日本政府は農村部の人口増加のために500ドルで家を売っている

日本の地方には800万戸以上の空き家があり、地方自治体は住民を呼び込むために500円という低価格で販売しています.

日本政府は、約800万戸の空き家に入居してくれる人を募集しています。
日本政府は、800万戸の空き家の入居者を募集しています。地方自治体は、入居者を募るために住宅の無償提供やリフォームの補助を行っています。
いくつかの地方では、「空き家バンク」と呼ばれる空き家の販売リストを設けているところもあります。

日本には何百万もの空き家があり、その中にはほぼ無料で提供されているものもあります。

日本政府は、何百万もの「空き家」に住む人を見つけるために、無料の物件や多額のリフォーム補助金などの経済的なインセンティブを使って、家を持とうとする人たちを誘惑しています。

5年ごとに実施される日本の「住宅・土地統計調査」によると、2018年の日本の空き家数は過去最高の849万件でした。これらの家の多くは、親族が亡くなったり、人が引っ越したりした後に空き家になっていたことが調査で判明しました。2018年の調査では、2013年と比較してアキヤの数が3.2%増加していることがわかりました。

東京郊外の鎌倉市で、空き家になった伝統的な日本家屋の窓を開ける不動産管理者 Thomas Peter/Reuters
また、日本の6,242万戸のうち、13.6%が空き家であることがわかりました。特に、和歌山県、徳島県、鹿児島県、高知県では18%以上の空き家率を記録しています。

地方の活性化は、菅義偉首相が掲げる日本の社会経済計画の重要な部分を占めています。菅総理は、9月の就任時に地方の活性化を政策の要とし、11月の演説では、観光の促進と農業改革の推進により地方経済を活性化することを約束しました。


日本では、このような空き家を興味のある人が簡単に見つけられるようにしています。

栃木県や長野県などの都市には、「空き家バンク」があります。市や自治体が作成したこれらのウェブサイトには、空き家が掲載されています。中には、5万円程度で購入できるものもあります。

東京西部の奥多摩町では、老朽化した空き家を無料で提供していると日経は報じている。新しい住人の中には、それらを再利用するクリエイティブな方法を見つけ、ワークショップや飲食店にしている人もいます。

“奥多摩町役場の広報担当者は、「このプログラムは、建物を活用して税金を納めるのに苦労していた古い所有者を助けるだけでなく、将来的に倒壊などの危険性がある放置された建物の数を減らすことで、町のためにもなっています」と日経新聞に語っている。

地方自治体の中には、現金を提供することが遠隔地からの労働者を呼び込むための最良の方法の一つであると考えているところもある。

日経新聞によると、北海道北部の三笠市では、育児や住宅購入のための補助金制度を導入したところ、空き家の数が11%減少したという。同様に、鳥取県の大山町では、自治体がデータベースに登録されている特定の住宅をリフォームする人に200万円の補助金を出したところ、空き家の数が7.9%減少したという。

9月には、日本経済新聞が、東京での雇用を維持しながら地方で仕事をするリモートワーカーに100万円の補助金を支給するプログラムについて報じました。一方、日本の地方でITビジネスを立ち上げた人には、300万円の助成金を申請することができます。

brightstoriesのテイラー・ボーデンとリベルティーナ・ブラントが先日報じたように、アメリカ国内の市や町では、数千ドル、場合によっては無料で土地を提供し、人々に移転を促している。

イタリアでは、南部のCinquefrondiという村が、町の人口を増やすために1ユーロ(1.14ドル)で家を売り始めて話題になりました。また、北イタリアのロカーナという町では、同じ条件で、子供を持つ遠隔地の労働者に9,000ユーロ(10,971ドル)の現金を与えて、さびれた家を埋めるために移住させるという甘い条件を提示しました。

Reply