ダイムラーは電化に取り組んだが、禁止は答えではない、とCEOは言う

ダイムラーAGは、主要市場で2035年までに、そして世界で2040年までに化石燃料排出車を段階的に廃止するCOP26協定に取り組んでいるが、全面禁止は解決策ではない、と同社の最高経営責任者は水曜日に述べた。 水曜日に発表された英国政府の声明によると、6つの主要自動車メーカーが本日遅くに文書に署名し、2035年までに主要市場で、2040年までに世界中でダイムラーを含む内燃エンジン(ICE)車を段階的に廃止することを約束しました。 。

ドイツの新聞ハンデルスブラットが主催するオンラインサミットでこの文書について尋ねられたCEOのオラカレニウスは、次のように述べています。 2035.これはまさに私たちがしていることです。 禁止について話し合うべきではありません。 「「

ダイムラーは以前、市場の状況が許せば2030年までに完全電気自動車を独占的に生産し、2039年までにカーボンニュートラルの生産を行うと述べていました。2020年にダイムラーが販売した自動車の合計7.4%が電動化されました。 -電気自動車。 、会社の声明によると、2019年の2%から増加しました。それが高級顧客に対応しているという事実は、会社が大量生産者よりも電気自動車に切り替えるのが簡単であることを意味します、とカレニウスは言いました。

aj0fjofo

2020年にダイムラーが販売した自動車の合計7.4%が電動化されました。会社の声明によると、ハイブリッド車または全電気自動車のいずれかで、2019年の2%から増加しました。

「私たちは、リソースを2つの方向に分割している状況で長く滞在したくありません」と彼は言いました。 「ダイムラーと統合されたすべてのICEモーターは競争力があると確信していますが、2025年以降、私たちのお金のほとんどすべてが電気自動車に費やされるでしょう。」

CEOは、炭素排出量の削減と並んで、リサイクルは持続可能性のもう1つの重要な部分であると述べ、古い車の材料を採掘して再利用するリサイクルプラントを建設する計画を強調しました。 カレニウス氏はまた、主要な半導体メーカーがドイツの高級自動車メーカーに、今年自動車産業を悩ませてきた世界的なチップ不足は2023年まで解決されないと語ったと述べた。

「メルセデスには数百のチップがあります。1つ持っていても、もう1つ欠けていても役に立ちません」と彼は言いました。 同社はサプライチェーンを完全に再編成し、将来のショックからより適切に保護されるようにしていると、CEOは本日、ドイツのルートヴィヒスブルクで開催された自動車出版物Automobilwocheの別の会議で述べた。

コメント

(このストーリーは、ソーシャルプラットフォーム上のThe Bharat Express Newsによって編集されていません。)

最新の自動車ニュースとレビューについては、TBEN.comをフォローしてください。 ツイッター、Facebookを利用して、YouTubeチャンネルに登録してください。

Leave a Comment

Your email address will not be published.