Xiaomiは、インドのスマートフォンの出荷が第3四半期に減少するにつれてリードしています:IDC

International Data Corporation(IDC)のレポートによると、インドのスマートフォン市場は、9月30日に終了した2021年の第3四半期(21年第3四半期)に前年比で12%減少しました。 この四半期に、4800万台のスマートフォンが出荷されました。 インドのスマートフォン市場は過去4四半期連続で成長していたため、これは重要です。 レポートはまた、Xiaomiは出荷数が減少したものの、最大の市場シェアを獲得したと述べています。 インドは世界で3番目に大きい5Gスマートフォン市場であり、世界の5G出荷の7%を占めています。

International Data Corporation(IDC)のWorldwide Quarterly Mobile Phone Trackerは、3Q21の出荷数の減少は、コンポーネントの不足と「3Q20の異常に高いベースライン」に起因すると考えています。 20年第3四半期と比較して、21年第3四半期の出荷台数は前年比12%減の5,420万台から4,800万台になりました。 しかし、四半期ごとの比較では、インド市場への出荷は47%増加し、今年の第2四半期の3,400万台から第3四半期の4,800万台になりました。

IDCによると、Xiaomiが引き続き優勢でしたが、出荷量は前年比で17%減少しました。 ただし、同社のサブブランドであるPocoは、出荷台数が前年比65%と大幅に増加しました。 サムスンは第2位を維持し、四半期は前年比で33%減少しました。 Vivoは出荷数が13%減少(前年比)で3位、Realmeは前年比5%の減少で4番目のスロットを獲得し、Oppoは21年第3四半期のスマートフォン出荷数で前年比16%の減少で5位になりました。

レポートによると、第3四半期の主要な市場動向には、オンラインチャネルで記録された記録的なシェア(52%)が含まれ、出荷量は前年比で5%減少しました。 オフラインチャネルでは、出荷が前年比で18%減少しました。

IDCのレポートによると、インドは世界で3番目に大きい5Gスマートフォン市場であり、この四半期の世界の5G出荷台数(1,000万台)の7%を占めています。 2021年1月から9月にかけて、1700万台の5Gスマートフォンがインドに出荷されました。 同国は、四半期中に平均販売価格401ドル(約29,800ルピー)で出荷された1,000万台を記録しました。

IDCによると、インドのスマートフォン市場は2021年を終了し、年間成長率は1桁台前半と低いとのことです。 「今年の最初の9か月(1月から9月21日)はすでに1億2000万台を出荷しており、上半期は前年比42%の成長を記録しています。 供給の問題により、4Q21は減少し、2021年の年間出荷量は1億6000万を下回ると予想されます。2022年上半期は引き続き困難であり、2022年後半にはある程度の緩和が見込まれます」とリサーチディレクターのNavkendarSingh氏は述べています。 、クライアントデバイスとIPDS、IDCインド。


Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: