中国との緊張の中で、日本は米国がそれを守ることを約束したと言います

日本の林芳正外相は最近、アントニー・ブリンケン米国務長官と電話で話しました。

日本の林芳正外相は土曜日、アントニー・ブリンケン米国務長官が電話で彼に、中国が主張する南部の島々を含む日本を守るという米国のコミットメントは揺るぎないものであると保証したと述べた。

日本と中国との関係は、日本の尖閣諸島と中国の釣魚島と呼ばれる東シナ海の日本が管理する島々のグループをめぐる領​​土問題と、日本の過去の侵略軍の遺産によって妨げられてきました。

「ブリンケン国務長官は、尖閣諸島に対する日米安全保障条約の第5条の適用を含む、日本を守るという米国のコミットメントは堅実であると述べた」と林氏は記者団に語った。

条約第5条は、日本政権下の領土への武力攻撃は、その平和と安全にとって危険であり、共通の危険に対処するために行動することを各当事者が認識していると述べている。

林氏は、ブリンケン氏と、台湾海峡の平和と安定が重要であるという見解を共有したと述べた。

海峡の両側間の緊張はここ数ヶ月で高まっており、台湾は北京が自国であると主張する自治島の近くで繰り返される中国の空軍任務について1年以上不平を言っている。

林首相とブリンケン首相は、東シナ海と南シナ海の現状を変える中国の一方的な試みに強く反対し、中国に関する質問に答えるために両国の緊密な協力に合意したと述べた。 書面による声明の日本の外務省。

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: