オンラインでの嫌がらせを防ぐために嫌がらせの数を取り除くYouTube

他のソーシャルメディアプラットフォームと同様に、YouTubeは、ウェブサイト上の動画から嫌いなもの(親指を立てる)の数を削除することを正式に決定しました。 これは、新しいクリエイターが嫌悪防止攻撃の標的になっていることに会社が気付いたときに懸念事項になりました。

プラットフォームは、変更を発表するためにTwitterを利用しました。 ツイートには次のように書かれています。「標的を絞った嫌悪攻撃とそのクリエイター(特に小規模なクリエイター)への影響を減らすために、本日よりYouTubeに公開嫌悪*アカウント*が表示されなくなります(嫌いなボタンは残ります)。 調査、テスト、検討します。 「「

基本的に、YouTubeは嫌いなボタンを削除しません。 ユーザーは、気に入れば動画を嫌うことができますが、嫌いなものの数を確認することはできません。 嫌いなものの数は、非公開のコメントとしてクリエイターにのみ表示されます。 同社によれば、これは公の場での恥や嫌がらせを防ぐのに役立つとのことです。

YouTubeは、11月10日水曜日から、ウェブサイトでこれを徐々に変更する予定です。YouTubeだけでなく、FacebookとInstagramも、メンタルヘルスとハラスメントを支援するために、ユーザーに「非表示」オプションを導入しました。

同社はこれを、クリエイターをオンラインいじめから保護するために必要ないくつかのステップの1つと呼び、今後もこの分野への投資を継続することを強調しました。

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: