ユーザーがGooglePixel 6、Pixel 6Proの主要なバグを報告しています。 指紋ロック解除を使用できません

最近、Googleは主力のPixelスマートフォンの新しいモデルであるGoogle Pixel6とGooglePixel 6Proをリリースしました。 これらのスマートフォンは、その素晴らしいカメラやその他の機能について話題になっていますが、多くのユーザーは、この電話のバグに日常的に悩まされています。 報告によると、一部のユーザーは指紋リーダーに関する問題に直面しています。

Google Pixel6とGooglePixel 6 ProのユーザーはオンラインプラットフォームRedditにアクセスし、スマートフォンのバッテリーが完全に消耗し、スマートフォンが再び充電されて再起動されるとすぐに、スキャナーの指紋が機能しなくなると不満を漏らしています。

ユーザーは、何度か試みたにもかかわらず、指紋リーダーが機能していないと言っています。

Google Issue Tracker Webサイトによって提出されたバグレポートによると、多くのユーザーが、完全に放電された後に電話を充電すると、指紋を使用して電話のロックを解除するオプションが表示されないと不満を漏らしました。 また、一部のユーザーにそのオプションが表示されている場合、電話のロックを解除しようとするとエラーが表示され続けます。 その後、ロックを解除するたびにPINコードを入力する必要があります。 設定に移動しても、構成した指紋プロファイルは存在しなくなります。

さらに、ユーザーは、デバイスに新しい指紋を追加できなかったと述べました。

この問題を修正するために、多くのユーザーが問題を修正した電話を工場出荷時にリセットしようとしました。 ただし、設定とデータを失ったに違いありません。

多くのユーザーは、指紋リーダーの問題は最近の11月の更新以降に始まったと指摘しました。 現時点では、Googleから何も言われておらず、修正も見つかりませんでした。

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: