オールエレクトリックポルシェタイカンとマカンフェイスリフトインドがライブアップデートを開始:価格、機能、仕様


発展 写真を見る

ポルシェは本日、インドで完全電動のタイカンスポーツカーと2021年製マカンのフェイスリフトを発売します。

ポルシェインディアはついに本日、待望のタイカン電気スポーツカーをインドで発売します。 この車は約2年前から世界市場に出回っており、ついにインドに到着します。 ポルシェは2020年に全電気式のタイカンを発売することになっていたが、COVID-19のパンデミックによって引き起こされた課題により、シュトゥットガルトを拠点とする高級自動車メーカーは発売を延期することを余儀なくされた。 さらに興味深いことに、同社は本日、2021年製のポルシェマカンのフェイスリフトをインドで発売します。 ここですべてのライブアップデートをお届けします。

また読む:ポルシェタイカンエレクトリックスポーツカーとマカンインドの発売日が発表されました

k42fl3ss

ポルシェタイカンは、高電圧リチウムイオンバッテリーのおかげで、最大出力600 hp、航続距離500km以上を提供します。

また読む:ポルシェタイカンレビュー

ポルシェタイカンは、高電圧リチウムイオン電池のおかげで、最大600 hp、500km以上の航続距離を生み出すことができる2つの恒久的に励起された同期電気モーターを搭載しています。 電気自動車は、急速充電機能を備えた800ボルトの充電器を搭載し、15分の充電時間で400kmの範囲を実現できます。 それは3.5秒未満で0から100km / hまで行くことができます。

95osmhr

ポルシェは、インドでマカンの3つのバリエーション、マカン、マカンS、マカンGTSを発売する可能性があります。

コメント

マカンのフェイスリフトに関しては、世界的にポルシェはマカン、マカンS、マカンGTSの3つのトリムオプションでSUVを提供しており、インドは3つすべてを取得する予定です。 エントリーレベルのマカンは、ターボチャージャー付きの2.0リッター直列4気筒エンジンを搭載し、261hpと400Nmの最大トルクを発生します。 他の2つについては、マカンSで375hpと520Nmの最大トルク、GTSで434hpと550Nmのトルクを発生するより強力な2.9リッターV6エンジンが搭載されています。 3つのバージョンはすべて、ポルシェの7速PDDKCTユニットと組み合わされています。

これが、全電気式のポルシェタイカンとマカンフェイスリフトの発売からのすべてのライブアップデートです。

Leave a Comment

Your email address will not be published.