HitPayはSMB向けのワンストップソリューション– TBEN

HitPayには、SMBがビジネスを運営するために必要なほぼすべてのものがあります。

オンライン支払いゲートウェイであることに加えて、カードリーダー、プラグイン、支払いリンク、およびコードなしのオンラインストアを備えたPOSソフトウェアなどのツールも提供します。

Y Combinatorのミョウバンは本日、リピーターのGlobal FoundersCapitalとHOFCapitalの参加を得て、TigerGlobalが主導するシリーズAの資金調達で1,575万ドルを調達したと発表しました。 現在、シンガポールとマレーシアの10,000を超える加盟店で使用されており、タイ、インドネシア、フィリピンなどの他の東南アジア市場にも拡大する予定です。

共同創設者兼CEOのAdityaHaripurkar氏は、TBEN HitPayは2016年にeウォレットとして開始されましたが、2018年には仮想POS製品としてSMB向けのプラットフォームに移行したと述べています。 彼女のチームがSMEのニーズをよりよく理解するにつれて、彼女はプラットフォームの他のツールの開発を開始しました。

HitPayのシリーズA資金は、中小企業の資金を節約し、中小企業のビジネスの成長を支援することを目的として、支払いインフラストラクチャをゼロから構築するために使用されます。 これには、コマースツールと、銀行振込、カード、電子財布、BNPLサービスなど、各市場で一般的に使用されるすべての支払いレールを含む支払いインフラストラクチャが含まれます。

「SMBには非常に特殊な要件があるため、単一のノーコードプラットフォームを作成したかったのです」とHaripurkar氏は述べています。 「これには、すべてのプラグイン、POSソフトウェア、エンタープライズソフトウェア、オンラインストア、および定期的な支払いが含まれます。 現在シンガポールとマレーシアの商人に焦点を当てている支払いレールの構築に加えて、これらの無料のSaaSツールの構築に焦点を当てます。 ただし、各国での支払い方法は大きく異なるため、各国の現地での支払い方法を見ていきます。 これは私たちのチームにとって最大の課題であり、これが私たちの投資と時間の大部分を占めるところです。

HitPayが新しい国に拡大する際の最初のステップは、HitPayが事業を展開する各市場で自らを規制し、中小企業向けの決済インフラストラクチャをゼロから構築できるようにすることです。 次に、最も一般的な支払い方法を統合します。 たとえば、シンガポールでは、HitPayは現在約10〜15の支払い方法で機能します。

HitPayのノーコードプラットフォームにより、SMBはオンラインとオフラインの支払いスタックを統合できます。 これは通常、年間収益が50万ドルから200万ドルの間の中規模企業で使用されます。 ほとんどが小売部門にありますが、Haripurkarはそれも進化すると予想しています。

Leave a Comment

%d bloggers like this: