PBoC知事は、デジタル元は決済アプリよりもプライバシーに優しいと述べています

フィンランド銀行の新興経済研究所の30周年記念会議での仮想ビデオセッションで、中国人民銀行総裁のGang Yiは、国の中央銀行(CBDC)のデジタル通貨に関する最近の動向について話し合いました。デジタル元(e-CNY)として。 ギャングは、TBENによって翻訳された次の声明で、デジタル元を取り巻くプライバシーの問題に具体的に取り組んだ。

私たちは、個人情報セキュリティとデジタル元の問題を非常に重要視しており、この目標を達成するために必要な規制および技術的調整を行っています。 私たちは、デジタル元を含む小規模な取引には匿名性の原則を採用し、法律によって大規模な取引を規制するためにのみ介入します。 個人データの収集に関しては、法律で必要とされる最小限の情報のみを収集するように努めています。これは、今日の電子決済アプリケーションよりもはるかに少ないものです。

ギャングは、テクノロジーユーザーが所有する個人情報の保存と使用について次のように述べています。

同時に、個人情報の保管と使用を厳しく管理するよう努めています。 法律で義務付けられている場合を除き、PBoCはこの情報を提供しません [on e-CNY users] 第三者または政府機関に。 近年、中国は規制の観点から個人データのセキュリティと保護を促進するためにいくつかの法律を採用しています。

ここ数ヶ月で、e-CNYアカウントを持つ人々の数は1億4000万人以上に増加しました。 同時に、10月の取引高は620億元(97億ドル)を超えました。 ギャングは、CBDCの次のステップを検討する際に、e-CNYは主に中国の小売部門での個人消費に限定されたままですが、国境を越えた拡大の計画があると説明しました。

PBoCは、世界中の中央銀行、国際機関、暗号通貨エンティティと協力したいと考えています。 私たちはすでに国際決済銀行、タイ銀行、アラブ首長国連邦中央銀行、香港金融管理局とのmCBDCブリッジを立ち上げました。 また、CBDCの設計に関して欧州中央銀行と技術的な話し合いを行っています。

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: