女性はハイブリッド労働への切り替えによって取り残されるリスクがある、とイングランド銀行の料金規制当局は警告している

国家統計局の調査によると、女性は最初の封鎖中に3時間以上の育児を行ったのに対し、男性は2時間でした。 学齢期の子供を持つ女性の3分の2は、男性の半数と比較して、冬季の制限期間中にホームスクーリングを行ったと述べ、女性労働者は封鎖中に生産性の大幅な低下に苦しんだ。

マン氏は、「物理的な存在が重要である」と警告し、労働力の15%は依然として自宅からのみ仕事をしています。

彼女は次のように述べています。「男性が職場に戻っても、女性は仕事に戻らないことが常にあります。これは、思いやりのある側面と大きく関係しています。」

料金規制当局は、育児と家事は「女性の肩に不釣り合いにかかる」と述べた。

月曜日に発表された国家統計局のデータによると、5社に1社近くが恒久的な在宅勤務への切り替えを計画しているが、3分の1以上はその変更に抵抗している。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのディレクターであるバロネス・ミヌーシュ・シャフィクは、9月に、女性がより柔軟な仕事を求めているため、自宅で仕事をすることでオフィスの男女格差が広がると警告した。

バロネス・シャフィクは次のように述べています。 ジェンダー格差が悪化します。

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: