ビットコインの債券はまだ保留中、エルサルバドルは人権侵害で告発

エルサルバドルのアレハンドロ・セラヤ財務相は、進行中のロシアとウクライナの戦争に起因する価格の変動と不確実な市況を理由に、計画されている10億ドルのビットコイン(BTC)債券の発売をさらに延期すると述べた。

このニュースは、アムネスティ・インターナショナルがサルバドール当局を「貧困に暮らす人々の重大な人権侵害と犯罪化」で非難しているのと同じように届きます。

地元のニュース番組「FrenteaFrente」(Face-to-Face)に関する6月1日のインタビューで、Zelayaは、「数か月」前のビットコインの10億ドルの債券発行の状況が変わったかどうか尋ねられました。

「いいえ、まだです。 [Bitcoin] 価格はウクライナでの戦争によって混乱し続けている」と彼は大まかな翻訳で述べた。 彼は、「短期的には変動は一定ですが、長期的には常に高く評価される傾向があります」と付け加えました。

「未来があり、経済革新があります [in Bitcoin] これに賭けなければなりません。

債券計画は当初、2021年11月にエルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領によって発表されました。 計画されている10億ドルの半分は、火山の近くに建設された「ビットコインシティ」の建設に資金を提供することを目的としており、その地熱エネルギーをビットコイン鉱山労働者に利用できると考えています。 調達された資金の残りの半分はビットコインに投資されます。

10億ドルの債券は、当初2022年3月中旬にローンチする予定でしたが、3月のインタビューで、ゼラヤは価格の変動性を理由にローンチを延期し、6月頃にタイムラインでローンチの可能性を示しました。 2022年9月まで延長。

2023年1月に国がデフォルトで8億ドルの債券を発行する可能性があるという懸念が高まり、格付け機関のムーディーズは5月4日に「計画の欠如」を理由にエルサルバドールの信用格付けを格下げしました。 信頼できる資金」。

エルサルバドル政府は2021年9月からビットコインを購入しており、ブケレは5月9日に追加の500 BTCを購入したと発表し、エルサルバドルはこれまでに3,560万ドル以上のBTC投資を失ったと推定されています。

アムネスティ・インターナショナル:「人権危機」

一方、非営利の人権団体であるアムネスティインターナショナルは、サルバドール政府が囚人の恣意的な逮捕、虐待、拷問を通じて「大規模な人権侵害」を犯したと非難している。

政府がギャングや組織犯罪を非難する殺人率の上昇により、非常事態宣言(SOE)が3月27日にブケレ大統領によって宣言されました。 その後、SOEは2回拡張されました。

人権団体は、SOEが、弁護の権利、無罪の推定、効果的な司法救済および司法へのアクセスを損なう法律および裁判所の手続きを変更したと述べた。 独立した裁判官。

関連している: エルサルバドルのビットコインゲーム:現在の危機は養子縁組にとって何を意味しますか?

取り締まりの過程で、3か月以内に35,000人以上が投獄され、逮捕の増加により18歳以上で国の人口の1.7%が拘留され、刑務所の収容人数の250%以上が過密状態になりました。

しかし、虐待にもかかわらず、多くのエルサルバドル人は、大統領が世論調査で人気を維持しているため、ブケレの厳しい措置に同意します。 6月1日に地元メディアが発表した最新の世論調査では、現大統領の承認率は87%近くになっています。

Leave a Comment

%d bloggers like this: