MintlifyはAIを使用して、コードからドキュメントを生成します– TBEN

ソフトウェアドキュメンテーションタスクを自動化するソフトウェアを開発しているスタートアップのMintlifyは本日、TwentyTwoVenturesとSourcegraphの共同創設者であるQuinnSlackの参加を得て、BainCapitalVenturesが主導する資金調達ラウンドで280万ドルを調達したと発表しました。 CEOのHanWang氏は、収益は製品開発に向けられ、年末までにMintlifyのコア3人チームを倍増させると述べました。

Mintlifyは、ニューヨークのイサカに拠点を置き、2021年にHanWangとHahnbeeLeeによって共同設立されました。どちらも、貿易によるソフトウェアエンジニアです。 Wangは以前、牛のクラウドベースの監視システムを開発したスタートアップであるFoodfulと、2021年初頭にTribeに買収されたオンラインカスタマーコミュニティプラットフォームであるPe•pleを共同で立ち上げました。 Duolingoにエンジニアとして参加。

ワン氏は、ミントリファイのアイデアは、ソフトウェア開発における彼とリーの経験から生まれたと述べました。これには、必ずしも包括的または最高品質であるとは限らないドキュメントの操作が含まれていました。 彼らの調査結果は、開発者の93%が不完全または古いドキュメントを蔓延している問題であると考えていることを発見した2017年のGitHub調査と一致しています。

「私たちはスタートアップからビッグテックまで、あらゆる段階で企業のソフトウェアエンジニアとして働いてきましたが、ドキュメントが存在する場合でも、それらすべてが不十分なドキュメントに苦しんでいることがわかりました」とWang氏はTBENに語りました。 メールインタビューで。 「ドキュメンテーションは、ジュニアエンジニアや新しいコードベースを使い始める人にとってのライフラインです。 これは、上級開発者が将来他の人にコードを説明する時間を節約するのに役立ちます。 パブリックおよびオープンソース製品のソースの場合、ドキュメントはユーザーの採用に直接影響します。

写真クレジット: Mintlify

Mintlifyは、自動化、特に自動ドキュメント生成によってドキュメントの課題に対処することを目的としています。 同社のプラットフォームは、自然言語処理やWebスクレイピングなどのテクノロジーを活用して、コードを読み取り、それを説明するドキュメントを作成します。

Wangは、Mintlifyの技術的基盤について詳しく説明することを拒否しましたが、コードからドキュメントを生成することは、今日のAI技術で完全に可能です。 これは、Mintlifyには、ドキュメントに加えてコードから変更ログと説明を自動的に生成するAIシステムを含むDocumaticを含む、同様のアプローチを採用している競合他社がいくつかあるという事実によって証明されています。

Wang氏は、Mintlifyはライバルよりも「大幅に」優れた品質の結果を提供し、一部とは異なり、開発者がクラウドサービスでドキュメントをホストする必要がないと述べています。 「Mintlifyの使命は、継続的なドキュメントをソフトウェアチームの標準的な手法に発展させることで、ドキュメントの腐敗を解決することです」とWang氏は付け加えました。 「「[W]エンジニアリングマネージャーは、より良いドキュメントの実践のためのソリューションを積極的に模索しています…それが私たちの出番です。

Mintlifyは、ドキュメントの生成に加えて、「廃止された」ドキュメントを定期的にチェックし、ユーザーがドキュメントを操作して読みやすさを向上させる方法を検出します。 (Wang氏は、プラットフォームはコードを保存せず、保存中および転送中のすべてのユーザーデータを暗号化します。)個々の開発者が無料で利用できるMintlifyは、Slack、Dropbox、GitHubなどの既存のシステムとも統合して、タスクの管理と開発を自動化します。 。 ワークフロー。

ワン氏によると、ミントリファイの無料プランの採用は、1月の開始以来毎週20%増加しています。 現在6,000を超えるアクティブなアカウントを持つユーザーベースで、同社は企業顧客向けのプレミアムサービスに焦点を当てる予定です。

「パンデミックにより、分散型の非同期作業環境が標準化されました。 これにより、効果的なコミュニケーション、統合、製品開発を実現するために高品質のドキュメントが不可欠になりました」とWang氏は述べています。 「ワークフローの自動化への拡張により、既存のファンベースをチャンピオンとしてエンジニアリングリーダーをターゲットにすることで、この課題に対処します。」

Leave a Comment

%d bloggers like this: