スバルがトヨタと共同開発した初の全電動ソルテラ車を発表

スバルは初の全電気自動車、ソルテラを発表しました。 新しい電気自動車は、主要株主であるトヨタ自動車との2年間の共同開発プロジェクトの成果です。



発展 写真を見る

電気自動車の需要が加速する中、スバルソルテラの電動SUVが登場

日本企業のスバルは木曜日、最大株主であるトヨタ自動車との2年間の共同開発プロジェクトの結果、最初の完全電気自動車(EV)であるソルテラを発表しました。スポーツユーティリティビークル(SUV)の発売は成長の中で始まります。世界中の国々が炭素排出量を削減するために環境規制を強化するにつれて、電気自動車の需要が高まっています。 トヨタは先月、バッテリー式電気自動車(BEV)のバージョンであるbZ4Xを発表しました。

また読む:bZ4Xはトヨタの最初の電気自動車です

内燃機関からの技術的な移行は、電気自動車の高価な開発に資金を提供することができないスバルなどの小規模な自動車メーカーに課題をもたらします。 同時に、トヨタなどの大手自動車メーカーにとって、より小さなライバルに近づく機会でもあります。

va469kf

前輪駆動のソルテラの航続距離は530km(329マイル)ですが、全輪駆動のバージョンは1回の充電で460km走行できます。

ハイブリッド電気自動車のパイオニアであるが、完全な電気自動車市場への参入が遅れているトヨタは、2025年までに15のBEVモデルの範囲を持つことを計画しています。また、自動車用バッテリーの生産能力を高めるために、今後10年間で135億ドルを費やします。 。

スバル車の販売台数は、世界最大の自動車メーカーであるトヨタの10分の1以下。

スバルはプレスリリースで、前輪駆動のソルテラの航続距離は530 km(329マイル)であるのに対し、全輪駆動のバージョンは1回の充電で460kmを走行できると述べています。

トヨタはスバルの5分の1を所有し、マツダの5%の株式を保有しており、トヨタの技術を組み込んだハイブリッド車やBEVを含め、2025年までに13台の電動車を発売する予定です。

コメント

(このストーリーは、ソーシャルプラットフォーム上のThe Bharat Express Newsによって編集されていません。)

最新の自動車ニュースとレビューについては、TBEN.comをフォローしてください。 ツイッター、Facebookを利用して、YouTubeチャンネルに登録してください。

Leave a Comment

Your email address will not be published.