北朝鮮は緊急物資のために中国に代表団を送る

北朝鮮からの非公式の代表団は、コロナウイルスの症例の急増のために新しく再開された国境が閉鎖された同じ日に緊急物資のために中国を訪れた、と中国の情報筋はRFAに語った。

中国との国境は、コロナウイルスのパンデミックの開始時に2020年1月に閉鎖されました。これは、初期の北朝鮮市場経済を事実上破壊した動きであり、その多くは中国の貿易に依存しています。

鉄道貿易は11月1日に再開され、列車は中国の丹東から鴨緑江を経由して北朝鮮の新義州に移動しました。 しかし、8日後、コロナウイルス症例の新たなピークから丹東で封鎖されたため、リンクは再び閉鎖されました。

中国は通常、北朝鮮の国際貿易の90%以上を占めています。 北朝鮮人は中国からの輸入がないまま2年近く抵抗したが、多くの製品の供給は減少している。

情報筋によると、代表団は丹東の中国当局に食用油と調味料、建築材料、数種類の布地を求めたという。

「11月8日に北朝鮮から2両の列車が橋を渡った。到着すると聞いていたので、最初は新義州と丹東を結ぶ鉄道の状態を点検するために来たのは整備員だと思った」丹東からの朝鮮人の子孫の市民は水曜日にFRGの韓国のサービスに話しました。

「鉄道整備チームは先頭車に乗っていたが、2号車には平壌から3人の非公式代表がいた。 彼らは緊急物資を要求するためにそこにいました」と、セキュリティ上の理由で匿名を要求した情報筋は言いました。

情報筋によると、代表団は中国当局者と会うために市内の北朝鮮領事館を訪れた。

「彼らが出会った中国当局者が北京の中央政府から来たのか、それとも中央政府に代わって行動する責任がある丹東の地方政府から来たのかはまだわからない」と情報筋は述べた。

情報筋によると、丹東での議論は食糧援助を受けることではなかった。 北朝鮮からの報告によると、食糧事情は悲惨であり、政府は、数百万人の北朝鮮人を殺した1994年から1998年の飢饉に匹敵する可能性のある不足に備えるよう人々に告げている。 不足はすでに飢餓を引き起こしています。

しかし、ちょうど完了した収穫は、短期的な大量の飢餓の恐れのいくらかを和らげたように思われる、と情報筋は言いました。

「北朝鮮が北朝鮮領事館に物資を要求するために代表団を派遣したことを考えると、両政府はすでに合意に達しており、これらは交渉中であった可能性が高い」と情報筋は述べた。 。

「代表団は、コロナウイルスが猛威を振るっている丹東に来る危険を冒す準備ができていました。 これは北朝鮮の供給不足が非常に深刻であることを証明している」と語った。

2021年初頭、国境が少なくとも数か月間閉鎖されたままであることが明らかになったとき、北朝鮮の指導者である金正恩は、自治を主張する「チュチェ」の創設イデオロギーに沿って、食糧と資源の問題を克服するよう国に呼びかけました。個人、地方、州レベルで。

「北朝鮮はどれほど絶望的でなければならない。 政府は人々に自給自足を推進することで国境閉鎖を支持するように言いました、そして今彼らはそこにいて、外で緊急物資を求めています」と丹東の第二の情報筋もRFAに語った。 韓国系の中国人。

中国当局は、北朝鮮のさまざまな原材料、調味料と調味料、建築材料の要求を部分的に受け入れた、と第2の情報筋は述べた。

「コロナウイルスが丹東と北東部の3つの州を含む中国全土に再び蔓延しているため、鉄道貿易がいつ再開されるかは不明です。 今月再開することになっていた」と語った。

貿易をやめることは北朝鮮にとって悪いだけではない。 中国の貿易会社は再開に備えて物資を調達していたが、今では倉庫内の商品を監視しなければならない、と2番目の情報筋は述べた。

「鉄道貿易再開の遅れにより、中国企業はますます焦りを感じている」と情報筋は述べた。

北朝鮮と中国の間の鉄道取引は2年近く中断されたが、RFAは、2021年4月に、中国が約300トンのトウモロコシの列車を、おそらく食糧援助として、動物飼料として登録して送ったと報告した。

多くの人が鉄道貿易が再開することを望んでいましたが、国境はさらに6か月半閉鎖されたままで、一時的に再開されました。

LeejinJunがRFA韓国語サービス用に翻訳しました。 EugeneWhongによって英語で書かれました。

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: