バッテリーが完全に放電すると、Pixel 6指紋リーダーがクラッシュする:レポート

報告によると、Pixel6とPixel6 Proの指紋スキャナーは、バッテリーを完全に使い果たしたユーザーにとっては故障しています。 最新の問題は、さまざまなPixel6シリーズユーザーが指紋スキャナーの応答がないことについて不満を言ってからわずか数日後に発生しました。 グーグルはこれらのユーザーに「セキュリティアルゴリズムの改善」のために遅れていると答えた。 ただし、場合によっては、Pixel 6の指紋リーダーが安全でないことが判明し、未登録の指を使用してスマートフォンのロックを解除できることがあります。

Redditの多くのPixel6およびPixel6 Proユーザーは、電話のバッテリーが切れて再起動した後、指紋リーダーのロックを解除できないバグについて不満を持っています。

Google Issue Trackerのウェブサイトに提出されたバグレポートで、Pixel6とPixel6 Proに指紋を登録するオプションも、リロード後に[設定]メニューに表示されなくなると述べたユーザーが何人かいました。 バッテリーと電話を再起動しました。 一部のユーザーは指紋を再登録するオプションを取得している可能性がありますが、サイトで共有されているスクリーンショットに示されているように、これによりエラーが発生します。

Pixel 6ユーザーは、問題が原因で新しい指紋を登録することさえできません
写真提供者:Google Issue Tracker

一部のユーザーは電話を工場出荷時の設定にリセットした後に修正できたため、この問題はハードウェアの問題によるものではないようです。 ただし、これは、すべての設定と一部のデータを失う必要があることを意味します。

Googleはまだユーザーレポートに応答していませんが、一部のユーザーは、今月初めにリリースされた11月のAndroidセキュリティアップデートの後に指紋認識が失敗し始めたと言います。

Gadgets 360はこれについてコメントを求めてGoogleに連絡しており、会社が返答したときにこの記事を更新します。

前述のように、これはPixel6およびPixel6Proの最新の指紋スキャナーのバグです。 以前のレポートでは、一部のユーザーにとって、組み込みのスキャナーに予想よりも時間がかかることが示唆されていました。 グーグルはそれをバグとは見なさず、代わりにセキュリティアルゴリズムの結果と呼んでいます。 ただし、未登録の指でスマートフォンのロックを解除できる場合があるため、アルゴリズムがPixel6の保護に役立たないと主張するユーザーはほとんどいません。

特に、Pixel6とPixel6 Proは、画面内の指紋センサーを組み込んだ最初のGoogleスマートフォンです。 ただし、市場に出回っている多くのAndroid携帯電話メーカーは、ミッドレンジの携帯電話でも同様のセンサーを問題なく展開しているため、Googleがバグを正当化するのに役立ちません。

指紋スキャナーの問題に加えて、新しいPixelスマートフォンは、一部のユーザーに緑の色合いの効果を引き起こしています。 また、Googleアシスタントのバグが原因で、Pixel 6シリーズが連絡先にランダムにゴーストコールを発信していることに気付いたユーザーもいます。これは、アップデートで修正する必要があります。 Pixel 6 Proでも画面のちらつきの問題が発生しており、来月修正される予定です。


Leave a Comment

Your email address will not be published.

%d bloggers like this: