JioとMediaTekがBGMI「GamingMasters2.0」トーナメントを開始:すべての詳細はこちら

JioとMediaTekは、eスポーツトーナメントの第2版である「GamingMasters 2.0」をリリースしました。これは、インド版のPUBGMobileであるBattlegroundsMobile India(BGMI)をフィーチャーするものです。 このゲームは韓国の会社Kraftonによって公開され、PUBGStudiosによって開発されました。 eスポーツトーナメントにはRsの賞金プールがあります。 12.5ラック、および参加に興味のある方は今すぐ登録できます。 最初のシーズンはGarenaFree Fireが特徴で、送信された通信によると、14,000を超えるチーム登録がありました。

「ゲーミングマスターズ2.0」への登録方法

「ゲーミングマスターズ2.0」の登録が開始されました。興味のある方はhttps://play.jiogames.comで登録できます。 Jioユーザーと非Jioユーザーの両方が参加する資格があり、参加費はかかりません。

公式プラットフォームで入手可能な詳細によると、「ゲーミングマスターズ2.0」トーナメントは3か月のイベントになります。 予選1は11月23日から始まり、11月27日まで続きます。同様に、予選2は11月30日から12月4日まで、予選3は12月7日から12月までです。 11、予選4は12月14日から18日まで実行されます。 予選終了後、12月21日から「決勝への道」が始まります。

トーナメントを見たい人のために、JioはJioGames Watch、JioTV HD Esports Channel、Facebook、JioGamesYouTubeChannelでも試合を放送します。

最近、BGMIの開発者であるクラフトンは、インドのプレーヤーが、中国の杭州で9月10〜25日に開催される2022年アジア競技大会のeスポーツメダルイベントに参加できるようになると発表しました。 このイベントでは、League of Legends、Arena of Valor、EA Sports FIFA、DOTA 2、Hearthstone、Street Fighter V、Dream Three Kingdoms2などの他のゲームにも参加します。


最新の技術ニュースとレビューについては、Gadgets360をフォローしてください。 ツイッター、FacebookおよびGoogleニュース。 ガジェットとテクノロジーに関する最新のビデオについては、YouTubeチャンネルに登録してください。

東芝は3社に分割する予定で、民営化の呼びかけを拒否

Leave a Comment

Your email address will not be published.