伝えられるところによると、600万ランド以上の雇用主をだまし取った自由国家の女性が保釈された| TBEN

雇用主をだまし取ったとされる女性が保釈された。

ジェームズCフーパー、ゲッティイメージズ

裁判所は、44歳の女性が2015年から2019年の間に600万ラント以上の雇用主をだまし取ったとされた後、1万ラントの保証金を与えました。

ジゼル・テイラー・マリッツは水曜日にブルームフォンテーン治安判事裁判所に詐欺とマネーロンダリングの罪で出廷した。

警察によると、これは、Phatshoane HenneyIncの弁護士が2020年2月下旬に不正行為を知った後のことです。

これは、財務記録の不正操作と信託基金の違法な譲渡に関するものでした。

読む| 元北西MEC、HODはR8m詐欺罪で無罪

「PhatshoaneHenneyInc。の弁護士による予備調査では、マリッツが自分の個人の銀行口座と母親の銀行口座に信託基金を違法に送金していることがわかりました。 これらの不正取引は2015年から2019年の間に行われました」と警察の話、クリストファー大尉はシンゴに言います。

その結果、法律事務所は損害を被り、600万ラント以上の損失を被ったと彼は付け加えた。

「その後、事件はブルームフォンテーンに本拠を置くホークスの深刻な商業犯罪捜査チームに報告され、さらなる調査が行われた結果、容疑者は今朝、起訴された捜査官に引き渡されました。」

マリッツはR10,000の保証金を得ました。

事件は12月1日水曜日まで延期された。


ストーリーを見逃すことはありません。 ニュースレターの範囲から選択してください必要なニュースを受信トレイに直接受信します。

私たちは事実とフィクションが衝突する世界に住んでいます

不確実な時代には、信頼できるジャーナリズムが必要です。 のみ 月額R75、詳細な分析、調査ジャーナリズム、主要な意見、およびさまざまな機能の世界にアクセスできます。 ジャーナリズムは民主主義を強化します。 今日、未来に投資しましょう。

Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: