深セン市は個人消費を後押しするために3000万の無料デジタル元を落とします

地元のアウトレット上海証券報によると、深セン市は、個人消費を活性化するために、地元住民に3000万人民元(e-CNY)を投下する予定です。

エアドロップは、深セン市と中国を代表する食品配達アプリである美団ディアンピンの共同作業です。 指示に従って、ユーザーは最初にMeituan APPにログインし、インセンティブに登録してから、オプションで懸賞でe-CNY報酬を受け取る必要があります。

選択した場合、e-CNYはユーザーに配布され、国有のデジタル通貨を受け入れる15,000を超えるアプリ内加盟店で使用できます。 以前、中国人民銀行は、e-CNYを地域経済を前進させ、特定の金融サービスの効率を改善するための潜在的なツールとして特定していました。 一方、Meituanの情報筋によると、e-CNYは、支出を増やし、地元企業を活性化する上で重要な役割を果たしています。 深センは現在、中国の3つの都市の1つであり、居住者はe-CNYで地方税と手数料を支払うことができます。

関連:米国のアプリストアから中国のデジタル元を禁止する法案

他の多くの国とは異なり、中国はゼロコロナ政策を厳守しており、上海などの主要な金融ハブで重要でないビジネスの封鎖と閉鎖が繰り返されています。 先週の水曜日、中国の李克強首相は、同国のCOVID政策の壊滅的な経済的影響について話し合うために、共産党の高官と緊急会議を開催しました。 経済赤字の中、中国の31州のうち20州が、最近のe-CNYエアドロップなどの「消費インセンティブ」を1月から4月に発行しました。

Leave a Comment

%d bloggers like this: