アルカラスコルダスピアヘッディングミラノ準決勝2021年| ATP回路

金曜日に行われるインテーザサンパオロのATPネクストジェネレーションファイナル準決勝では、上位4シードのうち3シードが第1シードのカルロスアルカラスとして登場します。 グループAで優勝したセバスチャン・バエズは6位、グループBはセバスチャン・コルダが全米決闘で4位のブランドン・ナカシマと対戦。 二人は初めて付き合っています。

トップシードがミラノで準決勝に出場するのはこれで4回目、2シードが準決勝に到達したのは3回目です。 同じ国の2人の選手が準決勝に進出したのも2度目です。 2017年、ロシア人のダニール・メドベージェフとアンドレイ・ルブレフが準決勝に進出しました。

Korda-Nakashimaの勝者は、トーナメントの4年の歴史の中で決勝に到達した最初のアメリカ人であり、Alcaraz-Baezの勝者は、ミラノで決勝に到達した最初のスペイン人またはアルゼンチン人のプレーヤーでもあります。

オープニングゲームでは、コルダとナカシマは準決勝への道が異なっていた。 コルダはガストンとの最初のグループBの試合の最初の2セットを失い、それ以来、ラウンドロビンで3-0でフィニッシュするために9セットを勝ち取りました。 中島は最初の試合に勝ち、アルカラスに敗れ、ルーンを破ってグループAで2位に終わった。

「私はこれまでブランドンをプレイしたことがありません」とコルダは言いました。 「私は彼と何度かトレーニングをしました。 それは私にとっても彼にとっても新しい経験になるでしょう。 私たちが良いテニスをして、みんなのために良いショーをすることができることを願っています。

コルダは、勝ったサーブゲーム(31の29、94%)とセカンドサーブポイントでトーナメントをリードしています。 今週、エース(20)でn°2のときに勝ち(62%)、ファーストサーブポイント。 勝ち(79%)、ブレークポイント。 トーナメントをリードする中島(11 / 29、38%)のすぐ後ろで、セーブ(11 / 13、85%)とリターンゲーム(10 / 31、32%)を獲得しました。 中島はブレークポイントでn°2です。 コンバージョン(24人中11人、46%)とサービスゲームの3位(30人中25人、83%)が勝ちました。

次の準決勝では、グループAの勝者アルカラスが勢いを増し(ラウンドロビンでセットで9-1)、ラウンドロビンで2-1の記録を残してグループBで2位に終わったバエズと対戦します。 。 アルゼンチンは、コルダに敗れた地元のお気に入りのムセッティに4セットの勝利を収めた後、ガストンを破って準決勝に進みました。

アルカラスは、ヤニック・シナーが2年前に王冠を獲得した後、ミラン決勝に到達し、タイトルを獲得するために2番目の18歳になることを目指しています。

「準決勝に進出できてとてもうれしい」とアルカラスは木曜日に語った。 「それはとても重要で、ここで準決勝でプレーできることは素晴らしいことです。 このような試合とこのレベルをプレイすることができて、本当にうれしいです。 私は本当に上手にプレーし、ミラノでとても快適に感じています。 タイトルで一年を締めくくりたいです。

バエズは彼の最初のハードコートTBENメインドロートーナメントに参加しており、20歳のアルゼンチンが1回目のサーブ率をリードしています。 (79%)であり、2番目のサービスポイントではn°2です。 勝った(58%)とポイント。 彼の最高の統計カテゴリーであるファーストサーブ(35%)のリターンを獲得しました。

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: