中小企業がデバイスを管理するのを支援するためにAppleBusinessEssentialsがリリースされました

Appleは水曜日に、中小企業の所有者が従業員が使用するAppleデバイスを管理するのを支援することを目的とした新しいサブスクリプションサービスを開始しました。

Business Essentialsは、Appleがサービスと呼んでいるように、MicrosoftやVMwareなどの企業が大企業に販売して、電話、ラップトップ、タブレットのフリートをセットアップして保護する管理ソフトウェアに似ています。 しかし、Appleのバージョンは、従業員が50〜500人で、IT部門が小さいか、まったくない企業向けに合理化されています。

このサービスの費用は、企業が従業員ごとに管理するデバイスの数とビジネスで必要なクラウドストレージの量に応じて、ユーザーあたり月額2.99ドル(約222ルピー)から12.99ドル(約966ルピー)です。 。

Appleは月額追加料金で、壊れたハードウェアの修理または交換サービスも4時間以内に提供する予定ですが、同社はまだサービスの価格を設定していないと述べています。

「時間は最も重要です。中小企業にとって、時間は最も貴重なリソースの1つです」とAppleの企業マーケティングおよび教育担当副社長であるスーザンプレスコットはロイターに語った。 「彼らが成長し始めると、彼らの時間はますます必要とされます。 そしてそれは彼らがする必要があることをすることによってビジネスを運営することに取って代わることができます。」

LopezResearchの創設者兼シニアアナリストであるMaribelLopez氏は、管理ソフトウェアと修理サービスのサブスクリプションとの関連付けは業界でもユニークであると述べました。

©トムソンロイター2021


Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: