T20ワールドカップ、パキスタン対オーストラリア、準決勝2:6人のプレーヤーの戦いを見る| クリケットニュース

パキスタンは木曜日にドバイ国際スタジアムで進行中のT20ワールドカップの第2準決勝でオーストラリアと対戦します。 両チームは勝利を目指し、決勝で彼らの場所を予約します。 パキスタンは現在のトーナメントで見事な形をしており、スーパー12ステージで無敗になっています。 ババール・アザムが率いるチームは、インドやニュージーランドなどの国々をかなり簡単に打ち負かしており、オーストラリア人に対する彼の勝利の形を継続することを望んでいます。 その間、オーストラリアはイギリスに大きな損失を被りましたが、残りの試合に勝ちました。

さらに、オーストラリアはT20ワールドカップのタイトルを獲得したことがなく、2009年に大会で優勝したパキスタンに対してそれを変えることを望んでいます。

ゲームに影響を与える可能性のある6人のプレイヤーの戦いは次のとおりです。

ババール・アザム(パキスタン)vsミッチェル・スターク(オーストラリア)

パキスタンのキャプテンは、現在のトーナメントで2番目に高い得点者であり、450を含む5試合で264ポイントを獲得しています。また、ババールはオーストラリアに対して278ポイントを獲得し、6つのT20Iで平均69.50を獲得しました。 オープナーは3回のT20Iイニングでスタークと対戦し、21ボールで29ランを記録しました。 打者もスタークによって一度解雇されました。 今年のT20ワールドカップでは、スタークは7ウィケットを獲得し、オープニングで彼のチームにとって非常に重要になります。

モハマド・リズワン(パキスタン)vs。パット・カミンズ(オーストラリア)

ゴールキーパービーターはこのトーナメントの間彼のチームのアンカーであり、5試合で214ポイントを叩きました。 カミンズに対して、リズワンは今年のT20ワールドカップで経済的だったが、まだ1つのウィケットを登録していないボウラーに直面します。 デュオは2回のT20Iイニングで対決し、リズワンはカミンズに対する12回の配信から7ポイントを記録しました。 レースリーダーはまだオープニングゴールを除外することができていません。

ショアイブ・マリク(パキスタン)vs。アダム・ザンパ(オーストラリア)

ショアイブ・マリクは、スコットランドに対する彼の側の最近の勝利の間、見事な形でした。 ベテランはわずか18回の配信で54の無敗のショットを打ち破り、彼のチームが72ポイントで勝つのを助けました。 オーストラリアのスピナー、ザンパはマリクを連れ出し、折り目が快適にならないようにする任務を負います。 デュオは3セットで対決し、マリクはウィケットを失いませんでした。

アーロン・フィンチ(オーストラリア)vs。シャヒーン・シャー・アフリディ(パキスタン)

オーストラリアのキャプテンはトーナメントで調子が良く、5試合で130ポイントを記録しました。 彼はまた、暦年のT20Iでオーストラリアのキャプテンとしてほとんどのポイント(2018年には457)で彼自身の記録を破ることからわずか4ポイント離れています。 一方、Shaheenは現在のトーナメントでパキスタンの先頭に立っており、6つのウィケットを獲得しています。 ボウラーは2回のT20Iイニングでフィンチと対戦し、1回解雇しました。 彼は、ゲームにおけるオーストラリアのオープニングパートナーシップを断ち切る任務を負います。

デビッド・ワーナー(オーストラリア)対ハリス・ラウフ(パキスタン)

ワーナーはついに現在のトーナメントで彼の形を取り戻し、現在8番目のトップスコアラーです。 彼は5試合で187を獲得し、オーストラリアのトップスコアラーでもあります。 ラウフに対して、彼はこの大会でパキスタン最大の改札係と対戦します。 ペースメーカーは8ウィケットを取り、彼のチームの死のスペシャリストでもありました。 また、オーストラリアのヒートの最初のフェーズで1つか2つ以上使用されます。

昇格

グレンマクスウェル/ミッチェルマーシュ(オーストラリア)vsシャダブカーン(パキスタン)

マクスウェルとマーシュは、フィンチ、ワーナー、スミスの一時解雇後のオーストラリアの人気打者です。 どちらもこの形式の遊びのスペシャリストです。 パキスタンのシャダブカーンはデュオを削除する任務を負い、彼はすでに両方に対して良い記録を持っています。 シャダブは3イニングでマクスウェルと対戦し、すでに2回解雇した。 彼はまた、2回のT20Iイニングでマーシュと対戦し、2回解任しました。

この記事で言及されているトピック

Leave a Comment

Your email address will not be published.