カドゥナ平和委員会は、ジェマアの住民間の調和のとれた関係を主張しています

カドゥナ州平和委員会の2人の常任委員、レベッカ・サコ・ジョンとハジヤ・カディジャ・ハワジャ・ガンボは木曜日に、カドゥナ州のジェマア地方政府地域であるジクパック族のファンストワム族とプル族に暴力を避けて生活するよう促した。お互いに平和に。

レベッカ・サコ・ジョンは、木曜日にカドゥナのジェマア地方政府地域で交戦団体が会合した際に、委員会の懸念は、被害者を円卓会議に招き、平和を交渉し、平和共存を強化することであると述べた。危機。 側に立つことなく州内にコミュニティをマウントしました。

DAILY POSTは、2つのコミュニティで一連の危機が発生し、その結果、人命と財産が失われたことを想起しました。

これに続いて、カドゥナ州平和委員会は、地域の人々の平和を回復することを唯一の目的として、2つの戦争コミュニティから伝統的な指導者、青年グループ、女性の代表を集めました。 。

彼らは、委員会が彼らの問題を仲裁することを信頼していることを参加者に賞賛し、彼らのコメントに誠実であることを促した。

委員会の常任委員は、委員会はフラニ族と地元住民の両方を集めて問題を解決する方法を議論する会議を開くことを意図していると述べ、これにより信頼、信頼、そして彼らの間の信頼がさらに再構築されると付け加えた。

貢献して、異教徒仲介センターの訓練部長とナイジェリアのファシリテーターネットワークのメンバーであるビトラス・ダンギワ氏は、委員会に会議に同行し、地域を前進させるために両当事者が平和共存を受け入れる必要性を強調した。

彼は、地元の人々とフラニ族との間の長年の平和的共存の破壊に失望を表明し、若い世代のために是正されなければならないと述べた。

以前、会議での議論の調子を整える一方で、パートナーシップと調整のプログラムマネージャーであるビクター・アバルシ氏は、会議の目的は、委員会が意図する一連のコミットメントの前進方法を参加者が提案することであると述べました。攻撃の繰り返しまたは繰り返しを避けるために、コミュニティ間で持っています。

カドゥナ:盗賊はカジュルで2人を殺し、軍隊はジェマアのLGAで3人を救う

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: