT、およびその他の有望なデジタルテクノロジーソリューションを使用して、主導的な経済の成長を促進します。 気候について。

CCCの戦略ディレクターであるMiroslavPolzerが司会を務め、Denby McDonnell、Tia Kansara、TBEN編集長のKristinaCornèrなどの専門家代表のパネルが、非代替可能カーボントークン(NFT)に至るまでのトピックの重要性について明確に話しました。企業慣行における説明責任に。

Blockchain For ClimateFoundationのプログラムマネージャーであるDenbyMcDonnellは、パリ気候協定をブロックチェーンに置くための組織の取り組みについて、特に第6.2条と、新しい暗号通貨プラットフォームであるBITMOの最近の立ち上げについてパネルに語りました。

「BITMOプラットフォームは、代替不可能なERC-115トークンの形で国際的に転送された緩和結果の発行と交換を可能にします。 [NFT’s] イーサリアムブロックチェーン上。

テクノロジー企業が炭素排出量データを正確に検証して報告するための炭素クレジット認証の採用が増える中、この分野のソートリーダーや専門家は、「グリーンウォッシング」戦略と見なされているものではなく、炭素ネガティブのさらなる促進を求めています。

マクドネルは、炭素データの透明で公然と説明責任のあるコミュニケーションを促進するためのBITMOプラットフォームの潜在的な影響を明らかにし、次のように述べています。

「BITMOは、各国からの国際的に移転された緩和結果の発行、移転、および撤回の安全な記録であり、各国の炭素登録と調整され、将来の国連要件を満たすことができます。 「「

COP26の気候変動枠組連合パネルの代表者

補充地球の事務局長であり、国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)の特別顧問であり、新たに任命された連合メンバーであるティア・カンサラは、達成するためにDLTなどの一連の技術を採用することの重要性について雄弁に語った。ポジティブなネットビジネスモデル。

将来への挑戦は2つあります。 1つ目は国境を越えたものです。 ある時点で、私たちは自分たちの利己的な視点、自分たちのナショナリストの国境を越えて、グローバルコモンズを統治できる手段を発見しなければなりません。

1962年の月面着陸任務に対するジョン・F・ケネディ前米国大統領のビジョンと、「創造的でない行動が学ばれる」と決定したジョージ・ランドの悪名高い神童の研究を引用して、カンサラは次のように述べた。

二つ目は意識の一歩です。 過去の線形インクリメンタルモデルを考えて拡張することによって私たちの生活を変えることはできません。そのための方法は、最先端のテクノロジーを見ることです。

関連:COP26で強調された暗号およびグリーンソリューションの持続可能性

火曜日には、独立した諮問グループであるジャーマンウォッチもCOP26会議に出席し、その分析結果を気候変動パフォーマンスインデックス2022で発表および発表しました。

コンポジットインデックスは、世界60か国の環境パフォーマンスを調査し、パリ気候協定のコンセンサス目標に沿った4つの個別の指標にデータを照合し、それらの結果を対応するランキングリストに報告します。

このグループは、温室効果ガス(GHG)排出量がランキングシステムの40%を占めるべきであり、エネルギー使用、再生可能エネルギー、気候政策は20%に均等に分割されるべきであると決定しました。 合計の。

過去数年間の成長と、政府が公に表明した明確な目標を評価し、このインデックスは、地理的に最も重要な赤字で注目に値する国の一部として、米国、カナダ、ロシア、アルジェリア、オーストラリアを取り上げました。世界最大の石炭供給業者。

デンマーク、スウェーデン、ノルウェーが上位3位を獲得したものの、残忍な入場は「非常に高い」評価カテゴリにあり、空のままでした。

主要先進国の中で、中国は再生可能エネルギーの分野での称賛に値する進歩のおかげで37位に上昇しましたが、米国はロシア連邦を上回る55位でランキングを下回りました。

インデックスの共著者であるJanBurckは、レポートの読者と通訳が結果をどのように評価すべきかについての考えを共有しました。

「昨年と同様に、完璧な記録を持つ国はありません。 主要国でさえ、2度をはるかに下回る軌道に乗るには十分な成果を上げていません。 「「

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: