英国はエリザベス女王のプラチナジュビリーに向けて準備を整えました| ラジオ-カナダニュース

英国は今週、エリザベス女王の70周年を記念して、4日間の祝賀会を開催します。軍隊のパレードと教会の礼拝、ストリートパーティー、バッキンガム宮殿の外でのポップコンサートです。

エリザベス(96歳)は25歳のときから王位に就いており、この国のいたるところに存在し、世界で最も有名な顔の1人です。

木曜日に始まるプラチナジュビリーのお祝いに先立つ装飾、王室のファン、特別なイベントを見てみましょう。

バッキンガム宮殿の前、ピカデリーサーカス

火曜日にロンドンのバッキンガム宮殿とビクトリア女王記念像に向かって人々がモールに集まります。 道路はユニオンジャックが並んでおり、プラチナジュビリーの前の通行止めになっています。

(マットダンハム/バーラトエクスプレスニュース)

ロイヤルファンのジョン・ラフレイは、火曜日にエリザベス女王のカットアウトで、プラチナジュビリーのお祝いのためにバッキンガム宮殿の外にキャンプするために設置したテントでポーズをとります。

(ヘンリー・ニコルズ/ロイター)

5月27日、ロンドンで、プラチナジュビリーへのカウントダウンと、女王の2枚の写真が表示されるピカデリーサーカスのディスプレイの写真を撮ります。

(Alberto Pezzali / The Bharat Express News)

エリザベス女王からの観察

エリザベスは、王立園芸協会の会長であるキースウィードから、5月23日にロンドンで開催されたチェルシーフラワーショーでのフラワーディスプレイのツアーを受けました。

(ポール・グローバー/ロイター)

女王は、5月17日にロンドンのパディントン駅でロンドンのクロスレールプロジェクトの完了を示すプラークを発表するときに、チケットの購入方法を学びます。

(アンドリュー・マシューズ/ロイター)

エリザベスとそのゲストは、5月15日に英国のウィンザーにあるウィンザー城で開催されるロイヤルウィンザーホースショーのプラチナジュビリーのお祝いを鑑賞します。

(ヘンリー・ニコルズ/ロイター)

女王は、5月13日にウィンザーで開催された馬術競技会の2日目に馬が競うのを見るために到着したときに、労働者とおしゃべりをします。

(トビー・メルビル/ロイター)

エリザベスをフィーチャーした展示会

スタッフは イギリスのエリザベス2世女王、 5月27日にロンドンのサザビーズでの展覧会の一環として、1985年にアンディウォーホルによって描かれました。

(Alberto Pezzali / The Bharat Express News)

女王のプラチナジュビリーを祝うサザビーズの展示会は5月28日にロンドンで開かれ、7月15日まで無料で公開されます。 女王 (2022)OluwoleOmofemiが演奏しています。

(Tristan Fewings / Sotheby’s / Getty Images)

存在の軽さ (2022)クリス・レヴィンもサザビーズで展示されています。 この展示会では、貴族のティアラの重要な貸し出しと、英国の7人の女王それぞれの王室の肖像画が集められています。

(Tristan Fewings / Sotheby’s / Getty Images)

ロンドンのマダムタッソー館では、5月25日のプラチナジュビリーのお祝いに先立ち、スタジオアーティストが新しいバンドと衣装で英国王室のワックスモデルをレタッチしています。

(トビー・メルビル/ロイター)

(トビー・メルビル/ロイター)

レゴランドの女王

火曜日にウィンザーのレゴランドにあるバッキンガム宮殿のモデルの近くの車にエリザベス女王のモデルを乗せながら、レゴランドのモデルメーカーであるフレイヤグルームが写真を撮ります。

(ピーター・ニコルズ/ロイター)

ロンドンのモデルの上を飛んでいる赤い矢印のモデルが示されています。

(ピーター・ニコルズ/ロイター)

車両に乗ったエリザベスのモデルは、モールのアドミラルティアーチエンブレムのモデルの近くに描かれています。

(ピーター・ニコルズ/ロイター)

その他の公開展示会

フラワータワー5月26日、英国のミドルトンチーニーで開催されるプラチナジュビリーのお祝いに先立ち、オールセインツ教会で4,300を超える手編みとかぎ針編みの花が展示されています。

(アンドリュー・ボイヤーズ/ロイター)

火曜日にイーストサセックス州ホーブ近くのハングルトンにある郵便ポストの上に、コーギーとそれに伴う警備員がいるエリザベス女王のニットが描かれています。

(グリンカーク/ TBEN /ゲッティイメージズ)

5月9日、英国のニューブライトンのレターボックスの上に、城の中に立っているエリザベスのニットシーンが見られます。

(フィル・ノーブル/ロイター)

ロイヤルファンとその思い出

王室の大ファン、マーガレット・タイラーは、月曜日にロンドンの自宅にある彼女の「ジュビリールーム」で王室の記念品のコレクションを持って写真を撮ります。 彼のコレクションは彼の家の1階を埋め尽くしています。

(エイドリアンデニス/ TBEN /ゲッティイメージズ)

王室の記念品コレクターであるヤン・ヒューゴは、5月4日にオーストラリアのヌカバで、10,000点以上のコレクションに囲まれた、等身大の女王の像の隣に立っています。ヒューゴはオーストラリア最大の王室の記念品のコレクションです。

(Stefica Nicol Bikes / Reuters)

Leave a Comment

%d bloggers like this: