ほとんどの従業員はまだ自宅で仕事をしています

ライブ

新しいデータによると、CBDベースの従業員の半数未満がフルタイムで戻っていることが示されているため、柔軟性とワークライフバランスがメルボルンオフィスへのゆっくりとした復帰の背後にあります。

COVID-19の制限が解除され、オフィスで働くためのスタッフのインセンティブを提供している企業にもかかわらず、さまざまな分野で自宅で働くことが好ましい選択肢です。

ビクトリア商工会議所の調査によると、88の企業のうち、42%のスタッフが週に1〜2日勤務するためにオフィスに戻り、25%が3〜4日に戻っています。

マネージャーの大多数は、従業員がフルタイムでオフィスに戻ることを期待していません。

多くの企業は、スタッフをオフィスに戻すためのインセンティブを用意しており、22%が飲み物またはチームの食事を提供し、10%が無料のコーヒーを提供し、5%がフィットネスまたはウェルネスセッションを提供し、5%が交通機関の助成を受けています。

「結果は、権力への復帰が段階的なプロセスであり、大部分の企業がハイブリッド作業の取り決めを採用していることを示しています」とビクトリア商工会議所の最高経営責任者ポール・ゲラは述べています。

「励みになるのは、人々がオフィスに戻ってきて、社会的なつながりを受け入れ、コラボレーションを強化し、対面での仕事が提供することを学んでいることです。」

交通インフラ大臣のジャチンタ・アランは、多くのメルボルン市民にとって、パンデミックは仕事と生活の優先順位を永遠に変えたと述べました。

「私たちが見ているのは、パンデミック、特に2年間の労働生活の混乱により、人々が仕事と家庭、またはその他の個人的なコミットメントのバランスをとることができると考える方法が変わったということです」と彼女は記者団に語った。月曜日に。 。

「雇用主は、柔軟な勤務形態で従業員をサポートする必要があることを理解しています。」

ゲラは、寒い冬の天候が追加の影響を与える可能性が高いと考えています。

「私たちが冬に向かうとき、事務作業のレベルがどこで安定す​​るかを正確に知るまでにはしばらく時間がかかるかもしれません」と彼は言いました。

「この調査によると、人々は柔軟性を求めており、それが多くの企業が提供しているものです。 私たちは、彼らの仕事の取り決めを決定するのは個々の会社次第であると信じており、彼らは明らかにそうしています。

– PAA

Leave a Comment

%d bloggers like this: