金正恩と北朝鮮がプラチナジュビリーで女王を祝福する

金正恩と北朝鮮は、プラチナジュビリーで女王を祝福しました。

国の外務省は、独裁者が陛下と英国の人々を祝福する手紙を送ったことをそのウェブサイトで確認しました。

彼の手紙の正確な内容はまだ明らかにされていません。

北朝鮮と英国は2000年に外交関係を樹立し、関係が着実に衰退しているにもかかわらず、互いの首都に大使館を維持している。

ジョー・バイデンや教皇フランシスコなどの他の世界の指導者だけでなく、世界的なアイコンや宗教的な船首像も、彼女が王位に就いた70年を祝う君主に敬意を表しています。



北朝鮮の指導者、金正恩が女王にお祝いの手紙を送る

バイデン米国大統領は残りの拍手喝采を率いて、次のように述べています。

「あなたの治世を通して、英国と米国の間の関係はこれまで以上に強くそしてより緊密になりました。」

フランスのエマニュエルマクロン大統領は、女王を「私たちの2つの国を結びつける黄金の糸」と表現しました。



昨日のトゥルーピングザカラーの最中、女王は笑顔で見つめています
昨日のトゥルーピングザカラーの最中、女王は笑顔で見つめています

最新のニュースをすべて入手するには、必ずニュースレターに登録してください。 ここ

ボリス・ジョンソン首相は、お祝いのツイートにラテン語を少しだけ含めました。「国全体、連邦、そして世界は、揺るぎない義務と奉仕に感謝しています。 長生きするレジーナエリザベサ! 女王陛下万歳。 「「

教皇フランシスコはまた、「心のこもった挨拶」を送り、「王室と国民の団結、繁栄、平和の祝福」を望みました。

シン・フェイン党でさえ、先月送られた手紙の中で君主を祝福し、党副議長のミシェル・オニールは次のように書いています。大きな誇りと献身を持って、あなたの心に近い島々。」

Leave a Comment

%d bloggers like this: