ボッシュVCがテック系スタートアップのために2億9500万ドルのファンドを立ち上げる– TBEN

ボッシュのベンチャーキャピタル部門は、「生活の質を改善し、天然資源を保護する可能性がある」スタートアップを探していると述べ、5番目のファンドを発表したばかりです。

新しい2億9500万ドル(2億5000万ユーロ)の投資ビークルは、ボッシュの以前のVCファンドの株式を約5300万ドル引き上げますが、ドイツ企業がディープテクノロジーに世界的に焦点を当てていることはまだわかりません。 ほぼ同じです。 ボッシュVCの場合、このあいまいなカテゴリには、自動運転車からモノのインターネットプラットフォームまですべてが含まれます。

太陽光発電、炭素回収、代替燃料などの気候技術も同社の注目を集めていると、最高経営責任者のインゴ・ラメソール氏はTBENとの電話で述べた。 通常、Bosch VCは、シリーズAまたはBの段階でスタートアップを支援し、それぞれ最大約2,700万ドル(2,500万ユーロ)を投資します。

ドイツの親会社である135年の歴史を持つコングロマリットと比較すると、ボッシュVCは、22人の投資マネージャーを擁する比較的小規模なチームによって運営されています。 Ramesohlによると、ボストンに新しい米国オフィスが間もなく開設されることで、その数は増えると予想されています。 ラメソール氏は、東海岸のオフィスは「間もなく、基本的には来週」に来ると付け加えた。 カリフォルニア州サニーベールにあるボッシュVCオフィスと並んで存在します。

ボッシュは最近、気候変動技術の新興企業を支援することに加えて、 車両の電化を含む「気候中立」技術の開発に35億ドル、 水素電解槽とヒートポンプ。

Leave a Comment

%d bloggers like this: