横行する企業スパムに続いて、GoogleはインドでRCS広告を無効にします– TBEN

Googleは、SMSメッセージングの将来を望んでいる標準に後退した一部の企業によるスパムの蔓延の報告を受けて、ユーザーによる同社の最大の市場であるインドでのプロモーションにRCSを使用する企業の機能を無効にしました。

リッチコミュニケーションサービス(RCS)は、より豊富なテキストやエンドツーエンドの暗号化などの最新機能で従来のSMSを強化するための、多くの業界プレーヤーの総力を結集した取り組みです。

Google、Samsung、および電話会社を含む他の多くの企業は、近年、世界中の何億人ものユーザーにRCSサポートを展開しています。 グーグルは先月、Android用メッセージアプリのRCSメッセージングが5億人以上の月間アクティブユーザーを集めたと言った。

先月の開発者会議で、同社は「すべてのモバイルオペレーティングシステム」(Appleの微妙なジャブ)にRCSをサポートするよう促しました。これは、企業がよりインタラクティブにユーザーにリーチできるよう支援することも目的としています。

ただし、問題は、大手銀行やその他の貸付会社を含むインドの数十の企業がこの機能を悪用して、未承諾の販促資料を誰かの電話番号に送信していることです。 彼らは国で見つけることができます。

先月、何人かのユーザーがツイッターで不満を漏らし始め、彼らのメッセージはグーグルに届いたようだ。

Googleは声明の中で、「一部の企業は、インドのユーザーにプロモーションメッセージを送信するためにスパム対策ポリシーを悪用している」と認めています。 これに続いて、Googleは、「業界と協力してユーザーエクスペリエンスを向上させる」ため、この機能を無効にしていると述べました。

Leave a Comment

%d bloggers like this: