日本最大の航空会社は、Covid事件が減少する中、渡航禁止令を減らすことを求めています

ANAは先月の営業損失予想を4倍にした。 (ファイルへ)

日本最大の航空会社であるANAホールディングスは、パンデミック感染が急減する中、外国人観光客の制限を緩和するよう政府に呼びかけ、国内の観光補助金を復活させて旅行を後押ししようとしている、と最高経営責任者は木曜日に語った。 。

日本のコロナウイルスの移民規制により、国際線の乗客数は推定95%減少しましたが、今月の1日の感染数は、8月のピーク時の2万人以上から、200人未満に減少しました。

ロイター通信に対し、「金儲けができれば、許されるべきだ」と語った。

「それは私たちに将来物事に立ち向かう力を与えるでしょう。」

昨年12月、COVID-19感染が増加し始めたため、日本は、ANAとそのライバルである日本航空が国内線の乗客数を増やすのに役立ったホテルと旅行チケットの補助金プログラムを一時停止しました。

片野坂氏によると、政府は早ければ来月にも旅行補助金を再開し、外国人観光客の入国制限を1日あたり3,500に引き下げる可能性があるという。

ANAは先月、3月31日までの1年間の営業損失予想を4倍以上の1,250億円(11億1,000万ドル)に引き上げ、5年間で5分の1の人員削減を実現すると発表した。

(タイトルを除いて、このストーリーはバーラトエクスプレスニュースのスタッフによって編集されておらず、プラットフォームに投稿されています。)

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: