TencentがNintendoSwitchゲームの背後にある日本のスタジオを買収

中国のゲームとメッセージングの巨像Tencentは、いくつかのヒットしたNintendo Switchタイトルの背後にある日本のクリエイティブスタジオを買収したと、金曜日に報告書は、ゲーム業界に対する政府の取り締まりからの回復を目指していると述べた。

Bloomberg Newsは、TencentがWake Up Interactiveの約90%の株式を50億円(約326億ルピー)以上で取得したと報じた。

ブルームバーグによると、ウェイクアップは東京を拠点とするソレイユを所有しており、ニンテンドースイッチのヒット曲「ニンジャラ」と「トラビスストライクアゲイン:ノーモア★ヒーローズ」の開発に貢献した。

Tencentの儲かるゲーム帝国は、州の規制による取り締まりによって打撃を受け、学校の子供たちがゲームをプレイする時間を短縮しました。

12歳未満のプレーヤーはゲーム内購入ができなくなり、18歳未満のプレーヤーは休日の2時間後、および学校の​​夜の1時間後にゲームから除外されます。

規制当局はまた、ハイテク巨人に対する広範な取り締まりの一環として、新しいゲームをリリースするための承認を遅らせています。

ブルームバーグによると、9月にウェイクアップを購入したことは、テンセントが日本の民間ゲームメーカーと今年行ったいくつかの取引の1つだという。

ブルームバーグによると、テンセントは今週初めに、今年の第3四半期の収益が13%増加したと述べた。これは、同社が2004年に公開されて以来最も遅いペースである。

9月、Tencentを含む数十の中国のビデオゲームメーカーが、「政治的に有害な」コンテンツの製品をより適切に管理し、未成年のゲーマーに制限を適用することを約束しました。

Tencentはまた、独占禁止法に違反していると述べた市場規制当局から、独占的な音楽レーベルの権利を放棄するように今年初めに言われた。


Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: