14歳のように見える32歳の男性の不思議なケース

出生証明書によると、デニス・ヴァシュリンは1987年生まれですが、彼を見ていると、まだ10代前半だと思ってしまいます。

デニスは、人気ユーチューバー「Vasya na sene」とのインタビューをきっかけに、ロシアのソーシャルメディアで最もホットな話題のひとつとなりました。32歳とは思えないほどの若々しさが話題となり、デニス自身も、初対面の人に年齢を明かすと、必ずと言っていいほど信じられないという反応が返ってくると話しています。


だからこそ、彼は都会ではなく、ロシアのクラスノヤルスク地方の小さな村で暮らしたいと思っている。誰もが彼のことを知っているし、狩猟や釣り、ガールフレンドとの時間など、自分の好きなことをして一人で過ごすことができるからだ。

デニス・ヴァシュリンは、Vasyaとのインタビューの中で、幼い頃から他の子供とは違うことに両親が気付いていたことを明かしています。彼は同年齢のグループの中でいつも一番小さかったのですが、最初の頃はそれが気にならなかったのです。彼はとても活発な子供で、多動性と言ってもいいくらいでした。他の子供たちができることはすべてできましたし、いじめに遭うこともありませんでした。

しかし、年齢を重ねるごとに、同年代の子供たちとの差が明らかになり、10代の頃には、まるで老化が止まったかのように見えました。高校の卒業写真を見ても、大人の中に子供がいるように見えます。

「肉体的な変化がないとわかったとき、最初は多少の不安を感じました」とデニス。「何もかもがどうなるのか、自分の人生はどうなるのか、自分にとって辛いことはないのかと考えました」。

珍しい外見にもかかわらず、一般的な生活を送ることができているが、ヴァシュリンは自分の実年齢を説明し、証明しなければならないことがあると認めている。以前、交通警察に捕まり、免許証を偽造したと疑われたことがある。年齢を確認した後、交通警察官が「若く見える」とジョークを言い始めたので、不適切だと思ったのだ。

憤慨した32歳の彼は、「なんで毎回誰かに何かを説明しなければならないのか」と問いかけた。

デニスは、彼のことを知っている人たちからも「見た目ほど若くないんじゃないか」と言われることがあるそうだが、見た目は若くても体は同年代の人たちと同じスピードで老化していくのだという。性格的には、友人やガールフレンドからは「おじいちゃん」と呼ばれているそうだ。

“私は退屈で、頑固で、冬眠中の熊のように無気力なんです “とデニスは笑いながら説明してくれました。

32歳の彼は、ガールフレンドと付き合い始めて4年になります。幸いなことに、二人は昔から知り合いなので、彼女に自分の実年齢を証明する必要はありませんでした。

彼は、自分の若々しい容姿が多くの人にとって衝撃的に映ることは承知していますが、外見だけで判断されないようにとだけお願いしています。

“あなたは私の人生を生きることはできない “と彼は言いました。 あなたは私の人生を生きることはできません」と彼は言いました。「あなたは、私の体で、私の状況で、あなたがどのように生き、どのような人になるかを知りません。ですから、判断しないでください。”

デニス・ヴァシュリンは、自分の状態について医者に診てもらったかどうかは明かさなかったが、彼のケースは、子供の体に閉じ込められた27歳の男性、トマシュ・ナドルスキのケースとどこか似ている。また、頭に怪我をした後、老化が止まってしまった34歳の男性のケースもある。

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: