米国のラッパー、トラビス・スコットのコンサートの悲劇で死者数が9人に増加

トラビス・スコットと仲間の歌手ドレイクを巻き込んだ少なくとも60件の訴訟が発表されました(ファイル)

ヒューストン:

先週テキサスで行われたラップコンサートでステージに駆けつけた群衆に巻き込まれた22歳の大学生が負傷で死亡したと彼女の家族は木曜日に語った。事件後の死者は9人に上った。

姉妹といとこと一緒にアストロワールドフェスティバルでトラビススコットのコンサートに出席したバルティシャハニは、金曜日のヒューストンの悲劇以来、昏睡状態と人工呼吸器を使用していました。 何百人もの人々が負傷しました。

「赤ちゃんを元に戻したい」と泣いている母親のカリシュマ・シャハニは記者団に語った。 「私は彼女なしでは生きられませんでした。」

「彼女は1回は10分間、もう1回は7分間酸素を失ったと思います」と、いとこのMohitBellaniは地元のテレビ局ABC13に語った。

約5万人が野外ホールに集まり、スコットと踊ったり歌ったりしましたが、大衆がステージに向かって押すと、障壁に押しつぶされて動き、呼吸することができなくなりました。

参加者によると、転倒した人もいれば、上に倒れて下の遺体を押しつぶしたり、現場に近い群衆の密度が高く、回復や避難が困難だったという。

「まるで、2人の厚い人のように、地面に体の層がありました。 私たちはトップに立ち、生き続けるために呼吸するために戦っていました」とベラニは言いました。

片思いで踏みにじられた9歳の少年は昏睡状態にあり、彼の人生のために戦っています。

当局が緊急事態を宣言してからずっと後、コンサートの最後の15分間にステージに上がったスコットと彼の仲間の歌手ドレイクに対して少なくとも60件の訴訟が発表されました。

(タイトルを除いて、このストーリーはバーラトエクスプレスニュースのスタッフによって編集されておらず、プラットフォームに投稿されています。)

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: