Bitfarmsが米国に拡大し、ワシントンでグリーンクリプトマイニングオペレーションを計画

カナダのビットコインマイニング会社であるビットファームは、ワシントン州の土地を購入した後、米国に最初のデータセンターを建設することを計画しています。

11月11日の発表で、Bitfarmsは、水力発電で完全に電力を供給される6,200のBitmainプラットフォームを使用して、毎秒620ペタハッシュが可能な米国での採掘事業の確立を目指していると述べました。 同社はすでにワシントンにある24メガワットの水力発電所を2600万ドルで購入しましたが、この地域に追加の公園を開発することで99MWに拡張する予定です。

BitfarmsのCEOであるEmilianoGrodzki氏は、同社が「収益性の高い電力」と生産率のためにワシントンを選んだと語った。 24 MWのデータセンターが追加されたことで、同社の現在の総採掘能力は106 MWですが、完成した施設では、1日あたり3.7ビットコイン(BTC)を、BTCあたり約4 $ 000のコストで生産できると見積もっています。 – 現在のところ。 BTCの価格は65,000ドルで、これは1日あたり約183,000ドルの利益を意味します。

関連している: Bitfarmsは暗号市場の低迷の中でNasdaqデビューでクラッシュを共有します

多くの人が暗号通貨マイニングの潜在的な環境への影響を引用しているとき、ビットファームはカナダの施設はほぼ完全に水力発電によって電力を供給されていると言います。 TBENは以前、ビットファームが1月から7月の間に毎月の暗号通貨マイニングの生産性を2倍にし、中国の鉱夫に対する取り締まりが原因で、それぞれ199BTCと400BTCをマイニングしたと報告しました。

鉱業会社によると、現在、米国、アルゼンチン、カナダなどの国に10の操業中または開発中の農場があります。 公開の時点で、Bitfarmsは毎秒1.8エグザハッシュで82MWの抽出能力を主張しています。

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: