曽祖父–5,484歳のパタゴニアサイプレスは世界最古の木になる可能性があります

チリの科学者たちは、「グランアブエロ」(曽祖父)として知られる古代のパタゴニアのヒノキは5,000年以上前のものであり、世界最古の生きた木になると信じています。

パタゴニアのヒノキ(Fitzroya cupressoides)南アメリカでは「alerce」として知られている、チリとアルゼンチン原産の針葉樹です。 それらは巨大なセコイアやレッドウッドと同じ家族に属しており、最大45メートル(150フィート)の高さに達することができます。 それらは非常に遅い速度で成長し、数百年、さらには数千年も生きることが知られていますが、ある特定の標本はこれまでに発見された中で最も古い木である可能性があります。 チリの研究者チームの調査結果を信じるなら、アレルセコステロ国立公園にある古代パタゴニアのヒノキである曽祖父は5,484歳で、現在の世界最古の木であるメトセラよりもなんと600年も古いです。

写真: Yiyo Zamorano / Wikimedia Commons

パリの気候環境科学研究所のチリの科学者であるジョナサン・バリチビッチ博士は最近、曽祖父が世界の 最古の生きている木。 彼はコンピューターモデルと従来の方法を組み合わせて樹齢を計算し、樹齢が約5、500年であることを発見しました。

1972年に祖父が曽祖父を発見したと主張するバリチビッチは、子供の頃に木を訪れ、常にそれに魅了されていました。 2020年、Covid-19の大流行の間、彼はアレルセコステロ国立公園を訪れ、インクリメンタルボーラーを使用して、古代のパタゴニアのヒノキに害を与えることなくドリルで穴を開けました。 ただし、Alerce Milenatioの幹の厚さは4メートルであるため、ツールは実際にはコアに到達できず、成長リングを適切にカウントできませんでした。

「私の方法は、完全な成長リングを得ることができる他の木を研究することによって検証され、成長と寿命のトレードオフの生物学的法則に従います」とジョナサン・バリチビッチ博士は語った。 ニューズウィーク。 「アレルスは、指数関数的成長曲線上にあるべき場所です。最も古い既知の木であるブリストルコーンパインよりも成長が遅く、長生きする必要があることを示しています。」

「この方法は、考えられるすべての成長軌道の80%で、この生きている木の年齢が5、000年を超えることを示しています」とBarichivich氏は付け加えました。 「木が若い可能性はわずか20%です。」

年輪年代学者は、完全な年輪を数えずにバリチビッチの主張に懐疑的である可能性が高いですが、一部の専門家はすでに彼の方法を支持しています。 ETHチューリッヒの年輪年代学者であるHaraldBugmannは次のように語っています。 サイエンスマガジン Barichivichのアプローチは「非常に賢い」ように聞こえ、「Jonathanが行った分析を完全に信頼している」と述べています。

ジョナサン・バリチビッチの分析が正しいことが証明された場合、祖父はカリフォルニアの4,853年生のブリストルコーンパインである「世界最古の生きている木」の称号であるメトセラを凌駕するでしょう。 残念ながら、地球温暖化と人々がパタゴニアのヒノキを一周してそのルーツに登ることが許可されているという事実は、この古代の存在の生存を脅かしています。 それの28%だけがまだ実際に生きているので、それはすでに非常に脆弱であると考えられています。

1

Leave a Comment

%d bloggers like this: